位置の検索

住所や、緯度/経度座標を入力し、マップ上の位置を検索します。 この位置には、リング、運転時間、徒歩時間、バンドを追加できます。

  1. 位置の検索にアクセスするには、[マップ][エリアの定義][位置の検索] をクリックします。

    左側に [位置の検索] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. 住所を入力します。
    住所を入力
    1. 緯度/経度を入力するには、[または、緯度/経度を入力] をクリックします。
      緯度と経度の入力
    2. 緯度/経度座標を入力します。
  3. 必要に応じて、位置に名前を付けることもできます。
    位置に名前を付ける
  4. [検索] をクリックします。
  5. マップ上に位置を示すピンが置かれます。ここに、住所を表示したり、リング、運転時間、徒歩時間を追加したりするオプションを含むダイアログ ボックスが表示されます。また、ポイントの移動や削除も行えます。 必要であれば、サイトに名前を付けることもできます。 サイト名を入力しなかった場合は、デフォルトで住所がサイト名として使用されます。

    ポイントのダイアログ ボックスは、右上隅のボタンを使用して最小化または閉じることができます。

リング

リングとは、マップ上のポイントの周囲に生成される円です。 最大で 3 つのリングを選択し、ポイント周囲のリングの半径を示すことができます。 レポート データは、各リング内に含まれるエリアに対して集計されます。 リング サイズの上限は 1,000 マイルです。 リングはマイルまたはキロメートル単位で設定でき、デフォルトは 1、3、5 です。

ヒント:

リングのサイズとして、0.1、0.3、0.5 などの自然数ではない数も使用できます。 小さいリング サイズは、ニューヨーク州ニューヨーク市などの人口密度の高い地域には便利ですが、人口密度の低い地域で小さいリング サイズを使用すると、結果の解釈が困難になります。

リングの追加

  1. [リング、運転時間、徒歩時間の追加] をクリックします。
  2. [リング] をクリックします。
  3. 半径を設定するか、デフォルト値を使用して [バンドの使用] チェックボックスをオンにします。
  4. [適用] をクリックします。

運転時間

運転時間は、特定の場所まで車で移動する場合の所要時間のことです。 これらのエリアは、所定の時間内にサイトから移動できる距離を表します。 たとえば、あるポイントの 10 分運転時間エリアは、運転者が 10 分以内にその店舗に到着できるエリアになります。 移動時間は、道路セグメントごとの道路標識の速度制限を考慮します。 運転時間の上限は 300 分で、距離の上限は 300 マイルです。 デフォルト値は 5、10、15 です。 さらに、マイルを選択すると、ある距離の運転時間を算出することができます。 たとえば、あるポイントから 10 マイルの運転時間を特定するなどです。

運転時間の追加

  1. [リング、運転時間、徒歩時間の追加] をクリックします。

    [運転時間] をクリックします。

  2. 半径を設定するか、デフォルト値を使用して [バンドの使用] チェックボックスをオンにします。
  3. 運転時間や交通を選択し、[その他のオプション] をクリックします。
  4. [適用] をクリックします。

運転時間のその他のオプション

運転時間を使用する場合、運転時間のタイプ、施設に向かって運転、または施設から離れて運転、ライブ交通量を選択するオプションで検索をカスタマイズできます。 デフォルトは [初期設定] で設定できます。

  • [運転時間] ドロップダウン メニューを使用して運転モードを選択します。 以下の選択項目があります。
    • [運転時間]: 自動車やピックアップ トラックなどその他同様の小型自動車をモデル化して、移動時間を最適化する方法を見つけます。 移動は、一方通行や転回禁止など、自動車の特有のルールに従います。 出発時刻を指定した場合、交通状況に応じて動的に変化する移動速度が使用可能になります。
    • [運転時間 (未舗装道路使用)]: 自動車とその他の類似した小型自動車 (ピックアップ トラックなど) の移動をモデル化して、移動時間を最適化する方法を見つけます。 移動は、一方通行や転回禁止など、自動車に特有のルールに従いますが、未舗装道路の移動は制限しません。 出発時刻を指定した場合、交通状況に応じて動的に変化する移動速度が使用可能になります。
    • [トラック輸送時間]: 指定されたトラック ルートを優先して使用することで、基本的なトラック移動をモデル化し、移動時間を最適化する方法を見つけます。 ルートは、一方通行や転回禁止などに従う必要があります。
  • 「施設から」か「施設へ」のいずれかの移動方向を選択します。
  • [交通量の使用] では、マップとレポートのライブ トラフィックを選択できます。 運転モードとして [トラック輸送時間] が選択されている場合、[交通量の使用] にはアクセスできません。 [ライブ交通量] では、スクロール バーを使用して、現在のライブ交通量または後の交通量を設定できます。 ライブ交通量は、履歴、ライブ、予想の交通情報が含まれた包括的な道路データを提供します。 ライブ交通量データを含むエリアの交通量を表示したり、解析を実行する場合、現在および過去の観測に基づいて、変化する交通状況を考慮することができます。 [一般的な交通量] では、日付と時刻を選択できます。詳細については、「ネットワーク解析の有効範囲」をご参照ください。
    注意:

    ライブ交通量は、一部の国でのみ提供されています。

徒歩時間

徒歩時間は、ある地点に徒歩で到達するまでの所要時間を示します。 これらのエリアは、所定の時間内にサイトから徒歩で移動できる距離を表します。 デフォルト値は 5、10、15 分です。 徒歩時間は、歩行者が通行できる歩道や道路を使用します。 歩行速度は、時速 5 キロに設定されます。

徒歩時間の追加

  1. [リング、運転時間、徒歩時間の追加] をクリックします。

    [徒歩時間] をクリックします。

  2. 半径を設定するか、デフォルト値を使用して [バンドの使用] チェックボックスをオンにします。
  3. [適用] をクリックします。

バンド

バンドとは、重複しない分析範囲のことです。 従来の商圏分析範囲を提供しますが、範囲の重複はありません。 これらは、中心から離れるにつれて発生する、増分的な市場の変化を把握するうえで役立ちます。 たとえば、5、10、15 マイルの値を指定すると、中心から 0 ~ 5 マイル、5 ~ 10 マイル、10 ~ 15 マイル バンドのデータに対してレポートが生成されます。 また、レポートにおけるエリアの差も計算します。 5、10、15 マイルの運転時間バンドを使用すると、中心から 0 ~ 5 マイル、5 ~ 10 マイル、10 ~ 15 マイル バンドのデータに対してレポートが生成されます。

バンドの追加

  1. [リング、運転時間、徒歩時間の追加] をクリックします。
  2. リング、運転時間、徒歩時間を選択し、[バンドの使用] チェックボックスをオンにします。
  3. [適用] をクリックします。

その他のサイト メニュー オプション

ポイントの移動

マップ上でポイントを移動できます。

[このポイントを移動] をクリックします。

ピンをドラッグし、マップ上の別の位置まで移動します。

ポイントの削除

マップ上でポイントを削除できます。

[このポイントを削除] をクリックします。

ポイントがマップから削除されます。

レポート

リング、運転時間、徒歩時間を追加したら、作成した位置のレポートを作成できます。

  1. [レポート] をクリックします。 レポート
  2. [レポートの選択] ドロップダウン メニューからレポートを選択します。
    レポートの選択

    リスト内のレポート上にポインターを移動すると、[デフォルトに設定] をクリックし、[初期設定] → [レポート] → [クラシック レポート] にデフォルトとして保存できます。

  3. [形式] ドロップダウン メニューからレポート形式を選択します。
  4. [レポートの実行] をクリックします。

    レポートの準備ができたら、[レポートを開く] をクリックします。

    注意:

    [選択] ツールを使用してマップ上の複数のサイトを選択すると、[レポートのダウンロード] をクリックして、サイトのレポートをコンピューターにダウンロードできます。

インフォグラフィックス

インフォグラフィックスとは、マップ上の位置に関するリッチなコンテキスト情報を含む、インタラクティブなダイアログ ボックスです。 情報には、位置周辺の所定距離内の年齢の分布や収入などがあり、年齢ピラミッドやバー チャートなどさまざまな種類のインフォグラフィックスで表されます。

注意:

インフォグラフィックスの種類は、位置によって異なります。

リング、運転時間、徒歩時間を追加すると、作成した位置のインフォグラフィックスにアクセスできるようになります。 [インフォグラフィックス] をクリックします。 インフォグラフィックス

[インフォグラフィックス] をクリック

  • 複数のページにわたるインフォグラフィックスの場合、全画面モードでページ右上の矢印キーを使用すると、ページをスクロールできます。
  • タペストリ セグメントを使用できる位置の場合は、[完全なセグメント プロファイルの表示] をクリックして PDF にアクセスできます。
  • 位置によっては、ドロップダウン メニューを使用して距離を変更できます。 距離のオプションは、リング、運転時間、徒歩時間に対して選択した距離によって異なります。
  • [インフォグラフィックス] ダイアログ ボックスを閉じ、サイト ポップアップに戻るには、[戻る] をクリックします。
注意:

[選択] ツールを使用して、マップ上で複数のサイトを選択した場合は、最大で 10 サイトに対してサイド バイ サイド比較のインフォグラフィックスを作成できます。

サイトの編集

サイトのリング、運転時間、徒歩時間を編集できます。

編集するには、[サイト] をクリックします。

サイトのリングまたは運転時間を作成すると、サイトの色を変更できます。 塗りつぶし、枠線色、透過表示、太さのオプションを設定できます。

  1. 塗りつぶしを変更するには、[塗りつぶし] をクリックします。

    塗りつぶしはデフォルトで選択されています。

  2. 塗りつぶしを変更するには、次の手順に従います。
    • 色を変更するには、カラー パレットをクリックします。色を選択するパレットが表示されます。 変更したい色がすべて変更されるまで、この操作を続けます。
    • 透過表示を変更するには、[透過表示] スライダーを使用します。 左側にスライドすると透過表示の割合を減らし、右側にスライドすると増やすことができます。
    • 塗りつぶしを指定しない場合は、[塗りつぶしなし] チェックボックスをオンにします。
    • 塗りつぶしと枠線の設定を元の値にリセットするには、[リセット] をクリックします。
    • 編集対象のサイトの編集内容のみを保存するには、[OK] をクリックします。
    • 編集内容を保存し、今後作成される同じタイプのすべてのサイトに反映するには、[初期設定に保存] をクリックします。

      [初期設定] ダイアログ ボックスが表示され、[位置の検索] タブが開き、色の変更が反映されます。

      [初期設定] に変更内容を保存するには、[保存] をクリックします。 上書きしない場合は [いいえ] をクリックします。 [初期設定] に変更を保存すると、同じタイプのサイトを次に作成、オープン、編集したときに、保存した変更内容が表示されます。 塗りつぶしと枠線の設定を元の値に戻すには、[デフォルトに戻す] をクリックします。

  3. 枠線の色を変更する手順は次のとおりです。
    • 色を変更するには、カラー パレットをクリックします。色を選択するパレットが表示されます。 変更したい色がすべて変更されるまで、この操作を続けます。
    • 枠線を変更するには、[枠線] をクリックします。
    • 透過表示と太さを変更するには、それぞれのスライダーを使用します。 左側にスライドすると割合を減らし、右側にスライドすると増やすことができます。
    • 枠線を指定しない場合は、[枠線なし] チェックボックスをオンにします。
    • 塗りつぶしと枠線の設定を元の値にリセットするには、[リセット] をクリックします。
    • 編集対象のサイトの編集内容のみを保存するには、[OK] をクリックします。
    • 編集内容を保存し、今後作成される同じタイプのすべてのサイトに反映するには、[初期設定に保存] をクリックします。

      [初期設定] ダイアログ ボックスが表示され、[位置の検索] タブが開き、色の変更が反映されます。

      [初期設定] に変更内容を保存するには、[保存] をクリックします。 上書きしない場合は [いいえ] をクリックします。 [初期設定] に変更を保存すると、同じタイプのサイトを次に作成、オープン、編集したときに、保存した変更内容が表示されます。 塗りつぶしと枠線の設定を元の値に戻すには、[デフォルトに戻す] をクリックします。

シンボル

デフォルトのシンボルを変更するには、[初期設定] → [全般] タブの順にクリックします。 ここでシンボルを編集するには、矢印をクリックしてドロップダウン メニューを開きます。

独自のカスタム シンボルをインポートするか、使用可能なシンボルの中から選択できます。これらのシンボルは、複数のタブに分類されています。 デフォルトでは [現在のシンボル] スタイルが表示されていますが、[クラシック シンボル] スタイルに切り替えて、使用できるシンボルを表示することもできます。 [サイズ] スライダーを使用し、シンボルのサイズを変更できます。 デフォルト以外のシンボルを選択した後、[カラー] ピッカーから別の色を選択すると、色を変更できます。

現在のシンボルのダイアログ

注意:

GIF、PNG、JPG ファイル形式のシンボルをアップロードできます。 画像の推奨サイズは 120 x 120 ピクセル以下です。

消去

このオプションは、マップからサイトを消去しますが、削除はしません。

[消去] をクリックします。