フォームの構成

モバイル作業者は、フォームの確認、入力、更新を行ってデータ収集と調査を行います。 Field Maps Web アプリでフォームを構成することで、モバイル作業者が現場で作業をスムーズに実施できるようにします。 フォームを構成する際は以下を実行できます。

ヒント:

一般的に、GIS マネージャーは、フィーチャとテーブルに含まれる情報をフィールドと考え、それらの値を属性と考え、表示をポップアップと考えます。 しかし、モバイル作業者は、対象物および観測結果について考え、情報を入力された紙のフォームとして概念化します。 ここで使用されている用語はモバイル作業者が使用するものであり、GIS マネージャーがモバイル作業者の用語を理解できるようにするためのものです。 ただし、作成操作の用語が使用される場合を除きます。

注意:

ArcGIS Enterprise 10.8.1 以降を使用して Field Maps Web アプリでフォームを構成する場合、マップを編集する際に Map Viewer Beta を使用する必要があります。 Map Viewer を使用してマップを編集する場合、Field Maps Web アプリのフォームで行った変更が失われます。

ArcGIS Enterprise 10.8 以降を使用している場合、Field Maps Web アプリは使用できません。 Map Viewer Classic でフォームを構成する必要があります。

フォームの構成の開始

Field Maps Web アプリを使ってフォームを構成します。

  1. ブラウザーで組織サイトにサイン インして、ArcGIS Online のアプリ ランチャーまたは ArcGIS Enterprise のアプリ ランチャーから Field Maps Web アプリを開きます。

    [マップ] ページが表示され、自身が所有するマップが表示されます。

    注意:

    ArcGIS Online を使用している管理者の場合は、組織内のすべてのマップを表示および構成できます。 [フィルター] をクリックして [すべてのマップ] を選択します。

  2. 構成するマップをクリックします。

    [概要] ページが表示され、マップに関する情報が表示されます。

    ヒント:

    ArcGIS Online を使用している場合、マップのアイテム ページから Field Maps のマップを開くこともできます。 マップのアイテム ページに移動し、[Field Maps で開く] をクリックします。

  3. [コンテンツ] をクリックします。

    [コンテンツ] ページが開き、マップのアイテムがリスト表示されます。

  4. 編集可能なレイヤーまたはテーブルをクリックします。

    空白のフォーム キャンバスとともに [フォーム ビルダー] が表示されます。

  5. フォームの構成を開始します。

    [フォーム ビルダー] を開くと、以下のいずれかの方法でフォームの構成を開始できます。

    • 既存のポップアップを変換する - Map Viewer でフォームをポップアップとして構成した場合、既存のポップアップ構成を使って、[フォーム ビルダー] でフォームを構成できます。 [ポップアップの変換] をクリックします。

      ポップアップの編集可能なフィールドがフォーム キャンバスに追加され、元の順番で配置されます。 ポップアップ構成に含まれないフィールドは [フィールド] リストに表示されます。

    • フォームにすべてのフィールドを追加する - フォームにすべてのフィールドを含めるには、[フィールド] リストで [すべて追加] をクリックします。 利用できるすべてのフィールドがフォームに追加されます。

    • フィールド セットをフォームに追加する - 特定のフィールド セットをフォームに含めるには、含めるフィールドを Ctrl キーを押しながらクリックし、フォーム キャンバスにドラッグします。
      注意:

      Ctrl キーを使用したフィールド セットの追加は、ArcGIS Enterprise ではサポートされていません。

    • フィールドを 1 つずつ追加する - フォームにフィールドを 1 つ追加するには、そのフィールドをクリックするか、フォーム キャンバスにドラッグします。

      ヒント:

      レイヤーまたはテーブルに多数のフィールドが含まれている場合は、[フィールド] リストの [フィールドの検索] 検索バーを使用して、特定のフィールドを見つけることができます。

ヒント:

ArcGIS API for Pythoncopy_form_between_maps Python スクリプトを使用するか、ArcGIS Online Assistant を使用してマップ間でフォームをコピーできます。 詳細な手順については、「マップとフォームの複製に関するブログ投稿」をご参照ください。

タイトルの入力

識別情報をタイトルに含めると、モバイル作業者が正しいフォームを選択できます。 デフォルトでは、レイヤーかテーブルの名前がフォームのタイトルになります。

  1. フォームの構成中に現在のタイトルをクリックします。
  2. モバイル作業者が簡単に識別できるタイトルを入力します。
  3. [保存] をクリックします。
ヒント:

ArcGIS Online を使用している場合は、[書式] ウィンドウの [フィールドの追加] をクリックして、フィールド値をタイトルに含めることができます。

フォームのエントリの順番の設定

モバイル作業者がフィールドに情報を入力しやすい形でフォーム エントリの順番を指定します。 フォームが長い場合、モバイル作業者が重要な項目を検索しなくて済むように、必須エントリを最初にリスト表示しておきます。

  1. フォームの構成時に、フォーム キャンバス上でフィールドをドラッグして順番を指定するか、フィールドを選択し、矢印キーを使って順番を上下に移動します。
  2. [保存] をクリックします。
ヒント:

ArcGIS Online を使用している場合は、Ctrl キーを押しながら各エントリをクリックすることで、複数のフォーム エントリを選択できます。

エントリのグループ化

関連情報がフォーム内に存在する場合、紙のフォームのセクションと同様に、それらの情報をグループ化できます。 [フォーム エレメント] リストの [グループ] フォーム エレメントを使ってフィールドをグループ化します。

  1. フォームの構成中に、[フォーム エレメント] リストの [グループ] エレメントをクリックします。

    フォーム エレメントがフォーム キャンバスに追加されます。

  2. フィールドをグループにドラッグします。
  3. グループ エレメントを選択してプロパティを編集します。

    表示される [プロパティ] ウィンドウでは以下の情報を編集できます。

    • [表示名] - フィールドを表す、グループの名前を入力します。
    • [説明] - グループの説明を入力します。
    • [初期状態] - モバイル アプリでグループを最初から展開した状態にする場合にこのチェックボックスをオンにします。
    • [条件付きの表示設定] - Arcade 属性条件式を追加して、フォームにグループを表示するタイミングに関するルールを適用します。 詳細については、「条件付きの表示設定」をご参照ください。

  4. [保存] をクリックします。
ヒント:

ArcGIS Online を使用している場合は、グループ ツールバーの [グループ解除] を選択することで、グループからすべてのフォーム エントリを削除できます。 グループから複数のエントリを削除するには、Ctrl キーを押しながら削除する各エントリを選択し、グループの外にドラッグします。

ラベル (表示名) の更新

Field Maps では、[表示名] テキストがフォームのエントリのラベルとして使用されます。 モバイル作業者によく知られている名前または短い質問を入力します。

ヒント:

ラベルを短く簡潔にします。 質問を使用できますが、Field Maps は、フォーム内で一行に収まるようにテキストのサイズを変更します。

  1. フォームの構成中に、フィールドをクリックして [プロパティ] ウィンドウを開きます。
  2. [書式] セクションで、[表示名] のテキストを編集してフォーム上のエントリのラベルを変更します。
  3. [保存] をクリックします。

ヒントの提供

Field Maps では、値を含まないエントリに情報ヒント テキストを表示するために、[プレースホルダー] のテキストが使用されます。 たとえば、モバイル作業者が情報を取得した場所に関する情報や、入力時の情報の書式設定方法に関する詳細を提供できます。

注意:

日付フィールドのプレースホルダー テキスト、またはコード値ドメインがあるフィールドは Field Maps モバイル アプリに表示されません。

  1. フォームの構成中に、フォーム エントリをクリックして [プロパティ] ウィンドウを開きます。
  2. [書式] セクションで、[プレースホルダー] テキストを編集してエントリのヒント テキストを変更します。
  3. [保存] をクリックします。

説明の入力

[説明] テキストは、フォーム エントリの目的を説明するコンテキスト情報の提供に使用されます。

注意:

[説明] テキストは ArcGIS Enterprise ではサポートされていません。

  1. フォームの構成中に、フォーム エントリをクリックして [プロパティ] ウィンドウを開きます。
  2. [書式] セクションで、[説明] テキストを編集してエントリの説明を変更します。
  3. [保存] をクリックします。

読み取り専用エントリの指定

フォームのフィールドの編集はデフォルトで有効になっていますが、設定を変更してモバイル作業者がフィールドを編集できないようにすることができます。 読み取り専用エントリではモバイル作業者が情報にアクセスできますが、編集はできません。

  1. フォームの構成中に、フォーム エントリをクリックして [プロパティ] ウィンドウを開きます。
  2. [書式] セクションで、[モバイル ユーザーによる編集を許可] チェックボックスをオフにしてモバイル作業者がフィールドを編集できないようにします。
  3. [保存] をクリックします。

テキスト エントリの書式設定

テキスト ボックス、またはテキスト エリアを使用するように、テキスト エントリを構成することができます。 テキスト エントリごとに最小文字数と最大文字数を構成することもできます。

  1. フォームの構成中に、テキストが必要なフォーム エントリをクリックして [プロパティ] ウィンドウを開きます。
  2. [書式] セクションで、[入力タイプ] ドロップダウン メニューをクリックしていずれかのオプションを選択します。
    • [テキスト ボックス] - モバイル作業者が 1 行分のテキストを入力できます。
    • [テキスト エリア] - モバイル作業者が複数行分のテキストを入力できます。
  3. [書式] セクションで、エントリの [最小長][最大長] の値を設定します。
  4. [保存] をクリックします。

日付エントリの書式設定

日付ピッカー、または日付/時刻ピッカーを使用するよう日付エントリを構成できます。 日付エントリごとに範囲を設定することもできます。

  1. フォームの構成中に、日付が必要なフォーム エントリをクリックして [プロパティ] ウィンドウを開きます。
  2. [書式] セクションで、[入力タイプ] ドロップダウン メニューをクリックしていずれかのオプションを選択します。
    • [日付ピッカー] - モバイル作業者が日付を入力できます。
    • [日付/時刻ピッカー] - モバイル作業者が日付と時刻を入力できます。
  3. [書式] セクションで、モバイル作業者が選択できる [範囲の開始][範囲の終了] の値を設定します。
  4. [保存] をクリックします。

値のリストを含むエントリの書式設定

値のリストを含むエントリを構成して、フォーム内で [コンボ ボックス][ラジオ ボタン] として表示することができます。

  1. フォームの構成中に、テキストが必要なエントリをクリックして [プロパティ] ウィンドウを開きます。
  2. [書式] セクションで、[入力タイプ] ドロップダウン メニューをクリックしていずれかのオプションを選択します。
    • [コンボ ボックス] - モバイル作業者はエントリをタップして、使用可能なオプションのリストから値を選択できます。
    • [ラジオ ボタン] - モバイル作業者は、フォーム上でラジオ ボタンの値を直接選択することができます。
      注意:

      [ラジオ ボタン] 入力タイプは ArcGIS Enterprise ではサポートされていません。

  3. [保存] をクリックします。
注意:

フィールドを定義してフォームを準備する際に、値のリストを作成します。

切り替えエントリの書式設定

2 つの値を含むエントリを構成して、フォーム内で [切り替え] として表示することができます。

  1. フォームの構成中に、2 つの値を含むフィールドをクリックします。

    [プロパティ] ウィンドウが表示されます。

  2. [書式] セクションで、[入力タイプ] ドロップダウン メニューをクリックして [切り替え] を選択します。

    値の順序を変更するには、切り替え値の横にある [値の順序の入れ替え] ボタンをクリックします。

注意:

作業者がモバイル アプリで切り替えとしてエントリを表示するには、デフォルト値が設定されている必要があります。 デフォルト値が指定されていないテンプレートの場合、エントリはコンボ ボックスとして表示されます。

[切り替え] 入力タイプは、ArcGIS Enterprise ではサポートされていません。

高精度メタデータ表示の書式設定

高精度メタデータを含むフィールドは、フォーム、または [フィールド] リストに表示されません。 高精度のメタデータをポップアップに表示する場合、適切な小数点以下の桁数を使用するように、数値を書式設定します。 補正時間を表示する場合、日付を書式設定します。

必須エントリの構成

モバイル作業者の入力が必要なエントリがデータに含まれている場合、それらを必須エントリとして構成できます。 たとえば、すべての調査が調査日付を必要とする場合、調査日付エントリを必須として構成します。 フォーム エントリが必要な場合は、NULL 値を許可するかどうかも決定する必要があります。 必須エントリは、Field Maps でラベルの横のアスタリスクとして示され、値が入力されるまで送信を防ぎます。

  1. フォームの構成中に、フィールドをクリックして [プロパティ] ウィンドウを開きます。
  2. [書式] セクションで、[必須] ドロップダウン メニューをクリックして、次のいずれかのオプションを選択します。
    • [いいえ] - モバイル作業者にとってフォーム エントリが必須ではなく、他のアプリケーションがデータを追加または編集しているときに、フィーチャ レイヤー内のフィールドが必須でない場合、このオプションを選択します。
    • [はい。NULL 値を許可しません] - モバイル作業者がエントリを入力する必要があり、他のアプリケーションがデータを追加または編集しているときに、フィーチャ レイヤー内のフィールド値が必須である場合、このオプションを選択します。
    • [はい。NULL 値を許可します] - モバイル作業者がエントリを入力する必要はあるが、他のアプリケーションがデータを追加または編集しているときに、フィーチャ レイヤー内のフィールド値の指定が必須でない場合、このオプションを選択します。
  3. [保存] をクリックします。

条件付き表示設定の構成

前のエントリに特定の値がある場合だけ表示する必要があるフィールドかグループがある場合は、それらのフィールドかグループに条件を指定することができます。 たとえば、建物評価フォームには水による被害があるかどうかを示すエントリがあります。 また、水による被害に関連するエントリのグループもあります。 条件付きの表示設定のステートメントを水による被害グループに適用することで、前のエントリで水による被害があることが示された場合のみこのグループを表示できます。 条件付きの表示設定の式を作成するには、Field Maps Web アプリの Arcade エディターを使用します。

  1. フォームの構成中に、フィールドまたはグループをクリックして [プロパティ] ウィンドウを開きます。
  2. [条件付きの表示設定] セクションで [+ 式の追加] をクリックします。

    Arcade エディターが表示されます。 このエディターでは、選択したフィールドかグループに保存する前に、式の作成とテストを行うことができます。

  3. 式を作成します。

    Field Maps Web アプリでは、Arcade 制約プロファイルを適用して、式で定義されている基準をフィーチャが満たしているかを評価します。 式は必ず true または false のブール値を返すように作成する必要があります。

    たとえば、前のエントリで水による被害があることが示された場合のみ水による被害グループを表示する必要がある場合は、グループに次の条件付きの表示設定の式を作成します。

    $feature.water_damage != "No"
    water_damage フィールドで "No" 以外の値が示された場合、水による被害グループがフォームに表示されます。

    制約条件式のその他の例については、arcade-expressions の GitHub リポジトリをご参照ください。

  4. タイトルの横にある [編集] をクリックして式のタイトルを入力します。
  5. [OK] をクリックします。

    条件付きの表示設定の式がグループまたはフィールドに適用されます。

  6. [保存] をクリックします。

    式を保存したら、次は、いずれかのフォーム エレメントを選択し、作成した式をクリックして、その式をフォーム エレメントに適用できます。 どのエレメントが Arcade 式を使用しているかを確認するには、[プロパティ] ウィンドウの [条件付きの表示設定] で、その式の横にある番号をクリックします。

    注意:
    [条件付きの表示設定] メニューから、いつでも式を複製、編集、削除できます。

バーコードおよび QR コードのスキャン

対象物にバーコードか QR コードが含まれている場合、Field Maps モバイル アプリを使用してバーコードまたは QR コードをスキャンし、そのスキャンに基づいて 1 つ以上のエントリにデータを入力します。 Field Maps では、[バーコード スキャナー] 入力タイプを含むテキスト エントリおよび数値エントリは、バーコードまたは QR コードをスキャンするためのオプションを含んでいます。 モバイル作業者が [バーコードまたは QR コードのスキャン] バーコードまたは QR コードのスキャン を選択すると、デバイスのカメラ アプリが開き、バーコードまたは QR コードを読み取ります。 スキャンが完了すると、バーコードまたは QR コードに含まれている情報が、選択されているエントリに入力されます。

注意:

[バーコード スキャナー] 入力タイプは ArcGIS Enterprise ではサポートされていません。

  1. フォームの構成中に、バーコードまたは QR コード エントリが必要なフィールドをクリックして [プロパティ] ウィンドウを開きます。
  2. [書式] セクションで、[入力タイプ] ドロップダウン メニューをクリックして [バーコード スキャナー] を選択します。
  3. [保存] をクリックします。
注意:

Field Maps は、オペレーティング システムによってサポートされているバーコードおよび QR コードの形式をサポートします。 Android のサポートについては、「ML Kit を使用してバーコードをスキャンする (Android)」をご参照ください。 iOS のサポートについては、「コンピューターが読み取り可能なオブジェクト タイプ」をご参照ください。

必須の有効な値の構成

選択肢を設定するか、エントリで守る必要がある値の範囲を設定することで、ユーザーがフォームに入力できる情報を制限できます。 それらは、Field Maps によって順守されますが、データを介して構成されます。

フィールドに対して一連の選択肢を指定するには、値のリスト (ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise) またはコード値ドメイン (ArcGIS Pro) を作成します。 Field Maps では、選択できる値のリストがモバイル作業者に表示されます。

有効な数値の範囲を含めるには、最小値と最大値を指定します。 ArcGIS Pro を使用する場合、この指定は、範囲ドメインを介して行われます。 Field Maps では、モバイル作業者が値を入力し、その値が有効な範囲を外れている場合、警告が表示されます。

フォームが無効な値を含んでいる場合、モバイル作業者はそのフォームを送信できません。 フォームに入力される値を制限するためのデータの構成の詳細については、以下をご参照ください。

デフォルト値の設定

フォームのエントリにデフォルト値を設定できます。 デフォルト値を指定する方法は 2 つあります。レイヤーの設計の一環としてフィールドのデフォルト値を指定する方法と、データ収集で使用するフィーチャ テンプレートを指定する方法です。

レイヤーの設計の一環として指定するデフォルト値は、データ固有のものです。 フィーチャが作成されるたびにフィールドにこのデフォルト値が適用されます。 レイヤーの設計の一環としてデフォルト値を指定する方法については、以下のいずれかをご参照ください。

フィーチャ テンプレートの一部として指定するデフォルト値は、フィーチャ テンプレートを使用してフィーチャを作成するときにフィールドに適用されます。 これにより、作成するフィーチャのタイプに応じて、1 つのフィールドに異なるデフォルト値を設定できます。 フィールドに既存のデフォルト値がある場合は、フィーチャ テンプレートのデフォルトがそれをオーバーライドし、こちらが使用されます。 フィーチャ テンプレートにデフォルト値を指定するには、「フィーチャ テンプレートの管理」をご参照ください。

既知の問題

Field Maps Web アプリでのフォームの構築に関する既知の問題と、その問題を解決する方法は以下のとおりです。

テーブルのフォームを構成できない

GNSS フィールドがあるレイヤーにテーブルが関連している場合、そのフォームを構成することはできませんが、テーブルのコピーでフォームを構成できます。 関連テーブルのコピーを作成するには以下の手順を実行します。

  1. GNSS フィールドを含むレイヤーのアイテム ページに移動して [ビジュアライゼーション] タブをクリックします。
  2. [新しいレイヤーとして保存] をクリックしてタイトルを入力します。
  3. [保存] をクリックします。

    レイヤーのコピーと関連テーブルが作成され、[マイ コンテンツ] に追加されます。

  4. Field Maps Web アプリに戻ります。

    これで、テーブルのコピーのフォームを構成できます。