Skip To Content

2D 高速テンプレートの使用

2D 高速テンプレートは、オルソモザイク、数値表層モデル、数値地形モデルをすばやく作成し、画像コレクションのカバレッジと品質を確認するために設計されています。 サンプルの高速プロジェクトを処理するには、次の手順に従います。

サンプル データのダウンロード

2D 高速テンプレートのサンプル データは、サンプル データのページにあります。 2D 高速テンプレートには、アラバマ州のアスファルト工場上空の画像のコレクションがあります。 サンプル データをダウンロードするには、次の手順に従います。

  1. サンプル データ ページに移動します。
  2. 2D 高速テーブルで [ダウンロード] をクリックします。
  3. Sample_Asphalt.zip をコンピューター上の便利な場所に抽出します。

プロジェクトの作成

サンプルの高速プロジェクトを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Drone2Map を起動します。
  2. ArcGIS Online 組織の認証情報か Portal for ArcGIS の認証情報を使用してサイン インします。
  3. [2D 高速] テンプレートを選択し、[次へ] をクリックします。
  4. プロジェクトに名前を付け、場所を選択して保存するか、デフォルト設定を使用します。
  5. [画像の追加] または [フォルダーの追加] をクリックし、サンプル画像フォルダーの場所を参照し、フォルダーまたはフォルダー内の画像を選択して [OK] をクリックします。
  6. [作成] をクリックすると、プロジェクトが作成されます。
  7. [フライト データ] タブで [画像テーブル] ボタン 画像テーブル をクリックし、画像コレクションに関する画像情報を表示します。
  8. [ホーム] タブに戻って [オプション] をクリックし、オンにしたオプションを確認します。 デフォルトでは、[初期] タブのキーポイント画像の縮尺は「高速」に設定され、処理時間を短縮します。 このテンプレートでは [密度][3D プロダクト] がオフに設定されています。 [2D プロダクト] をクリックすると、オルソモザイクの解像度が 4 x GSD に設定され、処理時間が高速になります。 [2D マッピング] テンプレートを選択すると、デフォルト解像度は 1 x GSD になります。 [OK] をクリックし、デフォルト設定を使用します。
  9. [開始] をクリックして処理を開始します。

結果の表示

処理が完了すると、低解像度のオルソモザイク、数値表層モデル、数値地形モデルがマップの表示と [コンテンツ] ウィンドウに追加されます。

アスファルト工場の周辺で画面移動や拡大縮小を行い、画像とデジタル標高モデルプロダクトを確認します。

メモ:

高速テンプレートは低解像度プロダクトを生成し、処理時間を最適化します。 高解像度プロジェクトについては、2D マッピング テンプレートを使用するか、[オプション] で設定を手動で調整します。