属性編集

Indoors エクステンションのライセンスが付与された ArcGIS 組織で利用できます。

Indoor Space Planner[プラン] タブからユニットと入室者の属性を編集できます。 たとえば、ユニットが割り当て可能かどうかを設定したり、ユニットの使用タイプや収容人数を変更したり、入室者の名前や連絡先情報を更新したりできます。

Space Planner で Units および Occupants レイヤーのフィールドを編集可能にするには、Web マップを ArcGIS 組織で共有する前に、ArcGIS Pro[読み取り専用] フィールドのプロパティがオフになっていることを確認します。 Web マップで読み取り専用に設定されている属性フィールドは、アプリで編集できません。

一部の属性は、Space Planner ではデフォルトで編集できません。 たとえば、ObjectIDShape_AreaShape_LengthGlobalID などの管理フィールドや、アプリの編集情報の記録フィールドは編集できません。 次のフィールドは、存在する場合 Space Planner で管理され、Web マップでは編集できても、アプリで編集できません。

  • ユニット - ASSIGNMENT_TYPEAREA_IDNAMENAME_LONGUNIT_IDLEVEL_IDSITE_IDSITE_NAMEFACILITY_IDFACILITY_NAME
  • 入室者 - UNIT_NAMENAME_LONGUNIT_IDLEVEL_IDSITE_IDSITE_NAMEFACILITY_IDFACILITY_NAME

[プロパティ] タブで行った編集内容は、現在のプランにのみ影響します。 必要な編集がすべて完了したら、組織のデフォルトのスペース プランに更新された属性をマージできます。

Space Planner は、最後にマージされたスペース プランの編集を優先することで、編集された属性の競合を解決しています。 たとえば、あるプランでユニットがホテリング エリアに割り当てられてマージされ、2 番目のプランで同じユニットが割り当て不能にされてマージされた場合、アプリはこのユニットを割り当て不能として更新し、ホテリングから割り当てを解除します。 また、ArcGIS Online[名前を付けて保存] オプションを使用して、ユニットと入室者の更新された属性を新しいプランに保存することもできます。

注意:

プランを変更するには、デフォルトのデータ編集者ロール以上に関連付けられた権限が必要です。 カスタム ロールを使用している場合、プランを開いて編集するには、フィーチャの編集権限を有効にする必要があります。

ユニットの属性の編集

ユニットの属性を編集するかユニットを割り当て不能にして、スペース プランニングでの使用方法を変更することができます。

割り当ての有効化または無効化

ユニットを割り当て不能にするには、ユニットの情報カードで次の手順を実行して、そのユニットへの割り当てを無効化します。

  1. マップ上のユニット フィーチャをクリックします。

    ユニットの情報カードが表示されます。 [ユニット] リスト内のユニットをクリックして、ユニットの情報カードを開くこともできます。

  2. 情報カードの [割り当て] タブがアクティブなタブであることを確認します。
  3. [割り当て設定] ボタン 割り当て設定 をクリックして、[割り当てを無効化] をクリックします。

    ユニットに割り当てがない場合は、割り当てることができなくなります。 ユニットに割り当てがある場合、[割り当てを無効化] ダイアログ ボックスが表示され、ユニットから割り当て解除される入室者、ホテリング、共用デスク エリアがリストされます。

  4. 割り当てがあった場合は、[割り当て解除] をクリックして確定します。

ユニットが [割り当て済み] または [未割り当て] のユニット リストに表示されなくなります。 入室者がユニットから割り当て解除され、複数の割り当てがある場合、他の関連付けられている割り当ても更新されます。

ヒント:

入室者の属性に対する変更を元に戻すには、[元に戻す] ボタン 元に戻す をクリックします。 ユニットに関連付けられていた他の割り当てが復元されます。

ユニットの情報カードの [割り当て] タブから割り当てを再有効化することもできます。

ユニットのプロパティの編集

ユニットの属性を編集するには、ユニットの情報カードで次の手順を実行します。

  1. マップ上のユニットをクリックします。
    ヒント:

    [ユニット] リスト内のユニットをクリックして、ユニットの情報カードを表示することもできます。

    ユニットの情報カードが表示されます。

  2. [プロパティ] タブが情報カードのアクティブなタブであることを確認します。
  3. [編集] をクリックします。

    ユニットのダイアログ ボックスが表示され、ユニットの編集可能な属性がリストされます。

  4. 必要に応じて属性を編集します。

    編集可能なフィールドは、Web マップ内のフィールドのプロパティに基づいて、許可されている値に制限されます。 たとえば、正しいデータ タイプのドメイン値や属性値です。

    注意:

    次のフィールドは、Units レイヤーに存在する場合 Space Planner で管理され、Web マップでは編集できても、アプリで編集できません: ASSIGNMENT_TYPEAREA_IDNAMENAME_LONGUNIT_IDLEVEL_IDSITE_IDSITE_NAMEFACILITY_IDFACILITY_NAME

  5. 必要に応じて、[追加] ボタン 追加 をクリックして、値を [使用タイプ] ドロップダウン リストに追加します。
    注意:

    ドロップダウン リストから既存のフィールド値を選択することもできます。

  6. Viewer およびモバイル アプリの設備フィルターのフィルター オプションとして表示する場合は、設備のドロップダウン矢印をクリックして、値を [はい] に変更します。

    ここに表示される設備オプションは、ArcGIS Pro で構成します。

  7. [更新] をクリックします。

更新内容が現在のプランに組み込まれました。 組織のデフォルトのスペース プランにプランをマージして、更新内容を他のアプリ ユーザーが利用できるようにします。

入室者のプロパティの編集

入室者の属性を編集して、その情報を更新し、施設計画を支援できます。 コメントや備考などのカスタム属性を Occupants レイヤーに追加して、Web マップ内でフィールドを編集可能として構成できます。 Space Planner で属性を編集するには、次の手順を実行します。

  1. マップ上の入室者をクリックします。
    ヒント:

    [割り当て] リストまたは [未割り当て] セクションにある [人] リスト内の入室者をクリックして、入室者の情報カードにアクセスすることもできます。

    入室者の情報カードが表示されます。

  2. [プロパティ] タブが情報カードのアクティブなタブであることを確認します。
  3. [編集] をクリックします。

    [入室者の編集] ダイアログ ボックスが表示され、入室者の編集可能な属性がリストされます。

  4. 必要に応じて属性を編集します。

    プロパティに対する更新内容は、入室者のすべてのレコードに反映されます。

    注意:

    次のフィールドは、Occupants レイヤーに存在する場合 Space Planner で管理され、Web マップでは編集できても、アプリで編集できません: UNIT_NAMENAME_LONGUNIT_IDLEVEL_IDSITE_IDSITE_NAMEFACILITY_IDFACILITY_NAME

  5. [更新] をクリックします。

更新内容が現在のプランに組み込まれました。 組織のデフォルトのスペース プランにプランをマージして、更新内容を他のアプリ ユーザーが利用できるようにします。

ヒント:

入室者の属性に対する変更を元に戻すには、[元に戻す] ボタン 元に戻す をクリックします。

関連トピック