比較レポート

[比較レポート] では、使用頻度の高いカテゴリのセットに基づいてサイトを比較するレポートを作成できます。使用頻度の高いカテゴリには、人口、世帯数、収入、住居数、およびカスタマイズ可能な手ポートが含まれます。オプションには、サイトとベンチマークおよび隣接区画との比較も含まれます。

  1. [レポート] をクリックし、[比較レポート] をクリックします。

    [比較レポート] ウィンドウが開き、事前選択済みの 2 つのサイトで最後に使用された比較レポートが表示されます。マップ上で最後に開かれた 2 つのサイトがあります。マップ上にサイトがない場合は、最後に使用された 2 つのサイトが事前に選択されます。

    [比較レポート] ウィンドウ

    選択したサイトに複数のリング、運転時間、または徒歩時間がある場合、デフォルトで、最小のサイトが常に選択されます。ドロップダウンを展開して、別のサイトを選択できます。[リング、運転時間、徒歩時間の展開] チェックボックスをオンにして、比較テーブルのすべてのサイトのデータを表示することもできます。

  2. [行と列を切り替えます。] ボタンをクリックして、サイトを列として表示し、データ変数を行として表示します。
  3. [変数の追加] をクリックして、このカスタム比較レポートに変数を追加します。

    行と列をドラッグ アンド ドロップして、テーブルでの位置を変更できます。

  4. [新しいレポートの作成] をクリックして、新しいカスタム比較レポートを作成します。
  5. [エクスポート] をクリックして、比較テーブル内のデータを Excel ファイルとしてエクスポートするか、[印刷] をクリックして、レポートを印刷します。
  6. [チャート] をクリックして、比較をチャートとして表示します。
    チャートの表示
    • [チャート] ビューで、チャートの任意のバーまたは折れ線グラフの任意の円にポインターを合わせると、そのサイトについて関連付けられた変数の値を含むツールチップを表示できます。
    • 異なるタイプの変数が選択されると (数値、パーセント、インデックス)、数値の変数 (総人口など) が棒グラフとして表示されます。一方、パーセントおよびインデックスの変数は、固有の縦軸を使用する折れ線グラフとして表されます。詳細については、「チャート」をご参照ください。
    • 変数のチャートの色を変更するには、右側でその名前の横にある色のサムネイルをクリックして、別の色を選択します。
  7. [印刷] をクリックしてチャートを印刷します。
  8. [エクスポート] をクリックして、チャート データを Excel テーブルとしてエクスポートします。
  9. 比較用に選択したサイトを変更するには、[サイトの追加] をクリックします。

    [サイトの追加] ダイアログが開きます。

    [サイトの追加] ウィンドウ

  10. デフォルトで [最近] タブが開き、最近作成したサイトがリストされます。
    • 比較に追加するサイトのチェックボックスをオンにします。サイトを削除するには、そのチェックボックスをオフにします。
    • [サイト名] チェックボックスをオンにすると、現在のタブのすべてのサイトが自動的に選択されます ([プロジェクトから] タブにはありません)。
    • 複数のサイトを選択するには、Shift キーを押しながらクリックします。
    • サイトの検索 をクリックすると、サイトを名前で検索できます。
    その他のタブからサイトを追加または削除することもできます。
    • [現在のマップ上] - 現在マップ上で開いているサイトがリストされます。
    • [プロジェクトから] -現在のプロジェクト、自分の他のプロジェクト、他のユーザーが共有したプロジェクトからサイトを追加できます。
    • [隣接区画 (複数)] - 区画を選択して、比較テーブルに追加できます。使用できる区画は、現在選択されているサイトに基づいています。この手順では、比較の目的にだけ区画サイトを作成する必要はありません。ここで自動的に使用可能にならない区画とサイトを比較する場合は、[レポートのエリアの定義] → [区画の選択] で区画サイトを作成して、比較用に選択できます。各区画リストは、選択したサイトに基づいて入力されます。たとえば、ポイントに基づくサイトの場合、[郡] リストにはポイントに基づくサイトがある郡が含まれます。手書きのポリゴンの場合、ポリゴンが接しているすべての郡が [郡] ドロップダウンに追加されます。
      [隣接区画 (複数)] ビュー
    • [統計比較 (複数)] - [サイトの平均値] または [サイトの中央値] を選択して比較に追加できます。
      [統計比較 (複数)] ビュー
    注意:

    選択したサイトと隣接区画の総数は 1000 を超えることはできません。

  11. 終了したら、[適用] をクリックします。

    サイト、区画、および統計比較の更新済み選択のデータでテーブルまたはチャートが更新されます。

    テーブル ビュー

    変数の その他のオプション をクリックすると、その他のオプションを表示できます。変数は比較から削除することも、別の変数に置き換えることもできます。サイトの場合、その他のオプション をクリックすると、削除と置換に加えて、次の 2 つのオプションがあります。

    サイトのオプション
    • [ベンチマークの作成] - 1 列目または 1 行目がハイライト表示され、サイトを視覚的によく目立つようにします。
    • [区画との比較] - このサイトと関連する区画 (米国のサイトの場合は、郵便番号、郡、州、米国) との比較を表示します。サイトが位置に基づいている場合、これらの区画はサイトの場所の住所で決定され、ポリゴンおよび区画サイトの場合、重心の位置で決定されます。
      注意:

      このオプションを選択すると、選択された他のサイトが比較から削除されます。

      テーブル ビュー

      ヒント:

      [初期設定] で、サイトを比較する区画レベルを設定できます。

      サイトがマップ上に開かれているときは、サイト メニューの [比較] をクリックして、そのサイトと関連する区画をすばやく比較できます。

      マップ ビューの [比較] をクリックします。

      マップ上に開かれている別のサイトの [比較] をクリックすると、(1) サイトを現在の比較レポートにシンプルに追加するか、(2) このサイトと関連する区画を比較するかを選択するよう指示されます。

      サイトのオプションのインポート

比較レポートの作成

比較レポートを作成するには、次の手順を実行します。

  1. [新しいレポートの作成] をクリックします。
    新しいレポートの作成
  2. 比較レポートの名前を入力して、[作成] をクリックします。
    レポート名の入力

    [変数の追加] ダイアログが開きます。

    カテゴリによる参照
    [変数の追加] ダイアログの左側にある [データ ブラウザー] セクションを使用して、変数を参照して検索し、右側の [選択した変数] セクションに追加します。

  3. 変数の選択が完了したら、[適用] をクリックします。

    比較テーブルが選択した変数で更新されます。

    更新済みテーブル
    • [変数の追加] をクリックすると、この比較レポートに変数を追加できます。
    • 各変数の横にあるオプション ボタン その他のオプション をクリックすると、削除または別の変数と置き換えることができます。
    • 変更が行われると、[保存] ボタンが有効になります。

  4. [保存] をクリックします。

    [レポートの保存] ダイアログが開きます。

    [レポートの保存] ダイアログ
    • 同じ名前でレポートを更新するには、[このレポートを上書きする] を選択します。
    • このレポートを変更せずに、変更されたレポートを新しいレポートとして保存するには、[新しい名前のレポートを保存する] を選択します。

  5. [保存] をクリックして、レポートを更新します。

    保存された比較レポートのポインターを合わせると、名前の変更、共有、および削除のオプションにアクセスできます。

    レポートの選択
    • レポートの名前を変更するには、[レポート名の変更] アイコン をクリックします。
    • レポートを削除するには、[レポートの削除] アイコン をクリックします (確認が求められます)。
    • 他のユーザーとレポートを共有するには、[レポートの共有] アイコン をクリックします。組織内のすべてのユーザーと共有することも、共有するグループを選択することもできます。
      レポート テンプレートの共有

チャートの表示

[チャート] を使用すると、サイトの視覚的な比較を表示できます。切り替えボタンを使用して、数値 (パーセント、平均、インデックス) 以外の変数が選択されると、数値の変数 (総人口など) が棒グラフとして表示されます。一方、パーセント、平均、およびインデックスの変数は、固有の縦軸を使用する折れ線グラフとして表されます。例を次のスクリーン キャプチャに示します。

チャート ビューのオプション
  • Total Housing UnitsVacant Housing Units は数値で、黒色の縦軸に沿って棒グラフとして表示されます。
  • Renter Occupied Housing Units (%) は、明るい緑色の折れ線グラフとして、同じ色の縦軸に対してプロットされます。
  • Housing (Index) は、チャートの右側で、薄い緑色の折れ線グラフとして、同じ色の縦軸に対してプロットされます。
  • Address1ベンチマーク用に作成されているため、Address1 の棒グラフ セクションの背景が灰色になります。
  • チャートのバーまたは折れ線グラフの円にポインターを合わせると、そのサイトについて関連付けられた変数の値を含むツールチップが表示されます。ベンチマーク サイトの値の差もツール チップに表示されます。
  • [チャート] ビューで [変数の追加] オプションと [サイトの追加] オプションを使用できます。チャート内の変数は、右側にあるリスト内のそのチェックボックスをオフにすると、一時的に削除できます。[チャート] ビューの比較から変数を完全に削除することはできません。完全に削除できるのは [テーブル] ビューでのみです。

ベンチマークの作成

[比較] テーブルで、サイト、区画、または統計比較の横にある その他のオプションの表示 をクリックすると、その他のオプションを表示できます。

ベンチマークの作成

[ベンチマークの作成] をクリックすると、1 列目がハイライト表示され、サイトがよく目立つようになります。これは、サイトのいずれか 1 つが他のサイトと比較する際の標準または参照ポイントである場合に役立ちます。

更新されたテーブル

各セルで上または下を指している矢印インジケーターはその値が比較ベンチマークの値よりも上か下かを示しています。

セルは、右側のカラー ランプに従って色付けされ、セル値と対応するベンチマーク値とのパーセント差の範囲に適用されます。右側のランプにある色をクリックすると、パレットの別の色に置き換えて、テーブルを動的に更新できます。[色の保存] をクリックすると、[初期設定] で色のセットをランプとして保存できます。

デフォルトでは、ここの値は回数が同じ間隔で分類されます (5 分位)。クラス閾値を変更するには、[範囲の編集] をクリックしてから、パーセント値をクリックし、変更された値を入力します。色の付いたセルをクリックして、色を変更することもできます。完了したら、[戻る] をクリックします。

範囲の編集

[チャート] をクリックすると、比較のチャート ビューに切り替わります。左のベンチマーク列のポインターを合わせると、点線によりチャート全体のベンチマーク値が示され、各列のツールチップにベンチマークの値の差が表示されます。

ベンチマーク チャートの比較

注意:

[エクスポート] をクリックして、ベンチメーク済みテーブルを Excel ファイルとしてエクスポートすると、スタイル設定は保持されません。