Skip To Content

CityEngine Web ビューアーについて

機能

CityEngine Web ビューアーを使用すると、3D の都市シーンやその他の 3D シーンに対して、次の操作をブラウザーで対話的に実行できます。

  • 移動、拡大、視野の変更によって、シーンを操作します。
  • 特定のレイヤーを選択して表示します。
  • シーンをスワイプして、別の提案やシナリオを表示します。
  • フィーチャ、属性、メタデータなどでシーンのコンテンツを検索します。

3D シーンを対話的に操作する方法については、「CityEngine Web ビューアーの使用」をご参照ください。また、各ビューアーの目的と機能については、「Scene ViewerCityEngine Web ビューアーの違い」をご参照ください。

ブラウザーの要件

CityEngine Web ビューアーを使用するには、デスクトップ Web ブラウザーが、3D グラフィックスを描画するための Web の技術標準である WebGL をサポートしている必要があります。一般的なデスクトップ ブラウザーの最新バージョンには、WebGL が組み込まれています。お使いのブラウザーで WebGL が有効になっているかテストするには、get.webgl.org をご参照ください。WebGL 関連の問題のトラブルシューティングについては、「WebGL のトラブルシューティング」をご参照ください。WebGL は進化を続けるテクノロジであり、各ブラウザー バージョンには CityEngine Web ビューアーが最適なパフォーマンスを発揮する改良点が含まれるため、ブラウザーが常に最新の状態であることを確認してください。CityEngine 現在、Web ビューアーはモバイル デバイスではサポートされていません。

CityEngine Web ビューアーは、次の Web ブラウザーをサポートします。

  • Chrome
  • Firefox
  • Internet Explorer 11*
  • Edge*
  • Safari 9 以降

*このブラウザーでの WebGL の実装はメモリ使用量の多いアプリケーション向けに最適化されていないため、特定のシーンを開いた場合に信頼性の低い動作になることがあります。

Internet Explorer 11

Internet Explorer 11 (IE 11) を使用している場合は、ブラウザーを最新バージョンに更新する必要があります。CityEngine Web ビューアーは WebGL 0.94 を含む IE 11 でしかサポートされていません。それより前の WebGL は古いバージョンであるため、使用できないことがあります。WebGL のバージョンは、www.webglreport.com でご確認ください。

備考:

IE 11 で CityEngine Web ビューアーを使用する場合、既知のメモリの問題があります。パフォーマンス上の問題が発生した場合は、ブラウザーを閉じ、再び開いてください。ページを再読み込みして新しいタブを開いても、メモリは消去されません。ブラウザーを閉じ、再び開く必要があります。

ハードウェア要件

お使いのコンピューターが、最低 2 GB のシステム メモリと、WebGL をサポートしているビデオ グラフィックス カードを搭載している必要があります。システム メモリを 4 GB 以上搭載することをお勧めします。

最低 512 MB のビデオ メモリを搭載した、モバイル用でないグラフィックス カードを使用している必要があります。最適なパフォーマンスを得るには、1 GB 以上のビデオ メモリを搭載したグラフィックス カードを使用することをお勧めします (特に、大きなシーンやメモリの消費量が多いシーンを操作する場合)。モバイル用でないグラフィックス カードは通常、モバイル用のグラフィックス カード (m やモバイルと表記されています) より高いパフォーマンスを発揮します。WebGL の要件の詳細については、「WebGL のトラブルシューティング」をご参照ください。

グラフィックス カード

  • グラフィックス カードは、OpenGL 3.0 (Shader Model 4.0) をサポートしている必要があります。
  • AMD/ATI: Radeon 3xxx 以上
  • NVIDIA: GeForce 8xxx 以上、または GeForce 2xx 以上
  • NVIDIA: OpenGL 3.0 以上をサポートする Quadro
  • Intel: HD 3000 以上
備考:

一部のシステムでは、統合されたグラフィックス カードおよび専用グラフィックス カードを自動的に切り替えて、3D グラフィックスをレンダリングすることができます。CityEngine Web ビューアーは、専用のグラフィックス カードを使用した場合に最高の性能を発揮します。そのため、グラフィックス カードのドライバー設定で、Web ブラウザーのアプリケーションごとの設定が専用のグラフィックス カードに設定されていることを確認してください。設定されていない場合は、一部のポイントのシンボルやラベルが正しく表示されない可能性があります。

CityEngine Web ビューアー用の Web シーンの作成

Web シーンは、Esri CityEngine または [3D Web シーンにエクスポート (Export To 3D Web Scene)] ジオプロセシング ツールを使用して作成できます。

  • Esri CityEngine は、既存の GIS データを使用して 3D の都市景観を効率的に作成したり、概念的なジオデザインを 3D で実行したりできるソフトウェア パッケージです。景観を作成したら、3D シーンを ArcGIS Online に直接アップロードできます。その後、ArcGIS システムを使用して、それらのビジュアライゼーションを他のユーザーと共有できます。新しい CityEngine Web ビューアーを使用することで、ソフトウェアをインストールしなくても Web ブラウザーで表示できます。
  • [3D Web シーンにエクスポート (Export To 3D Web Scene)] によって、ArcScene ドキュメントが CityEngine Web シーンの形式 (ArcGIS 10.2 以降で利用可能) にエクスポートされます。

Esri CityEngine の詳細

Esri CityEngine とその機能の詳細については、Esri CityEngine Web サイトをご参照ください。CityEngine コミュニティでも、CityEngine に関する追加情報を入手できます。コミュニティでは、CityEngineCityEngine Web ビューアーに関連するサンプル、ブログ、フォーラムのスレッド、ビデオ、および文書を利用できます。