イメージ レイヤー、タイル キャッシュ、およびマップ イメージ レイヤー

Web で使用できる画像データおよびラスター データは、さまざまな方法で作成できます。 必要な機能に基づいて公開方法を選択します。

ダイナミック イメージ レイヤー

ダイナミック イメージ レイヤーおよびダイナミック イメージ サービスは、ArcGIS Enterprise に公開されるか、ArcGIS Image for ArcGIS Online に公開されるか、ArcGIS Pro から ArcGIS Image Server サイトに公開されます。 ダイナミック イメージ レイヤーまたはダイナミック イメージ サービスを公開者と共有する場合は、Map Viewer または Map Viewer Classic に追加して、検索したり解析したりすることができます。

タイル イメージ レイヤー

タイル イメージ レイヤーは、ArcGIS Online公開およびホストされます。 これらのイメージ レイヤーは、1 つ以上の画像ファイルから生成されたイメージ サービスです。 タイル イメージ レイヤーが複数の画像から作成された場合、画像が 1 つの画像にモザイク化されます。 ソース イメージおよびラスター ファイルは、ArcGIS Online 組織にアップロードされるときにクラウド ラスター形式 (CRF) に変換されます。 ホスト タイル イメージ レイヤーは、Map Viewer Classic で共有、検索、解析することができ、クライアント側での処理とレンダリングにより、静的画像タイルとしてアクセスされます。

ホスト タイル イメージ レイヤーを ArcGIS Online に公開するには、ArcGIS Image for ArcGIS Online ライセンスが必要です。

タイル キャッシュ

キャッシュされたレイヤーは、サーバー上で事前に生成された特定の地理範囲、投影法、および詳細レベルのイメージ タイルで構成されたコレクションです。 キャッシュされたマップ レイヤーには、キャッシュ マップ サービスキャッシュ イメージ サービスが含まれ、マップ、ラスターまたはモザイク データセット、あるいは標高データセットから生成できます。 キャッシュされたレイヤーは、事前にレンダリングされたマップの高速表示をサポートします。これは、画像がタイルの数だけ事前にレンダリングされ、レイヤーを開くたびにサーバーがレンダリング済みのタイルを配布するからです。 これらのマップ レイヤーは、データがアップロードされた後にサーバー上に作成され、保存されます。 マップ レイヤーは、マップに地理情報を付与するベースマップに適しています。

タイル キャッシュは、マップ、ラスターまたはモザイク データセット、あるいは標高データセットから生成されたタイル (画像) のセットです。 これらのタイルは、さまざまな縮尺で Web マップにすばやく表示できます。解析ツールへの入力としては使用できません。 標高データは、タイル キャッシュの生成に使用される場合、Web 標高レイヤーと見なされます。

タイル キャッシュは、Web マップには再投影されません。そのため、投影法およびタイル スキーマがベースマップのものと一致するか、タイル キャッシュがベースマップとして使用される必要があります。

マップ イメージ レイヤー

マップ イメージ レイヤーは、位置と縮尺別に整理されたレンダリング済みのマップ カートグラフィのコレクションです。 これらのレイヤーには、フィーチャと画像の両方を追加できます。レイヤーは、動的に表示することも、キャッシュ イメージ タイルとして表示することもできます。

マップ イメージ レイヤーのソースはマップ サービスなので、サービスに含まれているフィーチャ レイヤーは Web マップで識別できます。 ただし、マップ イメージ レイヤーにラスター データが含まれている場合、マップ イメージ レイヤーでピクセル値およびさまざまなバンド情報は使用することはできません。 マップ イメージ レイヤーでラスター解析を行うことはできません。 マップ イメージ レイヤー内のラスター データや画像データは、タイル キャッシュのように動作します。 マップを参照するたびに、新しいマップ イメージが生成されて表示されます。

マップ イメージ レイヤーは、Web マップには再投影されません。そのため、投影法およびタイル スキーマがベースマップのものと一致するか、マップ イメージ レイヤーがベースマップとして使用される必要があります。

機能の比較

Web で画像データを共有するための各オプションで使用できるさまざまな機能があります。

次の表は、各レイヤー オプションで使用可能な機能を示しています。

機能ダイナミック イメージ レイヤータイル イメージ レイヤータイル キャッシュ レイヤーマップ イメージ レイヤー

レイヤーを Web マップまたは ArcGIS Pro プロジェクトに追加可能

YesYesYesYes

レイヤーを ArcMap に追加可能

YesYesYes

シンボルを Web マップで変更可能

YesYes

レイヤーをラスター解析ツールへの入力として使用可能

YesYes

レイヤーをディープ ラーニング推論ツールへの入力として使用可能

YesYesYes

個別属性またはポップアップを使用してピクセル値を取得可能

YesYes

マルチバンド画像をサポート (バンド情報およびピクセル値にアクセス可能)

YesYes

多次元データをサポート

YesYes