マップの配置

マップを現場で使用する準備ができたら、そのマップをモバイル作業者に展開します。 マップをモバイル作業者と共有し、その後、モバイル作業者は、そのマップを ArcGIS Field Maps で参照するか、送信されたカスタム リンクをタップすることができます。 モバイル作業者がオフラインで作業する必要がある場合は、用意されたマップをダウンロードするか、MMPK をデバイスに直接コピーすることができます。 組織のデータ収集プロジェクト用にフィールド ガイドをカスタマイズするか、位置のトラッキングの手順を提供して、モバイル作業者にアプリを使用する際のヘルプを提供します。 MDM (モバイル デバイス管理) ソフトウェアを使用して、モバイル アプリを配置および構成することもできます。

Field Maps で使用するためのマップの共有

Field Maps は、モバイル作業者によって所有されているマップ、またはモバイル作業者が含まれている ArcGIS 組織かグループで共有されているマップへのアクセスを提供します。 グループの作成は任意ですが、マップおよびデータにアクセスできるモバイル作業者を管理する際にグループが役立ちます。 モバイル作業者が共有されたマップにアクセスするには、モバイル作業者が ArcGIS 組織のメンバーである必要があります。 共有したマップで編集が有効になっている場合、モバイル作業者はフィーチャを編集できる権限も必要です。

  1. モバイル作業者がまだ (ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise で) ArcGIS 組織のメンバーでない場合、モバイル作業者のアカウントを作成します。

    ArcGIS Online でのメンバーの招待および追加」または「ArcGIS Enterprise でのポータルへのメンバーの追加」をご参照ください。

    作成するアカウントは、Field Maps を使用するための ArcGIS アカウントの要件を満たす必要があります。

  2. ArcGIS 組織とマップおよびレイヤーを共有するか、グループを作成してマップとデータへのアクセスを管理します。

リンクからマップを開く

モバイル作業者は、Field Maps でマップを参照することができ、マップへの直接の URL をモバイル作業者に提供することもできます。 電子メール、テキスト メッセージ、Web ページ、または別のアプリを介して、マップへの直接のリンクを共有することによって、モバイル作業者が正しいマップを開いて作業を開始するのを簡単にします。Field Maps へのリンクを使用して、タップ時にモバイル作業者に使用してもらいたいマップを Field Maps で開きます。 編集が有効になったマップでは、マップを開くとデータの収集を開始できます。 モバイル作業者がオフラインで作業している場合でもリンクはまだ有効です。

Field Maps リンク

Field Maps リンクの形式は、https://fieldmaps.arcgis.app?parameter=value&parameter=value であり、このパラメーターと値のペアを、マップを開くために使用する値に置き換えます。 たとえば、「https://fieldmaps.arcgis.app?referenceContext=center&itemID=3ac4145c1ac44aea86e9ed42e00fbb0d&center=34.0547155,-117.1961714」は、パラメーター itemID と値 3ac4145c1ac44aea86e9ed42e00fbb0d を使用して、その ID でマップを開きます。 パラメーター referenceContext とその値 center は、アプリで実行する必要がある操作のタイプを指定します。この場合は、マップの中央配置です。 パラメーター center と値 34.0547155,-117.1961714 は、マップを中央配置する座標を提供します。

パラメーター

Field Maps リンクでは、次のパラメーターがサポートされています。 パラメーターが渡されない場合、リンクをタップすると、Field Maps が開きます (または、アプリを開くよう求められます)。

パラメーター備考

anonymousAccess

パブリックに共有されたマップか MMPK を呼び出す時、または匿名アクセスが許可されている Field Maps 上のポータルにサインインする際に使用され、アクセスへのサイン インは不要です

  • パブリックに共有されているマップを呼び出す場合は itemID が必要です。
  • 値はブール値の true または false です。
  • デフォルトは false です。

bookmark

マップからのブックマークの指定

  • itemID および referenceContext=center が必要です。
  • マップからブックマークを指定して、特定の観測点にマップを開きます。 スペースを + にエンコードします。
  • リンクは、itemIDbookmark 以外のパラメーターを含むことはできません。

callback

対象物または観測点のキャプチャが完了したときに呼び出す URL

  • itemID か、referenceContext=addFeaturereferenceContext=updateFeature、または referenceContext=track のいずれか、および featureSourceURL が必要です。
  • オプションで、URL を呼び出す前に、callbackprompt パラメーターで指定したユーザーにプロンプトを表示します。
  • コールバック URL でパラメーターを渡す場合には、各パラメーターの値を URL エンコードし、次にコールバック全体を URL エンコードする必要があります (値を再エンコードすることを含む)。

callbackPrompt

コールバックを実行する前に、モバイル作業者にプロンプトを表示し、モバイル作業者の移動先としてこの値をプロンプト内に表示します。

  • itemID か、referenceContext=addFeaturereferenceContext=updateFeature、または referenceContext=track のいずれか、および callback が必要です。
  • 値は URL エンコードされる必要があります (スペースは + または %20 にエンコードできます)。

center

マップの中心にする緯度、経度 (Y、X) 座標のセット

  • itemID および referenceContext=center が必要です。
  • 中心は、WGS84 (WKID: 4326) のカンマ区切り緯度/経度 (y, x) ペアとして指定する必要があります。

featureAttributes

新しくキャプチャされたフィーチャのフォームのエントリの JSON dictionary

  • itemIDreferenceContext=addFeaturereferenceContext=updateFeature のいずれか、および featureSourceURL が必要です。
  • 指定されたエントリは、既存の値を上書きします。
  • エントリが編集可能なフォームに存在しない場合、または指定された値のタイプが正しくない場合、そのエントリは無視されます。
  • 日付は、エポック タイムからの経過秒数を使用して、数値として表される必要があります。
  • コード値ドメインに関連付けられたエントリは、(ドメインの説明ではなく) ドメイン コードを使用します。
  • エントリは、Field Maps に渡される前に URL エンコードされる必要があります。

featureID

更新対象レイヤー内のフィーチャを一意に特定します。 GlobalID フィールドである必要があります。

  • referenceContext=updateFeature が必要
  • フィーチャを含むレイヤーではフィーチャの更新をサポートする必要があります。

featureSourceURL

キャプチャがインスタンス化されるレイヤーの URL

  • itemID、および referenceContext=addFeaturereferenceContext=updateFeature のいずれかが必要
  • 必要に応じて、featureAttributes パラメーターを使用して、フォームのエントリを指定します。

foreignKeyField

リレーションシップを定義し、親フィーチャからキーを受け取る子テーブルのフィールド

  • referenceContext=addRelatedFeatureitemIDfeatureSourceURL、および featureID が必要です。

geometry

新しくキャプチャされたフィーチャの場所を定義します

  • itemIDreferenceContext=addFeaturereferenceContext=updateFeature のいずれか、および featureSourceURL が必要です。
  • 値は、x、y、z を含む座標、またはジオメトリの JSON 表現 (ポイント、ライン、ポリゴン) です。
  • JSON の値は URL エンコードされる必要があります。

itemID

開くマップのアイテム ID

  • referenceContext が必要です。
  • アイテム ID は、マップのアイテム ページの URL 内にあります。 たとえば、マップのアイテム ページの URL が https://www.arcgis.com/home/item.html?id=0c900ae2a1084d27b608233921ef1a84 である場合、マップのアイテム ID は 0c900ae2a1084d27b608233921ef1a84 です。
  • Web マップ、MMPK、およびオフライン エリアのマップ タイプがサポートされています。

portalURL

組織のポータル URL

  • 指定によってモバイル作業者がサイン アウトされるか、別のポータル (ArcGIS Online を含む) に接続された場合、モバイル ユーザーはサイン アウトを求められてから、組織のサイン イン画面に直接移動して、サイン インするように求められます。
  • ポータルにアクセスするときにブラウザーに入力するのと同じ URL を入力します (たとえば、https://myportal.mycompany.com/arcgis)。

referenceContext

開いてユーザーがサイン インした後に、アプリが実行すべき操作 (ある場合)

以下の値がサポートされています。

  • addFeature
  • addRelatedFeature
  • center
  • open
  • 検索
  • track
  • updateFeature
注意:

opensearch など、単一の URL で複数の ReferenceContext 値を使用する場合は、ReferenceContext パラメーターの主な使用方法である 1 つの値の指定を行います。 たとえば、search を指定するとマップが open であることを意味します。 次の「Field Maps リンク サンプル」をご参照ください。

scale

マップがレンダリングされる縮尺スケール (マップ単位)

  • itemID および center が必要です。

search

検索する住所、場所、座標、またはフィーチャ

  • itemID が必要です。
  • スペースを + にエンコードします。
  • フィーチャは、マップ内での検索に使用するのと同じ用語を使用して特定されます。

trackingDuration

トラッキング期間を時間単位で指定

  • referenceContext=track および trackingON=true が必要です。
  • 単位は時間で、小数がサポートされています。

trackingON

位置のトラッキングをオンにするかオフにするかを指定

  • referenceContext=track が必要です。
  • 値はブール値の true または false です。

useAntennaHeight

その位置の各頂点の Z 値から現在の受信機のアンテナ高を除算するかどうかの指定

  • itemIDreferenceContext=addFeaturegeometry、および featureSourceURL が必要です。
  • 値はブール値の true または false です。
  • デフォルトは false です。
注意:

Android にも対応する予定です。

useLocationProfile

位置の変換に現在の位置情報プロファイルを使用するかどうかの指定

  • itemIDreferenceContext=addFeaturegeometry、および featureSourceURL が必要です。
  • 値はブール値の true または false です。
  • デフォルトは false です。
注意:

Android にも対応する予定です。

wkid

異なる空間参照での中心の座標の指定

  • itemIDcenter、および scale が必要です。
  • パラメーターが指定されない場合、デフォルトは WKID: 4326 (WGS84) です。

Field Maps リンクを使用して特定の動作を実現するには、これらのパラメーターの使用例を引き続き読んでください。

マップを開く

以下のパラメーターを使用してマップを開きます。

  • referenceContext=open
  • itemID
  • portalURL (オプション)

Web マップ、MMPK、およびオフライン エリアのマップ タイプがサポートされています。

以下に例を示します。

サイン インせずにパブリック マップにアクセスする

以下のパラメーターを使用してパブリック マップにアクセスします。

  • referenceContext=open
  • itemID
  • anonymousAccess=true
  • portalURL (オプション)

例を以下に示します。

  • https://fieldmaps.arcgis.app/?referenceContext=open&itemID=5dce807aeb5c4b33bce767d278df9c3d&anonymousAccess=true

匿名アクセスが許可されているポータルへのサイン イン

以下のパラメーターを使用して、匿名アクセスが許可されているポータルにアクセスします。

  • anonymousAccess=true
  • portalURL

例を以下に示します。

  • https://fieldmaps.arcgis.app/?portalURL=https://myportal.mycompany.com/gis&anonymousAccess=true

マップの中心と縮尺

以下のパラメーターを使用して、マップを開くときにデフォルトのマップの中心と縮尺を使用する代わりに、指定したマップの中心と縮尺を指定します。

  • referenceContext=center
  • itemID
  • center
  • scale (オプション)
  • wkid (オプション)
  • bookmark (オプション)

デフォルトの座標系は WGS84 ですが、wkid パラメーターを使用してこれを変更できます。

以下に例を示します。

マップ内の検索

以下のパラメーターを使用してマップを開き、住所、場所、座標、またはフィーチャ (対象物または観測点) を検索します。

  • referenceContext=search
  • itemID
  • search

以下に例を示します。

ブックマークの表示

以下のパラメーターを使用して、マップからのブックマークで指定された位置を表示します。

  • referenceContext=center
  • itemID
  • bookmark

以下の例のリンクは、Centennial Park という名前のブックマークにマップを開きます。

https://fieldmaps.arcgis.app/?referenceContext=center&itemID=0c900ae2a1084d27b608233921ef1a84&bookmark=Centennial+Park

フィーチャ収集の開始

マップを開き、次のパラメーターを使用して、フィーチャの収集を開始します。 必要に応じて、新しい対象物または観測点に適用されるフォームのエントリを指定します。

  • itemID
  • referenceContext=addFeature
  • featureSourceURL
  • geometry (オプション) - 指定した場合、フィーチャの形状を定義します。 指定されない場合、モバイル作業者の GPS 位置がポイントまたは 1 番目の頂点 (ラインまたはポリゴンの場合) に使用されます。
  • useAntennaHeight (オプション)
  • useLocationProfile (オプション)
  • featureAttributes (オプション)
  • callback (オプション)
  • callbackPrompt (オプション)
注意:

リンクでの useAntennaHeightuseLocationProfile のサポートは、Android にも対応する予定です。

以下に例を示します。

フィーチャの更新の開始

次のパラメーターを使用して、マップを開き、既存のフィーチャの更新を開始します。 必要に応じて、更新された対象物または観測点に適用されるフォームのエントリを指定します。

  • itemID
  • referenceContext=updateFeature
  • featureSourceURL
  • featureID
  • featureAttributes (オプション)
  • geometry (オプション)
  • callback (オプション)
  • callbackPrompt (オプション)
注意:

テーブル行には適用されません。

以下に例を示します。

関連フィーチャの追加

マップを開き、次のパラメーターを使用して新しい関連フィーチャを追加します。

  • itemID
  • referenceContext=addRelatedFeature
  • featureSourceURL
  • featureID
  • foreignKeyField

以下のサンプル リンクでは、マップが開いて、新しいフィーチャが関連付けられている外部キー フィールド名に基づいて関連フィーチャが追加されます。

https://fieldmaps.arcgis.app/?referenceContext=addRelatedFeature&itemID=0c900ae2a1084d27b608233921ef1a84& featureSourceURL=https://services9.arcgis.com/QjGvjfQhsHAmqfjP/arcgis/rest/ services/DamageAssessment_Apr2018_631d0895e7d3404bb78e8e04e92d896e/FeatureServer/ 1&featureID=bb0a0c92-9f53-4367-a6a1-bc6edc605be0&foreignKeyField=FacilityID

位置のトラッキングの開始

以下のパラメーターを使って位置のトラッキングを有効にし、トラッキング期間を設定します。

  • referenceContext=track
  • trackingON=true
  • trackingDuration

以下のサンプル リンクは位置のトラッキングを 120 時間オンにします。

https://fieldmaps.arcgis.app/?referenceContext=track&trackingOn=true&trackingDuration=120​

注意:

リンクを使用して位置のトラッキングをオフにすることもできます。 例:

https://fieldmaps.arcgis.app/?referenceContext=track&trackingOn=false

データ収集用のガイドの提供

このドキュメントは Field Maps の使用に関する情報を提供しますが、現場でデータを収集するモバイル作業者は、多くの場合、より軽量な (特にオフラインで作業する場合に、印刷して携帯できる) 何らかのドキュメントを必要とします。 共通の作業および一部の問題に役立つ基本的な 1 ページのフィールド ガイドをモバイル作業者に提供すると、モバイル作業者をサポートする仕事が楽になります。 共通のデータ収集作業を重点的に取り上げた、モバイル作業者向けのフィールド ガイド テンプレートが用意されています。 これを使用して、モバイル作業者のための独自のリファレンスの作成を開始できます。

  1. フィールド ガイド テンプレートをダウンロードします
  2. このガイドをカスタマイズします (組織に固有のロゴやトラブルシューティングのヒントなどを追加します)。 カスタマイズ手順を含む最初のセクションを必ず削除してください。
  3. モバイル作業者にそのガイドを提供します。

    モバイル作業者は、現場にいる間に、このガイドを自分のポケットに保持し、問題を解決することができます。

位置のトラッキング用の手順を提供する

組織で位置のトラッキングが必要な場合、Field Maps モバイル アプリで位置のトラッキングを開始する手順をモバイル作業者に提供することをお勧めします。 以下に位置のトラッキングの手順のテンプレートを示します。

  1. 位置のトラッキングの手順のテンプレートのダウンロード
  2. ドキュメントの手順に従ってテンプレートをカスタマイズし、モバイル作業者と共有します。

モバイル デバイス管理

MDM (モバイル デバイス管理) は、組織のモバイル デバイスの管理に使用するソフトウェアを意味します。 MDM は、モバイル デバイスのポリシーの設定と強化や、データとネットワークのセキュリティの強化に使用されます。 さらに、MDM を使用することで、アプリの更新方法および更新時期の制御を含めて、アプリのデプロイメントとモバイル デバイスの管理の能力が向上します。 MDM についての Esri の取り組み方法の詳細については、Trust ArcGIS の「ArcGIS セキュア モバイルの実装パターン」をご参照ください。

MDM を介して組織のモバイル デバイスへの Field Maps のデプロイを準備するときに、設定できるアプリケーションとプロファイル設定がいくつかあります。 これには、ポータル URL、per-app VPN 設定などが含まれます。

Field Maps アプリの構成

アプリの構成 (AppConfig とも呼ばれます) は、ポータル URL などのアプリケーションの設定を提供する形式を意味します。 モバイル アプリをインストールするときに、毎回これらの設定を手動で構成する代わりに、MDM を使用して自動的にアプリ設定を指定して適用することができます。 これらの設定は、XML ファイルのキー値のペアの辞書として設定されます。 辞書の作成方法は、使用する MDM に応じて異なります。 アプリの構成の詳細については、「AppConfig Community」をご参照ください。

Field Maps の設定は次のとおりです。これらは MDM のアプリ設定により実装できます。

キー備考

anonymousAccess

匿名でサイン インするか認証情報を要求するかを指定します。

  • 次の場合は anonymousAccess パラメーター値が無視されます。
    • portalURL が指定されていない。
    • portalURL で指定したポータルが匿名アクセスをサポートしていない。
  • anonymousAccesstrue で、portalURL が指定されている場合、Field Maps を開いた際に認証情報は必要なく、ポータルに匿名でサイン インします。
  • 値はブール値の true または false です。
注意:

匿名でポータルに接続すると、[フィーチャ グループ] のパブリック マップが [マップ] リストに表示されます。 モバイル作業者は、ポータルでパブリックに共有されているすべてのマップを検索できます。

isAutoSyncEnabled

自動同期を有効にするかどうかの指定

  • 値はブール値の true または false です。
  • デフォルトは true です。
  • isAutoSyncEnabledfalse になっている場合、自動同期切り替えボタンはモバイル デバイスの [プロファイル] 設定と [同期] パネルで非表示になります。

locationProfiles

1 つ以上の位置情報プロファイルのパラメーターの定義

  • 以下のパラメーターが必須です。
    • name - 位置情報プロファイルの名前。
    • mapCoordinateSystem - マップの座標系の WKID コード。
    • gnssCoordinateSystem - GNSS 受信機の座標系の WKID コード。
    • horizontalDatumTransformationName - 水平測地基準系変換の名前。
  • locationProfiles に複数の値のセットがある場合、リストの最初の位置情報プロファイルがデフォルト プロファイルとして設定されます。
  • たとえば、[ { "name":"RTK", "mapCoordinateSystem":3857, "gnssCoordinateSystem": 6318, "horizontalDatumTransformationName": "~WGS_1984_(ITRF08)_To_NAD_1983_2011" }]

offsetProvider

オフセット プロバイダーの指定

  • 以下の値がサポートされています。
    • Bad Elf Flex
    • Eos Tools Pro
    • Spike
      注意:

      SpikeiOS でのみサポートされています。

portalURL

組織のポータル URL

  • Field Maps を開くと、組織のポータルのサイン イン画面に直接進みます。
  • 例: https://myportal.mycompany.com/gis
  • 値のタイプは、文字列です。

trackingUploadLKLFrequency

最新位置のアップロード頻度の指定

  • デフォルトの設定値である 60 秒をオーバーライドします。
  • 単位は秒で、値は 5 より大きくする必要があります。

trackingUploadTracksFrequency

トラックのアップロード頻度の指定

  • アプリのデフォルト設定をオーバーライドします。
  • 単位は秒で、値は 30 より大きくする必要があります。

useInAppAuth

Field Maps のサイン インと認証で WebView を使用するかどうかを指定します。

  • 値はブール値の true または false です。
  • デフォルトは false です。
  • useInAppAuthfalse の場合、アウトプロセス フローを使ってサイン イン ページが起動します。
  • useInAppAuthtrue の場合、サイン イン ページではアプリ内 WebView を使用します。
注意:

社内リソースにアクセスするのに VPN が必要で、管理対象デバイスのブラウザーへの VPN アクセスが組織で制限されている場合、ポータルへのサイン インを成功させるために useInAppAuthtrue に設定する必要がある場合があります。

注意:

Field Maps リンクを使って Field Maps を開くと、リンク パラメーター値がアプリの構成設定よりも優先されます。

per-app 仮想プライベート ネットワーク

MDM に per-app VPN (per-app 仮想プライベート ネットワーク) を構成することにより、特定の管理されたアプリの内部リソースへのアクセスを制限できます。 Field Maps はこの構成を使ってデプロイできます。 per-app VPN を Field Maps で使用する場合の設定については、使用する MDM のソフトウェアのドキュメントをご参照ください。

注意:

iOSArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 10.6.1 以降を使用している場合は、Safari を使用して Field Maps のポータルのサインイン画面が表示されます。 これが per-app VPN を有効にして正しく動作するには、使用している per-app VPN の [Safari ドメイン] の設定でポータル ドメイン (mycompany.com など) を指定する必要があります。 [Safari ドメイン] が正しく設定されていない場合は、割り当てられたモバイル デバイスが Field Maps のポータルのサイン イン画面にアクセスできません。 代替手段として useInAppAuthtrue に設定すると、Safari ではなくアプリ内 WebView でサイン イン プロセスを行うことができます。

上で説明したように、アプリごとの VPN プロファイルで [Safari ドメイン] を設定した場合、Safari ブラウザー アプリは、[Safari ドメイン] 設定で指定したポータル ドメインにアクセスすることもできます。 このアクセスをブロックする場合は、目的のデバイス上で [iOS 制限] (MDM で使用できる場合) を [Safari ブラウザー アプリをブロック] に構成します。

AndroidArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 10.6.1 以降を使用している場合は、Chrome Custom タブ (または好みのブラウザー) を使用して Field Maps のポータルのサインイン画面が表示されます。 per-app VPN が有効になった状態でこれが正しく機能するためには、ブラウザーに VPN アクセスが必要です。 この要件を回避し、アプリ内 WebView でサイン イン プロセスを行うために useInAppAuthtrue に設定することを検討してください。

MDM の Field Maps の per-app VPN の設定を構成すると、管理されているモバイル デバイスでアプリを開くときに、自動的に指定した per-app VPN に接続されます。 Field Maps がバックグラウンドで実行されているときは、per-app VPN に接続されたままですが、Field Maps にのみ接続されています。 Field Maps を終了すると、モバイル デバイスは自動的に per-app VPN を切断します。