スペース プランの検証、エクスポート、マージ

Indoors エクステンションのライセンスが付与された ArcGIS 組織で利用できます。

Indoor Space Planner オプションでは、プランの概要を表示、CSV にエクスポート、現在のプランをデフォルト プランにマージすることができます。

注意:

プランを開いて変更してから、マージするには、デフォルトのデータ編集者ロール以上に関連付けられた権限が必要です。 カスタム ロールを使用している場合は、フィーチャの編集権限を有効にする必要があります。

ArcGIS Enterprise または ArcGIS Online でのユーザー タイプ、ロール、権限の詳細

プランの概要の表示

ローカルなプランについて、プランの詳細、説明、所有権などの概要情報が表示されます。 この情報にアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. [オプション] ボタン オプション をクリックします。
  2. [サマリー] をクリックします。

スペース プランのエクスポート

現在のプランの更新が完了し、組織の必要を満たしていれば、他のアプリケーションで使用できるように CSV 形式でエクスポートできます。

注意:

エクスポート ファイルに含まれるのは、入室者の割り当てに対する変更だけです。

  1. [オプション] ボタン オプション をクリックします。
  2. [エクスポート] をクリックします。
  3. オプションで、エクスポートする対象を選択します。

    すべての変更を含めるか、カスタマイズしてユニット、ホテリング、または共用デスクの割り当てのみを含めることもできます。

  4. [ダウンロード] をクリックして、CSV ファイルを確認してください。

最新のフロア プランの変更を取得

デフォルトのスペース プランのフロア プランまたは入室者データを変更したら、その変更内容を反映するように現在のプランを更新できます。 たとえば、最近雇用した従業員を含めたり、建物の改築されたフロアを反映したりするために、デフォルト プランのデータが更新されている場合があります。 これらの現実世界の更新をスペース プランに組み込むことで、新しい従業員を表示してオフィスに割り当てたり、新しいプランを作成しなくても最新のフロア プランにアクセスしたりできます。

スペース プランをマージした後にデフォルト プランのユニットまたは入室者のフィーチャを変更した場合は、アプリを次に開くか更新するときに、変更内容を反映させるために現在のプランを更新するように求められます。また、[マージ] パネルから、現在のプランのユニットと入室者データに対する最新の更新内容を取得することもできます。

注意:

現在のプランを更新する必要があるのは、ユニットと入室者に対する変更のみです。 他のフロア プラン レイヤー (Facilities、Levels、Details など) は、最新の変更内容を取得しなくても、アプリで自動的に更新されます。 現在のプランの情報が正確であることを確認するように求められたら、現在のプランを更新します。

Space Planner でユニットおよび入室者のフィーチャに対する最新の変更を取得するプロセスは、ブランチ バージョニングで使用されるリコンサイル プロセスに似ていますが、入室者またはユニットの割り当てを更新するための追加の後処理が必要になります。 フィーチャが削除されたときは、ユニット、共用デスク、またはホテリングから割り当てを削除することで、プランを優先して競合が解決されます。

最新の変更内容を取得したときに、現在のプランでフロア プランまたは入室者に対する変更がどのように更新されるかについて、次に例を示します。

  • フロア プランでユニットの形状が更新され、そのユニットに人が割り当てられている場合、現在のプランでユニットの形状が更新され、その人は割り当てられたままになります。
  • 現在のプランでユニットが削除され、そのユニットに誰かが割り当てられている場合、その人はユニットから割り当て解除されます。
  • 現在のプランで共用デスクまたはホテリングに割り当てられているユニットが削除された場合、そのユニットはオフィス ホテリングまたは共用デスクに割り当てられなくなります。
  • デフォルト プランで入室者が削除された場合は、現在のプランでその人の割り当てを更新していない限り、プランをデフォルトにマージするときに、その人のレコードと割り当ては削除されます。
注意:

現在のプランでユニットまたは入室者を変更した場合で、そのユニットまたは入室者がデフォルト プランで削除されている場合、プランをマージするときに、その変更は削除されません。 たとえば、現在のプランで Jane Doe を Room 123 を割り当てたが、Jane Doe は組織でもう働いておらず、デフォルト プランから削除されている場合、現在のプランをマージすると、Jane Doe は Room 123 に割り当てられたままになります。 マージする前にプランでの Jane Doe の割り当てを変更しなかった場合は、その入室者レコードはプランをマージするときに削除されます。

現在のプランのユニットと入室者に対する最新の変更を取得するには、次の手順を実行します。

  1. [オプション] ボタン オプション をクリックします。
  2. [マージ] をクリックします。
  3. [デフォルト プランの最新の変更を取得し、現在のプランに反映します] オプションを選択して、デフォルト プランのフロア プランと入室者データへの変更を使用して、現在のプランを更新します。

    または、[現在のプランの最新の変更を、デフォルト プランにマージします] オプションを選択して、現在のプランを更新し、それをデフォルト プランにマージすることもできます。

  4. [最新を取得] をクリックします。

    変更を取得し、デフォルト プランにマージする場合は、[マージ] をクリックします。

    デフォルト プランのフロア プランと入室者の変更が現在のプランにマージされます。 [現在のプランの最新の変更を、デフォルト プランにマージします] オプションを選択した場合、変更内容はデフォルト プランにもマージされます。

スペース プランのマージ

現在のプランを組織のデフォルト プランにマージすることによって、レビューが済んで完成したスペース プランを GIS データに取り込むことができます。

注意:

組織の管理者は、アプリが作成されたときに [アプリの構成] パネルでマージ権限を持つグループを設定できます。 プランをマージするには、指定されたグループのメンバーで、プランの所有者または組織の管理者である必要があります。

  1. [オプション] ボタン オプション をクリックします。
  2. [マージ] をクリックします。

    プランの作成以降にプランで行われた変更が、デフォルトのプランにマージされます。

  3. 注意:

    同じ入室者またはユニットに関係する変更を含む複数のプランを同時に処理すると、競合が発生する可能性があります。 前にマージされたプランで同じ入室者またはユニットに関係する変更は、最後にマージされたプランによって上書きされます。 変更がマージされた後で、元に戻すことはできません。

関連トピック