マップの構成

ArcGIS Field Maps には、Field Maps モバイル アプリと Field Maps Web アプリの 2 つのアプリが付属しています。 Field Maps Web アプリでは、モバイル作業者が Field Maps モバイル アプリで使用するマップを構成できます。モバイル作業者の必要性に基づいてマップを構成します。 次の構成が可能です。

Field Maps Web アプリのインターフェイスの概要については、以下のビデオと「Web アプリ クイック リファレンス」をご参照ください。

Play Video

注意:
Field Maps Web アプリは、ArcGIS Enterprise 10.9 以降にデフォルトでインストールされています。 ArcGIS Enterprise 10.8.1 で Field Maps Web アプリを使用するには、アプリをインストールする必要があります。
注意:

Field Maps でマップ、レイヤー、フォームを編集しているときは、それらを同時に別のブラウザー タブで編集しないでください。 マップ、レイヤー、フォームを複数のタブで編集すると、データが失われてしまいます。

マップの表示および構成

Field Maps Web アプリの [マップ] ページでは、Field Maps モバイル アプリで使用するためにマップを表示および構成できます。 この Web アプリで構成できるマップは、組織内でのユーザーのロールと権限によって異なります。 Field Maps でマップを表示および構成するには、次の手順に従います。

  1. ブラウザーで組織サイトにサイン インして、ArcGIS Online のアプリ ランチャーまたは ArcGIS Enterprise のアプリ ランチャーから Field Maps Web アプリを開きます。

    [マップ] ページが表示され、自身が所有するマップと自身がメンバーである共有更新グループに含まれるマップが表示されます。

    注意:

    ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 10.9.1 以降を使用している管理者の場合は、組織内のすべてのマップを表示および構成できます。 [フィルター] をクリックして [すべてのマップ] を選択します。

    共有更新グループを通じて共有されたマップの表示および構成は、ArcGIS Enterprise 10.9.1 以降でサポートされています。

  2. 構成するマップをクリックします。

    [概要] ページが表示されます。

    ヒント:

    ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 10.9.1 以降を使用している場合、マップのアイテム ページから Field Maps でマップを開くこともできます。 マップのアイテム ページに移動し、[Field Maps で開く] をクリックします。

使用可能なマップの非表示

Field Maps モバイル アプリは、共有されているマップ、またはモバイル作業者が所有しているマップへのアクセスを提供します。 モバイル アプリからアクセスできないようにしたいマップがある場合があります。 たとえば、デスクトップで使用するためだけに ArcGIS Dashboards 用に作成したマップがある場合などがあります。 所有しているマップを Field Maps モバイル アプリで非表示にするには、以下の手順を実行します。

  1. ブラウザーで組織サイトにサイン インして、ArcGIS Online のアプリ ランチャーまたは ArcGIS Enterprise のアプリ ランチャーから Field Maps Web アプリを開きます。

    [マップ] ページが表示されます。

  2. マップ カードのチェックボックスをクリックして、モバイル アプリで非表示にするマップをそれぞれ選択します。
    ヒント:

    特定のマップを検索するには検索バーを使用します。

  3. [Field Maps モバイルで非表示] をクリックします。

    選択したマップが [マップ] ページの [非表示] タブに表示され、Field Maps モバイル アプリで非表示になります。

    注意:

    非表示にしたマップはいつでも Field Maps モバイル アプリに再度表示することができます。 非表示にしたマップを再度表示するには、[非表示] タブをクリックして表示するマップ カードを選択し、[Field Maps モバイルで使用] をクリックします。

マップの複製

組織の既存のマップをベースにマップを作成できます。 たとえば、以前のフィールド シーズンのマップを再利用できます。 元のマップと同じレイヤーとベースマップを含むマップのコピーを作成できます。 マップを複製すると、サマリー、フィーチャ テンプレート、フォーム、オフライン設定が保持されます。

注意:

マップを複製しても、マップ エリア、共有設定、[Field Maps モバイルで非表示] の設定は保持されません。

共有更新グループを通じて使用できるマップを複製するには、[名前を付けて保存] 設定が Web マップのアイテムの詳細で有効になっている必要があります。 マップを所有しているか、管理者である場合、マップを複製するのに [名前を付けて保存] 設定が有効になっている必要はありません。

マップを複製するには、次の手順を実行します。

  1. ブラウザーで組織サイトにサイン インして、ArcGIS Online のアプリ ランチャーまたは ArcGIS Enterprise のアプリ ランチャーから Field Maps Web アプリを開きます。

    [マップ] ページが表示されます。

  2. マップ カードで [複製] マップの複製 をクリックします。
  3. 新しいマップのタイトルを入力して [はい、複製します] をクリックします。

    新しいマップが [マップ] ページに追加され、[概要] ページが表示されます。

マップの削除

ユーザーは所有している任意のマップを削除でき、管理者は組織内のすべてのマップを削除できます。 マップを削除するには、次の手順に従います。

注意:

マップが共有更新グループを通じて利用可能になっている場合、そのマップを削除することはできません。

Field Maps Web アプリでのマップの削除は、ArcGIS Enterprise 10.9.1 以降でサポートされています。

  1. ブラウザーで組織サイトにサイン インして、ArcGIS Online のアプリ ランチャーまたは ArcGIS Enterprise のアプリ ランチャーから Field Maps Web アプリを開きます。

    [マップ] ページが表示されます。

  2. マップ カードで [削除] マップの削除 をクリックします。

    マップが削除されます。

タイトル、サマリー、サムネイルの構成

必要なマップをモバイル作業者が Field Maps モバイル アプリで見つけられるようにします。マップのタイトル、サマリー、サムネイルを編集するには以下の手順を実行します。

  1. ブラウザーで組織サイトにサイン インして、ArcGIS Online のアプリ ランチャーまたは ArcGIS Enterprise のアプリ ランチャーから Field Maps Web アプリを開きます。

    [マップ] ページが表示されます。

  2. マップ カードをクリックしてマップの構成を開始します。

    [概要] ページが開き、マップに関する情報、および Map Viewer でマップを開くためのオプションが表示されます。

  3. [編集] をクリックしてマップのタイトルとサマリーを編集します。
  4. タイトルとサマリーを入力して [保存] をクリックします。
  5. サムネイルにカスタム画像を使用するには、現在のサムネイルにカーソルを合わせて [サムネイルの変更] をクリックします。

    最適な結果を得るには、幅が 600 ピクセル、高さが 400 ピクセル以上、縦横比が 3:2 の Web ファイル画像形式の画像 (PNG や JPEG など) を追加します。

レイヤーの追加および削除

Field Maps Web アプリを使用して、マップにレイヤーを追加および削除できます。組織のレイヤーを検索し、以下の手順に従ってマップに追加します。

注意:

レイヤーをマップに追加するには、Field Maps のデータ要件を満たしている必要があります。

Field Maps Web アプリでのレイヤーの追加および削除は、ArcGIS Enterprise 10.9.1 以降でサポートされています。

  1. ブラウザーで組織サイトにサイン インして、ArcGIS Online のアプリ ランチャーまたは ArcGIS Enterprise のアプリ ランチャーから Field Maps Web アプリを開きます。

    [マップ] ページが表示されます。

  2. マップ カードをクリックしてマップの構成を開始します。

    [概要] ページが表示され、マップに関する情報が表示されます。

  3. [コンテンツ] をクリックします。

    [コンテンツ] ページが開き、Web マップのアイテムがリスト表示されます。

  4. [レイヤーの追加] をクリックします。

    [レイヤーの追加] パネルが表示されます。

  5. [検索] を使用して、マップに追加するレイヤーを検索します。 [マイ コンテンツ][お気に入り][マイ グループ]、および [組織] から検索できます。
  6. マップに追加する各レイヤーの横にある [追加] ボタンをクリックします。

    注意:
    同じレイヤーを複数回マップに追加した場合、マップをオフライン取得できなくなります。 Field Maps は、レイヤーが重複しているマップのオフライン使用をサポートしていません。

  7. [完了] をクリックします。

    選択されたレイヤーがマップに追加されます。

注意:

マップからレイヤーを削除するには、レイヤー名の横にある [その他のオプション] ボタン その他のオプション をクリックして、[削除] をクリックします。

フォームの構成

モバイル作業者は、フォームの確認、入力、更新を行ってデータ収集と調査を行います。 Field Maps Web アプリでのフォームの構成方法については、「フォームの構成」をご参照ください。

フィーチャ テンプレートの管理

フィーチャ テンプレートはレイヤーの対象物と観測データを分類し、属性の特定の組み合わせに基づきます。 たとえば、損害評価レイヤーのフィーチャ テンプレートでは、編集者が建物への損害の程度に応じて新しいフィーチャを「影響あり」、「軽度」、「重度」、「損壊」にカテゴリ分けできます。 フィーチャ レイヤーの所有者は、これら 4 つのオプションの損害評価属性をあらかじめ設定できます。 これにより、モバイル作業者がこの属性に有効な値を確実に入力するようになります。 Field Maps モバイル アプリでは、モバイル作業者が収集できる対象物および観測データのタイプとしてテンプレートが表示されます。

注意:

レイヤーのフィーチャ テンプレートを編集するには、そのレイヤーの所有者か管理者である必要があります。 また、そのレイヤーはホスト フィーチャ レイヤーである必要があります。

Field Maps Web アプリでは、以下の方法でフィーチャ テンプレートを管理できます。

注意:

Field Maps Web アプリでは既存のフィーチャ テンプレートを管理できます。 フィーチャ テンプレートの作成方法については、以下をご参照ください。

フィーチャ テンプレートの構成の開始

フィーチャ テンプレートの構成を開始するには以下の手順を実行します。

  1. ブラウザーで組織サイトにサイン インして、ArcGIS Online のアプリ ランチャーまたは ArcGIS Enterprise のアプリ ランチャーから Field Maps Web アプリを開きます。

    [マップ] ページが表示されます。

  2. マップ カードをクリックしてマップの構成を開始します。

    [概要] ページが表示され、マップに関する情報が表示されます。

  3. [コンテンツ] をクリックします。

    [コンテンツ] ページが開き、Web マップのアイテムがリスト表示されます。

  4. [レイヤー]編集可能なレイヤーまたは [テーブル] のテーブルをクリックし、[テンプレート] タブをクリックしてフィーチャ テンプレートの構成を開始します。

    [テンプレート] タブが開き、アイテムのフィーチャ テンプレートが表示されます。

注意:

レイヤーのフィーチャ テンプレートを構成する際は、[元に戻す] ボタンと [やり直し] ボタンを使って変更を元に戻したりやり直すことができます。 元に戻す/やり直し操作は各レイヤーに固有です。

名前と説明の更新

フィーチャ テンプレートの名前と説明を変更して、モバイル作業者に意味のある情報を提供します。 Field Maps モバイル アプリでフィーチャ テンプレートを選択すると、この情報がモバイル作業者に表示されます。

  1. フィーチャ テンプレートをクリックします。

    フィーチャ テンプレートの [書式] 設定が [プロパティ] ウィンドウに表示されます。

  2. [表示名] 設定と [説明] 設定を編集して、フィーチャ テンプレートの名前と説明を入力します。
  3. [保存] をクリックします。

フィーチャ テンプレートの順序変更

フィーチャ テンプレートは [テンプレート] タブに表示されている順序で Field Maps モバイル アプリにも表示されます。フィーチャ テンプレートの順序を変更して、最もよく使われるテンプレートをモバイル作業者に表示されるリストの一番上に配置することができます。

  1. フィーチャ テンプレートをドラッグ アンド ドロップして順序を変更します。

    レイヤーにフィーチャ タイプがある場合は、そのタイプ内のフィーチャ テンプレートの順序しか変更できません。 フィーチャ タイプの順序も変更できます。

  2. [保存] をクリックします。

デフォルト値の設定

フィーチャ テンプレートのデフォルト値を設定することで、モバイル作業者がフィーチャを作成するときに関連情報を利用できるようになります。

  1. フィーチャ テンプレートをクリックします。

    フィーチャ テンプレートの [デフォルト値] 設定が [プロパティ] ウィンドウに表示されます。

  2. 関連する各属性のデフォルト値を編集します。

    フォームで使用されているフィールドでフィルタリングするには、[フォームにフィールドのみを表示] チェックボックスをオンにします。

    注意:

    フィールドに範囲かコード値ドメインがある場合、デフォルト値ではそれを優先する必要があります。 デフォルト値を許容範囲外に設定するとエラー メッセージが表示されます。

  3. [保存] をクリックします。

フィーチャ テンプレートの複製と削除

フィーチャ テンプレートを複製するには、複製するフィーチャ テンプレートを選択して [複製] をクリックします。 フィーチャ テンプレートを削除するには、削除するフィーチャ テンプレートを選択して [削除] をクリックします。

注意:

フィーチャ タイプからすべてのフィーチャ テンプレートを削除することはできません。 各フィーチャ タイプにフィーチャ テンプレートが少なくとも 1 つ必要です。

オフラインで作業するためのマップの構成

信頼できるインターネット接続が存在しないエリアで作業する場合に備えて、モバイル作業者が Web マップをオフラインで使用できるようにします。 Field Maps Web アプリを使用して、以下のオフライン設定を構成します。

Field Maps Web アプリでは、Web マップのオフライン ステータスの確認と構成を行うことができます。 オフラインで使用する Web マップとモバイル マップ パッケージ (MMPK) の作成方法については、「ダウンロードするマップの準備」をご参照ください。

オフライン モードの有効化

モバイル作業者がオフラインで Web マップを使用できるようにするには、オフライン モードを有効にする必要があります。 オフライン モードを有効にするには以下の手順を実行します。

  1. ブラウザーで組織サイトにサイン インして、ArcGIS Online のアプリ ランチャーまたは ArcGIS Enterprise のアプリ ランチャーから Field Maps Web アプリを開きます。

    [マップ] ページが表示されます。

  2. マップ カードをクリックします。

    [概要] ページが表示され、マップに関する情報が表示されます。

  3. [オフライン] をクリックします。

    [オフライン] ページが開き、マップのオフライン ステータスに関する情報が表示されます。

  4. [オフライン モードの有効化] 切り替えボタンをオンにします。

    注意:

    マップのアイテムでオフライン使用が有効になっていない場合は、切り替えボタンとアイテムの横にエラー メッセージが表示されます。

    必要に応じてオフライン モードのオンとオフを切り替えられます。

オフラインで使用するコンテンツの有効化

マップをオフラインで使用するには、マップのアイテムでオフラインの使用を有効化する必要があります。 マップの各アイテムのオフライン ステータスは [オフライン] ページの [コンテンツ] セクションにリスト表示されます。 アイテムでオフライン使用が有効になっていない場合は、警告とエラー メッセージが表示されます。 アイテムで同期が有効になっていない場合は、[同期の有効化] オプションが表示されます。 別のエラーによってアイテムをオフラインで使用できなくなっている場合は、[アイテム詳細の表示] をクリックしてアイテム ページを表示します。

[更新] をクリックして、Field Maps Web アプリ以外のマップ コンテンツに加えた変更を反映します。

オフライン データの要件については、「ArcGIS Online でのレイヤーおよびマップのオフライン使用の有効化」または「ArcGIS Enterprise でのレイヤーおよびマップのオフライン使用の有効化」をご参照ください。

マップ エリアの作成と管理

マップの一部としてマップ エリアを作成すると、モバイル作業者が表示範囲や詳細レベルを構成しなくてもダウンロードできるように、1 つ以上のエリアをあらかじめパッケージ化できます。 Field Maps Web アプリを使ってマップ エリアを作成するには、次の手順を実行します。

  1. [オフライン] ページで、[マップ エリア] セクションの [エリアの管理] をクリックします。

    [エリアの管理] ウィンドウが表示されます。

  2. ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise でマップ エリアを作成するのと同じ方法でモバイル作業者用のマップ エリアを作成します。
注意:

マップ エリアがマップの一部として作成されると、モバイル作業者はマップ エリアをダウンロードしないとマップを使用できません。 モバイル作業者がデータ収集用のマップを使用している場合、マップが同期されるまで、モバイル作業者がキャプチャした対象物、観測データ、および調査情報はそのモバイル作業者のデバイスのみで利用できます。 他の作業者からの更新内容は同期しないと利用できません。

フィーチャと添付ファイルの送信

デフォルトでは、モバイル作業者はすべてのフィーチャと添付ファイルをダウンロードおよび同期します。 しかし、作業を完了するのに、すべての情報は必要ない場合があります。 最初のダウンロードやその後の同期操作中にサーバーから取得するデータのサイズと量を制限できます。 制限することで、モバイル作業者は短時間で変更内容を共有し、データ転送コストを最小限に抑えることができます。 Field Maps Web アプリのフィーチャと添付ファイルの送信設定を調整することで、モバイル作業者がサーバーから取得するデータのタイプを制限することができます。

  1. [オフライン] ページで [フィーチャと添付ファイルの送信] セクションをクリックします。
    編集可能なフィーチャと読み取り専用フィーチャのオプション リストが表示されます。
  2. フィーチャの各タイプの送信オプションを選択します。

タイル パッケージをオフライン ベースマップで使用

モバイル作業者がベースマップの代わりに操作レイヤーをダウンロードできるようにする場合は、デバイスに直接コピーするために作成したベースマップをモバイル作業者が使用できます。 オフライン ベースマップで使用するタイル パッケージを指定するには、以下の手順を実行します。

  1. [オフライン] ページで [タイル パッケージをオフライン ベースマップで使用] セクションをクリックします。
    デフォルトで、[デバイスは、Web マップで定義されたベースマップを使用します] オプションが選択された状態になっています。
  2. [デバイスは、それ自体がすでに所有しているタイル パッケージを使用します] を選択して、テキスト ボックスにパッケージ ファイル名を入力します。
  3. [保存] をクリックします。

    ベースマップがデバイス上にある場合は、操作レイヤーのみがダウンロードされます。 参照したベースマップがデバイス上にない場合、モバイル作業者はマップのデフォルトのベースマップと操作レイヤーをダウンロードします。

アプリの設定

プロジェクト要件を満たすように Field Maps モバイル アプリの設定を構成することで、配置を簡素化します。 次の設定を構成することができます。

これらの設定を構成するには、マップの構成を開始した後、[アプリの設定] 設定 をクリックします。

注意:

Field Maps Web アプリでのアプリの設定の構成は、ArcGIS Enterprise 10.9.1 以降でサポートされています。

必要な精度と信頼度の指定

組織によっては、収集するすべてのデータが特定の最低精度と信頼区間を満たす必要がある場合があります。 Field Maps で、GPS 位置の必要な精度、および位置が 95% の信頼度を満たす必要があるかどうかを設定できます。 これによって、収集されたデータが組織のデータ収集の標準を満たすことを保証します。

必要な精度のデフォルト値は、30 フィートです。 デフォルトでは、95% の信頼度は利用できず、63 ~ 68% の信頼度とともに、二乗平均平方根 (RMS) が使用されます。 これらの値は Field Maps[アプリの設定] ページ 設定 で変更できます。

  1. [アプリの設定] ページ 設定 で、[収集] セクションをクリックします。
  2. [精度] で、精度の距離と単位を設定します。

    選択肢は、ArcGIS の組織アカウントでの単位の設定 ([米国規格] または [メートル法] のいずれか) によって異なります。

  3. 組織が、収集されるデータにおいて 95% の信頼度を要求している場合は、[95% の信頼度] を有効化します。

    この設定が有効な場合、データ収集に必要な水平精度は、二乗平均平方根 (RMS) を使用したデフォルトの計算方法で与えられる 63 ~ 68% の代わりに、95% の信頼度を使用して計算されます。

  4. [保存] をクリックします。

GPS 平均化の有効化

組織で、1 つの位置に対して多数のポイントを収集し、その情報を平均化して最終的な位置と精度を取得する必要がある場合があります。 Field Maps で、1 つの位置を取得するために平均化する必要のあるポイント数を設定できます。 データを収集する際に GPS 位置を使用しているときは常に、必要な数のポイントが収集されて、平均化されます。 平均化は、有効化されている場合、ポイント フィーチャに対して実行され、ラインおよびポリゴンの個々の頂点に対しても実行されます。

注意:

長さと面積を収集するためのストリーミングおよび GPS 平均化は、相互排他的です。値の平均化とストリーミングを同時に実行することはできません。

GPS 平均化を使用するには、[設定] ページ 設定 でこれを有効にしてください。 これが有効になっていると、GPS を使用してストリーミングを行わずに完了したすべてのデータ収集で平均化が使用されます。

  1. [アプリの設定] ページ 設定 で、[収集] セクションをクリックします。
  2. [GPS 平均化] を有効化します。
  3. [平均化するポイント] テキスト ボックスに、収集において位置と精度を決定するために平均化する GPS 位置の数を指定します。 デフォルトは 5 ポイントです。
  4. [保存] をクリックします。

GPS 平均化を有効にすると、GPS を使用するデータ収集では、収集された各ポイントで平均化を実行します。 モバイル アプリで収集を開始すると、現時点で平均化が完了したポイント数と現時点の GPS の精度を示すバナーが表示されます。

GPS 平均化

設定で指定した数の位置が取得されると、平均化が完了し、バナーに平均化された精度が表示されてから GPS 情報に戻り、マップ上にポイントが配置されます。 平均化を完了する前に停止するには、[平均化の停止] をタップして、それまでに実行された平均化を破棄します。

移動 (ストリーミング) 中に自動的に位置を取得するように構成

モバイル作業者は、滑らかなカーブを含んでいるか、滑らかな境界を含んでいる、小道や花壇などの、対象物または観測点を取得している場合、ラインまたは境界を移動しながら、自分の位置を使用してそれらを取得できます。 時間間隔または距離間隔のどちらに基づいてポイントを追加するかを構成することができ、使用される間隔を指定できます。 より滑らかな位置では、ポイントを取得する頻度が高くなり、よりシンプルな位置では、頻度が低くなります。

  1. [アプリの設定] ページ 設定 で、[収集] セクションをクリックします。
  2. [ストリーミング] を有効化します。
  3. [ストリーミング] で、距離に基づく間隔または時間に基づく間隔のどちらかを選択します。
  4. 間隔を指定します。

    時間の場合、1 秒 ~ 1 分の定義済みの間隔のうちの 1 つを選択できます。 距離の場合、距離間隔をフィートまたはメートル単位で入力します。 選択肢は、ArcGIS の組織アカウントでの単位の設定 ([米国規格] または [メートル法] のいずれか) によって異なります。

  5. [保存] をクリックします。

写真サイズの指定

写真が大きい場合、急速にデータベースのサイズが増大することがあります。 より小さい写真を添付するということは、格納するデータが少なくなり、オフラインで作業するときの同期時間が短くなるということを意味します。 Field Maps で写真を撮影する場合、その写真は、アプリの設定で指定したサイズで撮影されます。 Field Maps で既存の写真を添付した場合、その写真は、サイズ変更されてから添付されなす。 多数の写真を含むデータ収集プロジェクトではサイズの制限を検討することをお勧めします。

  1. [アプリの設定] ページ 設定 で、[収集] セクションをクリックします。
  2. [写真のアップロード サイズ] で、写真の添付サイズを設定します。

    デフォルトでは、Field Maps で撮影された写真のサイズは大 (980 x 1280) になります。 代わりに、アプリが小 (240 x 320)、中 (480 x 640)、特大 (1126 x 1500)、または実サイズの画像を使用することを指定できます。 実サイズは、写真の撮影に使用されるデバイスによって決まります。

    要求されたサイズよりもすでに小さい写真を添付する場合、写真の実サイズが使用されます。 異なる縦横比を有する写真を添付する場合、その写真は、要求されたサイズの境界内に収まるが、その縦横比を維持するように、サイズ変更されます。

  3. [保存] をクリックします。

関連するタイプの表示

別の対象物または観測点に関連付ける必要がある対象物または観測点が存在する場合には、モバイル作業者がこれらを直接取得しないように設定できます。 たとえば、街灯を取得する場合には、各ポールを対象物にすることも、ポールに付いた各ライトを対象物にすることもできます。 ポールとライトは関連しています。ポールごとに 1 つ以上のライトがあり、各ライトはポールと関連付けられている必要があります。 モバイル作業者がライトを直接取得すると、オフィスでこれらをポールに関連付けし直す必要があります。 モバイル作業者が自分の収集するライトが付いているポールを最初に指定する必要があるように設定しておけば、取得時に関係が作成されます。

関連する対象物および観測点が、必ず関係が設定された状態で取得されるようにするには、互いの対象物および観測点に関連付ける必要がある対象物および観測点を、新しい対象物または観測点を追加するときにモバイル作業者が取得できるフィーチャのリストから除外する必要があります (このことは Field Maps のデフォルト設定です)。 関連する対象物または観測点を取得する場合、モバイル作業者は、それらを別の対象物または観測点と関連付けて取得する必要があります。

そうではなく、モバイル作業者がすべてのフィーチャを取得するように設定する場合には、以下の手順を実行して、[関連するタイプの表示] をオンにします。

  1. [アプリの設定] ページ 設定 で、[収集] セクションをクリックします。
  2. [関連するタイプの表示] をオンにします。

    オフにした場合 (デフォルト設定)、関連する対象物および観測点は、それらが関連付けられている対象物または観測点を通して取得する必要があります。 関連する対象物または観測データを追加するには、モバイル作業者はまず、これらが関連付けられている対象物または観測点を選択し、次にそれを通してこれらを追加する必要があります。

  3. [保存] をクリックします。

既存の場所へのスナップを有効化

マップを使用してデータ収集時に対象物の位置を指定する場合には、モバイル作業者は既存のポイント (単一の場所、あるいはラインまたはポリゴンに含まれるポイントのいずれか) にスナップできます。 これにより、位置を共有する対象物と観測点を正しく取得できるようになります。 スナップを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. [アプリの設定] ページ 設定 で、[収集] セクションをクリックします。
  2. [スナップ] を有効化します。
  3. [保存] をクリックします。

モバイル作業者によるすべてのポイントの削除の許可

モバイル作業者が、収集または編集中にラインまたはポリゴンのすべてのポイントを削除できるようにします。 [すべてのポイントを削除] を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. [アプリの設定] ページ 設定 で、[収集] セクションをクリックします。
  2. [すべてのポイントを削除] を有効にします。
  3. [保存] をクリックします。

データの収集時に GPS 位置を自動的に使用する

モバイル作業者が新しいフィーチャを収集するときに、GPS 位置を自動的に使用するかどうかを決定できます。 たとえば、モバイル作業者がデータを収集するために対象物まで歩いている場合、新しいフィーチャの位置として GPS 位置を自動的に使用することができます。 モバイル作業者が遠く離れた場所からデータを収集している場合、位置が自動的に使用されないようにこの設定をオフにできます。 [GPS 位置の使用] 設定を構成するには、次の手順を実行します。

注意:

[GPS 位置の使用] 設定は、現在、ArcGIS Enterprise ではサポートされていません。

  1. [アプリの設定] ページ 設定 で、[収集] セクションをクリックします。
  2. [GPS 位置の使用] 設定をクリックして、オンとオフを切り替えます。
  3. [保存] をクリックします。

[ここで収集] の有効化

モバイル作業者は、既存のフィーチャ場所、またはドロップされたピンの位置に基づいて、新しいフィーチャを収集することができます。 たとえば、モバイル作業者が対象物や観測データの位置にたどり着けない場合、マップ上にピンをドロップしてデータを収集することができます。 [ここで収集] 設定を有効にするには以下の手順を実行します。

  1. [アプリの設定] ページ 設定 で、[フィーチャ アクション] セクションをクリックします。
  2. [ここで収集] を有効化します。
  3. [保存] をクリックします。
注意:

[ここで収集] はデフォルトで有効になっています。

新しいフィーチャへの属性と形状のコピーを有効化

モバイル作業者は、フィーチャの属性と形状をコピーして新しいフィーチャを作成することができます。 これによって、モバイル作業者は異なるタイプを持つフィーチャのコピーまたは異なるレイヤー内のフィーチャのコピーを作成しますが、位置、形状、および一致する属性を保持できます。 モバイル作業者がフィーチャの属性か、形状、またはその両方をコピーできるようにします。 [コピー] 設定を有効にするには以下の手順を実行します。

  1. [アプリの設定] ページ 設定 で、[フィーチャ アクション] セクションをクリックします。
  2. モバイル作業者が、既存のフィーチャから新しい属性を作成するときに何をコピーできるかを選択します。
    • [属性のコピー] - 属性を新しいフィーチャにコピーできるようにします。
    • [形状のコピー] - 形状を新しいフィーチャにコピーできるようにします。
    • [すべてコピー] - 属性と形状を新しいフィーチャにコピーできるようにします。
  3. [保存] をクリックします。
注意:

[属性のコピー] がデフォルトで有効になっています。

位置の追跡の要求

位置の追跡が組織で有効になっている場合は、マップの使用時にモバイル作業者が各自の位置を追跡することを要求できます。 この設定が有効になっていると、モバイル作業者は、Field Maps モバイル アプリでマップにアクセスする前に、位置の追跡を有効化するよう求められます。モバイル作業者が位置の追跡をオフにしている場合は、位置の追跡が必要とされるマップにアクセスすることができなくなります。 マップでの位置の追跡を要求するには、次の手順を実行します。

  1. [アプリの設定] ページ 設定[位置の追跡] セクションをクリックします。
  2. [必須] 切り替えボタンを有効にします。
  3. [保存] をクリックします。

詳細については、「モバイル作業者の追跡」をご参照ください。

トラック カテゴリの追加

トラック カテゴリを使用すると、マップ、ダッシュボード、その他のアプリでトラックのシンボル表示とフィルタリングを行うことができます。 複数のトラック カテゴリをマップに追加すると、1 つのカンマ区切り値に結合されます。 この値は、Field Maps モバイル アプリでマップを使用しているときに、記録された各トラック ポイントと最新位置のフィーチャとともに更新されます。1 つまたは複数のトラック カテゴリをマップに追加するには、次の手順を実行します。

注意:

トラック カテゴリの追加は、現在、ArcGIS Enterprise ではサポートされていません。

  1. [アプリの設定] ページ 設定[位置の追跡] セクションをクリックします。
  2. [トラック カテゴリ] の下で 1 つ以上のカテゴリを追加します。

    トラック カテゴリを追加する際は、トラックのフィルタリングとシンボル表示の方法を検討します。 たとえば、実行中の作業のタイプや作業中のプロジェクトの名前を追加することができます。 トラック カテゴリを追加するとき、マップのアイテム ID と既存のタグのリストが追加オプションとして表示されます。

  3. [保存] をクリックします。

トラック カテゴリが位置のトラッキング データとともにアップロードされると、位置のトラッキング スキーマcategory フィールドに追加されます。 このフィールドを使用して、Map ViewerArcGIS Dashboards などのアプリでトラックのフィルタリングとシンボル表示を行うことができます。

モバイル アプリで作成されたマップ エリアの詳細レベルの定義

Field Maps モバイル アプリでマップ エリアを作成する際にモバイル作業者が使用できる詳細レベルを設定できます。これにより、モバイル作業者は、オフラインでの作業時に必要な詳細レベルをダウンロードすることができます。 モバイル アプリで作成されたマップ エリアの詳細レベルを設定するには、次の手順を実行します。

注意:

モバイル アプリで作成されたマップ エリアの詳細レベルの定義は、現在、ArcGIS Enterprise ではサポートされていません。

  1. [アプリの設定] ページ 設定 で、[マップ エリアの詳細レベル] セクションをクリックします。
  2. モバイル作業者が新しいオフライン マップ エリアを追加する際に使用できる詳細レベルを選択します。 モバイル作業者が選択できる範囲、または自動的に使用される特定のレベルを設定することができます。
    • 範囲の設定 - [詳細レベル - 最低][詳細レベル - 最高] ドロップダウン メニューを使用して、モバイル作業者が選択できるレベルの範囲を設定できます。
    • 特定のレベルの設定 - 両方のドロップダウン メニューに同じ値を指定すると、自動的に使用される特定のレベルを設定できます。
  3. [保存] をクリックします。

詳細については、「マップ エリアの定義とダウンロード」をご参照ください。

複数フィーチャの一括編集の許可

モバイル作業者は、複数の対象物や観測データのフォーム エントリを同時に更新できます。 たとえば、モバイル作業者が調査を実行していて、複数の消火栓を検査に合格したとしてマークする必要がある場合、検査に合格した消火栓をすべて選択し、調査を追跡するフォーム エントリをすべて一度に更新できます。 モバイル作業者が複数フィーチャを一度に編集できるようにするには、次の手順を実行します。

  1. [アプリの設定] ページ 設定 で、[マップ ツール] セクションをクリックします。
  2. [複数を編集] を有効化します。
  3. [保存] をクリックします。
注意:

[複数を編集] はデフォルトで有効になっています。

マップの共有

マップを共有すると、テスト ユーザーとマップ作業者が Field Maps モバイル アプリでそのマップにアクセスできるようになります。共有レベルを設定し、リンクまたは QR コードを使用してマップを共有できます。

注意:

マップが共有更新グループを通じて利用可能になっている場合、そのマップの共有レベルを設定することはできません。

リンクまたは QR コードを使用したマップの共有は、ArcGIS Enterprise 10.9.1 以降でサポートされています。

マップを共有するには、次の手順を実行します。

  1. ブラウザーで組織サイトにサイン インして、ArcGIS Online のアプリ ランチャーまたは ArcGIS Enterprise のアプリ ランチャーから Field Maps Web アプリを開きます。

    [マップ] ページが表示されます。

    ヒント:

    マップ カード上の [共有の編集] をクリックして、共有レベルを編集できます。

  2. マップ カードをクリックします。

    [概要] ページが表示され、マップに関する情報が表示されます。

  3. [共有] をクリックします。

    [共有] ページが表示されます。

  4. [共有レベルの設定] をクリックします。

    [共有] ダイアログ ボックスが表示されます。 マップを組織、特定のグループ、またはすべてのユーザーと共有することができます。

    注意:

    [共有] ダイアログ ボックスには、ブラウザーの言語設定で設定された言語が表示されます。 ダイアログ ボックスがお使いの言語で表示されない場合は、ブラウザーの設定を調整してください。

  5. 共有レベルが設定されたら、次の方法でマップを共有できます。
    • [リンクを使用して共有] - モバイル デバイス上でリンクを開いて、マップにアクセスできます。 リンクをコピーして、モバイル作業者とマップを共有します。
    • [QR コードを使用して共有] - モバイル デバイスで QR コードをスキャンして、マップにアクセスできます。 QR コードをダウンロードして、モバイル作業者とマップを共有します。
    注意:

    マップが Field Maps モバイル アプリで非表示になっていると、リンクや QR コードからアクセスできなくなります。 [共有] ページまたは [マップ] ページで [Field Maps モバイルで非表示] 設定を構成できます。

詳細については、「Field Maps で使用するためのマップの共有」をご参照ください。

Web アプリ クイック リファレンス

Field Maps Web アプリを使用して、マップのコンテンツ、オフライン設定、およびモバイル アプリの設定を構成します。 以下のページを使ってマップを構成できます。

  • [マップ] ページ - 構成するマップを見つけ、モバイル アプリで非表示にするマップを指定します。
  • [コンテンツ] ページ - マップのコンテンツを表示し、データ収集用のフォームとフィーチャ テンプレートを構成します。

マップ ページ

[マップ] ページには自身が所有しているマップが表示されます。 構成するマップを参照と検索によって見つけて、Field Maps モバイル アプリで非表示にするマップを指定します。

マップ ページ
  1. [マップ] - [マップ] ページに戻ります。
  2. [リソース] - チュートリアル、ドキュメント、ビデオなどを表示します。
  3. プロフィール - 現在サイン インしているアカウントの確認、およびサイン アウトを行います。
  4. [検索] - 自身が所有しているマップを検索します。
  5. [マイ マップ] タブ - Field Maps モバイル アプリに表示される、自身が所有しているマップ。
  6. [非表示] タブ - Field Maps モバイル アプリで非表示になっているマップ。
  7. すべてのマップの選択 - ボックスをオンにして、[マイ マップ] タブか [非表示] タブのすべてのマップを選択します。
  8. [並べ替え] - 変更日かタイトルでマップを並べ替えます。
  9. 表示 - マップをグリッド内に表示するか、テーブル内にリストします。
  10. [フィルター] - 管理者の場合、組織内の [マイ マップ] または [すべてのマップ] でフィルタリングできます。
  11. マップ カード - 構成 マップの構成、複製 マップの複製、共有 共有設定の構成、削除 マップの削除 を行います。 上の隅にあるチェックボックスをオンにして、Field Maps モバイル アプリでのマップの表示と非表示を切り替えます。

コンテンツ ページ

[コンテンツ] ページには Web マップのアイテムが表示され、編集可能なレイヤーやテーブルのフォームとフィーチャ テンプレートを構成できます。

フォームの構成

[フォーム ビルダー] では、モバイル作業者がデータ収集に使用するフォームを構成できます。 詳細については、「フォームの構成」をご参照ください。

フォーム ビルダーが表示されたコンテンツ ページ
  1. [マップ] - [マップ] ページに戻ります。
  2. [リソース] - チュートリアル、ドキュメント、ビデオなどを表示します。
  3. [プロフィール] - 現在サイン インしているアカウントの確認、およびサイン アウトを行います。
  4. [コンテンツ] ウィンドウ - マップに含まれるレイヤー、テーブル、ベースマップを検索します。
  5. [元に戻す][やり直し][保存] - フォームへの変更を元に戻したり、やり直したり保存します。
  6. 変更を破棄 - ドロップダウン メニューをクリックして変更を破棄するか、フォームをクリアします。
  7. [レイヤーの追加] - マップにレイヤーを追加します。
  8. その他のオプション - マップからレイヤーを削除します。
  9. フォーム タイトル - フォームのタイトルを編集します。
  10. グループ - グループにはフォーム エレメントが含まれています。 グループ内のフォーム エレメントの数がグループ タイトルの横に表示されます。 グループを選択してプロパティを編集するか、Arcade 条件式を追加します。
  11. フォーム エレメント - フォーム エレメントは、Field Maps モバイル アプリでフォームのエントリとして表示されます。フォーム エレメントを選択してプロパティを編集するか、Arcade 条件式を追加します。
  12. [フォーム エレメント] - エレメントをクリックするかドラッグしてフォームに追加します。
  13. [フィールド] リスト - フォーム キャンバスに追加できる、レイヤー内のフィールドをリスト表示します。 フィールドは、フォームに追加すると、フォーム エレメントになります。
  14. フォーム キャンバス - フォーム エレメントとフィールドをフォーム キャンバスにドラッグしてフォームを作成します。

フィーチャ テンプレートの構成

[テンプレート] タブでは、モバイル作業者がデータ収集に使用するフィーチャ テンプレートを構成できます。 詳細については、「フィーチャ テンプレートの管理」をご参照ください。

フィーチャ テンプレートが表示されたコンテンツ ページ
  1. [マップ] - [マップ] ページに戻ります。
  2. [リソース] - チュートリアル、ドキュメント、ビデオなどを表示します。
  3. [プロフィール] - 現在サイン インしているアカウントの確認、およびサイン アウトを行います。
  4. [コンテンツ] ウィンドウ - マップに含まれるレイヤー、テーブル、ベースマップを検索します。
  5. [元に戻す][やり直し][保存] - 変更を元に戻したり、やり直したり保存します。
  6. 変更を破棄 - ドロップダウン メニューをクリックして変更を破棄します。
  7. [レイヤーの追加] - マップにレイヤーを追加します。
  8. その他のオプション - マップからレイヤーを削除します。
  9. フィーチャ タイプ - レイヤー内のフィーチャのタイプ。 フィーチャ タイプにはフィーチャ テンプレートが含まれます。
  10. フィーチャ テンプレート - モバイル作業者はフィーチャ テンプレートを使って Field Maps モバイル アプリで特定のタイプのフィーチャを収集します。
  11. [複製][削除] - 選択したフィーチャ テンプレートを複製、または削除します。
  12. [プロパティ] ウィンドウ - 選択したフィーチャ テンプレートのプロパティが表示されます。
  13. [書式] - 選択したフィーチャ テンプレートの表示名と説明を編集します。
  14. [デフォルト値] - フィーチャ テンプレートのデフォルト値を編集します。