ガイド ツアー

このアプリケーションを使用する方法を学ぶために、ガイドツアーを完了したり、関連資料を確認したりすることができます。 アプリケーションに初めてサイン インするユーザーであれば、[プロジェクトの作成] ツアーを行ってプロジェクトを作成するようプロンプトが表示されます。 それ以降、過去に作成されたプロジェクトを開くには、[マップ] タブを開き、右上のアカウント詳細ドロップダウン メニューを展開し、[ガイド ツアー] をクリックします。

ガイド ツアー

[ガイド ツアー] ダイアログが開きます。 利用可能なすべてのツアーが左側に、関連資料が右側に表示されます。 ツアーは、初心者向けから上級者向けまで 5 つのレベルに分かれています。 ツアーを完了したり、関連資料を読んだりすると、ポイントが与えられます。 レベルのすべてのツアーを完了すると、追加ポイントとバッジが与えられ、次のレベルに進むことができます。 完了済みのツアーの横には、チェックマークが付きます。 それまでに獲得した経験値 (XP) とバッジが、右上に表示されます。

注意:

状況によっては、ツアーを実行できないこともあります。 詳細については、以下の「設定と制限事項」をご参照ください。

ツアーの上にポインターを移動し、簡単な説明を含むツールチップを表示します。 ツアーを開くには、ツアーの横の [移動] をクリックします。

クリックして新しいツアーを開く
ツアーの最初のステップが表示されます。 上部のステータス バーにツアーの名前と進行状況が表示されます。 以下の例では、全 12 ステップのうち 1 ステップ目であることがステータス バーに示されています。 ツアーを停止したい場合は、[ツアーの停止] をクリックします。
12 ステップ中の 1
ステップの多くについては、追加情報を含むヒントがあります。 表示するには、[ヒント] をクリックします。
展開したヒント
注意:

クリックしなくても常時ヒントを表示するには、[初期設定] → [ガイド ツアー][常にヒントを表示] チェックボックスをオンにします。

必要なアクションを実行したら、次のステップに進みます。 上の例では、検索バーに住所を入力すると、ツアーの次のステップが表示されます。 必要なアクションはステップごとに異なる場合があります。

例:

  • 一部のステップでは、[戻る] をクリックして 1 つ前のステップに戻ることができます。
  • 特定の場所をクリックする必要のあるステップもあります。
    [サイトの作成] をクリック
    ヒント:

    手順のコールアウトにポインターを合わせて、クリック アンド ドラッグで移動させることができます。 上記の例では、[サイトの作成] をクリックするコールアウトによって隠されているサイト メニュー ダイアログの一部を表示する場合に、この操作を実行できます。

    [サイトの作成] をクリック

  • ワークフローの詳細を表示するだけのステップもあります。 この場合は、情報を確認したら [次へ] をクリックして次のステップに進みます。
    [次へ] をクリックしてツアーを進める

注意:

ガイド ツアーの各ステップで指定されたアクションを実行する必要があります。 必要なステップ以外のアクションを実行すると、ガイド ツアーのそれ以降のステップは予期したとおりに行われないことがあります。その場合は、ツアーを終了して最初からやり直す必要があります。

ツアーを完了すると、現在のレベルの進行状況が更新され、完了済みツアーのその他の関連資料とともに表示されます。

ツアーが完了しました

レベル

ツアーと関連資料は、5 つのレベルに分かれています。 最初のレベルでは、アプリケーションを開始します。レベルを順番に進むと、ワークフローも徐々に高度になります。 それまでに完了した最高のレベルが、アカウントの詳細ドロップダウン メニューと [ガイド ツアー] ダイアログの右上にバッジ アイコンで表示されます。

完了レベル バッジ
ツアーを完了すると 10 ポイント、関連資料を読むと 5 ポイントが与えられます。 レベルのすべてのツアーを完了すると、15 ポイントとバッジが与えられ、次のレベルに進むことができます。
注意:

選択可能として表示されるのは現在のレベルとそれ以前のレベルのみですが、現在のレベルよりも高いレベルのツアーを完了することもできます。ロック アイコンの上にポインターを移動し、[ロック解除] をクリックして [移動] をクリックします。

クリックしてロック解除

設定と制限事項

ツアー ステップのヒントを、クリックしなくてもデフォルトで常時表示するには、[初期設定] → [ガイド ツアー] の順にクリックし、[常にヒントを表示] チェックボックスをオンにして [保存] をクリックします。

進行をリセットして最初からやり直すには、[すべてのツアーをリセット] をクリックし、確認ダイアログで [はい] をクリックします。

注意:

[すべてのツアーをリセット] オプションをクリックすると、すべてのガイド ツアーがリセットされ、未完了としてマークされます。 また、それまでに獲得したポイントとバッジも失われます。 この操作を取り消すことはできません。

すべてのツアーをリセット
注意:

状況によっては、ツアーを実行できないこともあります。 次の制限が適用されます。

  1. 組織の管理者が、所定のロールのワークフローを無効にした場合、そのロールに関連するガイド ツアーは実行できなくなります。 たとえば、[カラーコード マップ] ワークフローが無効になると、[データからカラーコード マップを作成] ツアーは実行できません。
  2. 米国からはすべてのツアーを実行できますが、他の国については制限があります。 例:
    • [特定の条件を満たすエリアの検索] ツアーは、米国でしか実行できません。
    • [ArcGIS Living Atlas から Web マップ レイヤーを追加] ガイド ツアーと [レポートおよび解析で使用するカスタム データの設定] ガイド ツアーを米国以外の国で実行するには、まず [初期設定] → [組織] → [ガイド ツアー] の順に選択して、その国のレイヤーを選択する必要があります。
    • [目標物および施設の検索][選択した目標物の空隙の解析] ツアーは、米国とカナダでしか実行できません。
    • [エリアのインフォグラフィックスを実行][都市または地域に対するインフォグラフィックスの実行] ツアーを他の国で完了するには、対象の国のインフォグラフィックス テンプレートが存在する必要があります。 インフォグラフィックス テンプレートがない場合は、[インフォグラフィックス テンプレートの作成] ツアーを完了して新しいテンプレートを作成するよう求められます。


このトピックの内容
  1. レベル
  2. 設定と制限事項