アイテムの詳細

ArcGIS Online には、アイテムごとにアイテム ページがあります。このページでは、さまざまな情報、アクション、オプション、および設定が、[概要][データ][ビジュアライゼーション][ステータス][設定] の各タブに整理されています。 使用可能なタブ、およびタブに表示されるオプションと情報は、アイテム タイプ、ユーザーの権限、およびユーザーがアイテムの所有者、管理者であるかによって決まります。

アイテム ページでは、さまざまな方法でアイテムを詳しく調べることができます。 たとえば、関連するレコードと添付ファイルが統合されている対話形式の属性テーブルを使用すると、属性データを調べたり、フィールド値、統計情報のサマリー、設定など、フィールドのすべての要素を一緒に表示したりできます。 コンテンツの作成者と管理者は、サイトの他の場所に移動せずに、アイテムの設定を変更することができます。 たとえば、[概要] タブでシーンからアプリを構成したり、[設定] タブで直接アプリ設定を編集したりできます。 フィーチャ レイヤーのスタイルやポップアップ、その他のレイヤー プロパティは、マップ ビューアーでレイヤーを開かずに [ビジュアライゼーション] タブで構成できます。

アイテム ページにアクセスするには、アイテムのサムネイルの下にある [詳細] をクリックするか、またはギャラリーから、サムネイルの上にポインターを合わせて [詳細] をクリックします。 ユーザーがアイテムを所有している場合は、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブからアイテム ページにアクセスできます。

フィーチャ レイヤー内の個々のレイヤーには、独自の詳細ページがあります。 これらのページには、サブレイヤーのみに関連し、影響を与える情報と機能が含まれています。 サブレイヤーの詳細にアクセスするには、フィーチャ レイヤーの詳細ページを開き、[概要] タブの [レイヤー] リストでサブレイヤーをクリックします。 フィーチャ レイヤーの詳細に戻るには、詳細ページ上部のバナーでレイヤー名をクリックします。

サブレイヤーの詳細ページから、次の操作を行うことができます。

  • レイヤー名を変更します。 レイヤーの詳細ページのバナーにあるレイヤー名の横の [編集] ボタンをクリックして、新しい名前を入力します。
  • 個々のレイヤーに固有のサマリーの追加。
  • 個々のレイヤーに固有の説明の追加。
  • レイヤーの属性情報の指定。 各レイヤーでソースや関連元が異なることもよくあります。 各レイヤーのデータを作成したユーザーや機関の著作権を表示できます。
  • サブレイヤーの URL をコピーして、別のアプリで個々のレイヤーを参照できるようにする。
  • Map Viewer または Map Viewer Classicレイヤーを開きます
  • レイヤーのメタデータの追加と編集。
  • レイヤーの属性データの操作。
  • レイヤーの視覚化

次の機能は、ホスト フィーチャ レイヤー内のレイヤーにのみ利用できます。 特に指示のない限り、これらのアクションを実行するには、レイヤーの所有者または管理者である必要があります。

次の機能は、ホスト イメージ レイヤーにのみ利用できます。 特に指示のない限り、これらのアクションを実行するには、レイヤーの所有者または管理者である必要があります。

  • ダイナミック イメージ レイヤーからのホスト タイル イメージ レイヤーの公開。 反対に、タイル イメージ レイヤーのアイテム ページからダイナミック イメージ レイヤーを公開できます。
  • タイル イメージ レイヤーからのタイル パッケージのエクスポート。 現時点でタイル パッケージをエクスポートできるのは、レイヤー所有者のみです。
  • ホスト イメージ レイヤーの管理

概要情報の表示および編集

[概要] タブには、説明タグ、データ ソース情報、作成日、サイズ、共有ステータス、アイテムが「信頼済み」または「非推奨」のいずれに指定されているかなど、アイテムに関する概要情報が表示されます。 また、アイテムの所有者および管理者がより詳細なアイテム情報を提供するのに役立つステータス バーと対話型チェックリストも含まれます。 [概要] タブにある情報のほとんどは、アイテムの所有者、管理者、および適切な権限を持つ他のユーザーが編集できます。 それ以外のユーザーは、アイテムを使用する前にそのアイテムについて理解を深めるために概要情報を利用できます。

また、[概要] タブには、開くお気に入りに追加アイテムの分類アイテムの共有メタデータの編集評価とコメントの追加のためのオプションも含まれます。 アイテム ページのタイプによっては、追加のオプションが表示されます。たとえば、テンプレートのアイテム ページからアプリを公開したり、カンマ区切り値 (CSV) ファイルなどのファイルを更新またはダウンロードしたり、Web マップまたは Web シーンからアプリを作成したり、エクスポートに対応したホスト フィーチャ レイヤーからデータをエクスポートしたりできます。 適切な権限を持っている場合は、マップやデータをホスト Web レイヤーとして公開できます。 また、管理者および適切な権限を持っているユーザーは、所属する組織サイトのアイテムの所有者を変更することもできます。

アイテムを開く

デフォルトでは、アイテムは最も適したアプリで開きます。 たとえば、マップは Map Viewer または Map Viewer Classic で、シーンは Scene Viewer で、レイヤー パッケージは ArcGIS Pro で開きます。 その他のオプションが使用できる場合もあります。 たとえば、Map Viewer の代わりに、マップを ArcGIS Pro で開くよう選択できます。 アイテムによっては、ダウンロードのみが可能なものや、開くこともダウンロードすることもできないものがあります。 アイテム ページの [概要] タブの右側に表示されるアクション ボタンはアイテム タイプによって異なります。 開くためやダウンロードするためなどに最も適切なオプションは、最初のアクション ボタンとして表示されます。

Map Viewer または Map Viewer Classic のみでフィーチャ レイヤーのサブレイヤーを開くことができます。

サポートされているアイテム タイプの包括的なリストについては、「ArcGIS Online」をご参照ください。

Title

タイトルは、ユーザーがアイテムにアクセスするときに表示され、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブに表示される名前です。 タイトルは、アイテムの内容を表す必要があります。

サマリー

この簡単な説明は、ユーザーが Web サイトでコンテンツを検索したときに結果リストで返されます。 説明は 2,048 文字に制限されています。 このとき、マルチレイヤー フィーチャ レイヤー内のレイヤーのサマリー コンテンツは検索結果に含まれません。

Description

このアイテムの詳細な説明は、ユーザーがアイテム ページを開いたときに表示されます。フィーチャ レイヤー内のレイヤーの詳細を開くと、そのレイヤー固有の説明が表示されます。

サムネイル画像

サムネイル画像は、アイテムをサイトに追加するとき、デフォルトで作成されます。 これは、ギャラリー、検索結果、コンテンツ、およびアイテム ページに表示されます。 デフォルトの画像に必要な情報が含まれていない場合は、別の画像を作成および読み込むことができます。 [サムネイルの編集] をクリックして、アイテムのカスタム サムネイルを使用します。

画像をドラッグするか、ファイルを参照することができます。 最適な結果を得るには、幅が 600 ピクセル、高さが 400 ピクセル以上、縦横比が 3:2 の Web ファイル画像形式の画像 (PNG、JPEG、GIF など) を追加します。 PNG が最も鮮明な画像を得られます。 サムネイルに表示したい内容になるまで画面移動および拡大します。 画像ファイルのサイズと解像度、およびサムネイルのカスタマイズの際の拡大率によっては、画像が、保存されるときにリサンプリングされ、サイズ変更される場合があります。 GIF または JPEG 形式の画像を追加すると、画像は、保存されるときに PNG に変換されます。

一部のタイプのアイテムでは、画像をアップロードする代わりに、ベースマップを選択し、マップ範囲とズーム レベルを設定して、カスタム サムネイルを作成することができます。 このオプションを使用する場合は、[マップからのサムネイルの作成] をクリックします。

利用規約

このセクションでは、アイテムの使用方法と利用者に関する情報を提供します。 たとえばマップ レイヤーの場合、レイヤーを含むすべてのスクリーン キャプチャに著作権情報を表示することを求める使用制約がある場合があります。

メタデータ

組織でメタデータが有効化されている場合は、アイテム ページの [概要] タブに [メタデータ] ボタンが表示されます。 最初は、アイテム所有者と管理者のみがボタンにアクセスできます。 所有者または管理者が [メタデータ] ボタンを使用して組み込みエディターにアクセスし、規格準拠のメタデータを追加すると、アイテムにアクセスできるユーザーも [メタデータ] ボタンにアクセスできるようになります。このボタンを使用して、組織で構成されているメタデータ スタイルでメタデータを表示できます。

フィーチャ レイヤー内の個々のレイヤーの詳細ページにある [概要] タブにも [メタデータ] ボタンが表示されます。 レイヤーの詳細ページからアクセスすると、ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または管理者は、個々のレイヤーのメタデータを追加または編集することができます。 それ以外の種別のユーザーは、ボタンを使用して、組織が構成したメタデータ スタイルで、個々のレイヤーのメタデータを表示できます。 同様に、テーブルがメタデータを使用して公開された場合、テーブルの詳細ページに [メタデータ] ボタンが表示されます。

組織がメタデータを無効にしている場合、メタデータはアイテムとレイヤーの一部のままですが、ArcGIS Online でメタデータを編集できなくなります。

アイテム情報

詳細なアイテム情報を提供することで、自分のアイテムを他のユーザーが検索、理解、使用するのをサポートすることができます。 [アイテム情報] セクションでは、アイテムの所有者および管理者が、欠落しているか、不完全であるアイテム情報を確認して、タグやサマリーの追加など、アイテム情報の改善のためのヒントを示すことができます。 [最初の改善] のヒントをクリックすると、最大の効果が得られるセクションに直接移動できます。または、[詳細] をクリックすると、推奨される改善についての詳細な対話型チェックリストを検討することができます。 利用規約を追加したり、説明を追加したりするなどの改善を実施すると、更新したセクションがチェックリスト内に記録され、進捗状況が反映されるようにステータス バーが変化します。

イメージ プロパティ

アイテムがホスト イメージ レイヤーの場合は、アイテム ページに詳細およびイメージ プロパティがリストされます。 詳細には、イメージ レイヤーのサイズと画像数が含まれます。 イメージ プロパティには、ソース タイプ、ピクセル タイプ、バンド数、セル サイズなどがあります。

所有者の変更

組織サイトの管理者または適切な権限を持つユーザーは、組織サイトでアイテムの所有者を変更することができます。

フォルダーの場所

フォルダーを利用すると、アイテムを整理し、見つけやすくすることができます。 また、アイテムをフォルダーに整理することで、関連するアイテムを識別しやすくなります。 たとえば、依存するアイテムを格納するためのフォルダーを作成できます。 ソース ファイルおよびソース ファイルから作成したレイヤー、それらのレイヤーを含んでいる Web マップおよびシーンのセット、それらの Web マップを含んでいる作成したアプリなどのアイテムを、同じフォルダー内に配置できます。 そうすると、そのフォルダー内のすべてのアイテムが関連しており、相互に依存しているということがわかります。 特定のプロジェクトで作成したアイテムを格納するためのフォルダーを作成し、関連するアイテムを各プロジェクト フォルダーに移動することもできます。

将来の計画を立てる場合、[マイ コンテンツ][新しいフォルダーの作成] ボタンをクリックして、必要なフォルダーを作成できます。 その後、アイテムを追加したり、レイヤーを公開したり、マップまたはアプリを作成するときに、対応するフォルダーを選択してアイテムを格納することができます。

ただし、アイテムを作成する前に、必要なすべてのフォルダーを作成できないことがあります。 代わりに、所有しているアイテムをあるフォルダーから別のフォルダーに移動できます。 1 つのアイテムをアイテム ページの [概要] タブから新しいフォルダーに移動したり、複数のアイテムをコンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから同じフォルダーに移動したりできます。 アイテムを移動するとき、既存のフォルダーを選択するか、新しいフォルダーを作成できます。

所有する 1 つまたは複数のアイテムを別のフォルダーに移動するには、次の手順を実行します。

  1. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブで、新しいフォルダーに移動する各アイテムの横にあるチェックボックスをオンにして、[移動] をクリックします。
  2. [アイテムの移動] ウィンドウで、アイテム用のフォルダーを作成する必要がある場合は、[新しいフォルダーの作成] をクリックし、フォルダーの名前を入力して Enter キーを押します。 新しいフォルダーがフォルダー リストに追加されます。
  3. リストからフォルダーを選択し、[保存] をクリックします。

    選択したフォルダーにアイテムが移動されます。

カテゴリ

カテゴリを使用すると、他のユーザーが組織内のコンテンツを見つけやすくなります。 組織がカテゴリを構成している場合、最大 20 のカテゴリをアイテムに割り当てることができます。 組織のコンテンツを更新する権限を持っている場合、組織の他のメンバーが所有するアイテムを分類することもできます。 アイテムのカテゴリを作成または編集するには、[カテゴリ] の横にある [編集] をクリックして、割り当てるカテゴリを選択します。 また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリを絞り込むこともできます。 完了したら [保存] をクリックします。

Tags

タグは、ユーザーが検索を開始したときにアイテムを見つけるのに役立ちます。 ユーザーがアイテムを検索するときに使用すると思われるキーワードに対応したタグを指定しましょう。 組織メンバー、組織外のメンバー、および一般ユーザーは、アイテムの検索または参照時にこれらのタグを使用して、コンテンツをフィルタリングすることもできます。 グループ メンバーは、[タグ] フィルターを使用して、メンバー自身が属するグループと共有されているアイテムを探すことができます。

著作権 (帰属)

アイテムには、さまざまな機関や個人から提供されたデータが含まれている場合があります。 これは、データ提供者の著作権を表示する場所です。

レイヤー アイテムに帰属を設定してそのレイヤー アイテムを Map Viewer に追加すると、その帰属がマップの下部に表示されます。

フィーチャ レイヤー アイテムのレイヤーごとに別個の帰属を設定できます。 帰属がサブレイヤーのみに設定され、フィーチャ レイヤー アイテムには設定されていない場合、レイヤーをマップに追加すると、Map Viewer にはサブレイヤーの帰属が表示されます。

URL

アプリ、ArcGIS Server レイヤー、またはホスト レイヤーの URL をコピーして貼り付けて、別の場所で使用することができます。 たとえば、開発者は、自分が構築するアプリにホスト Web レイヤーの URL を組み込むことができます。

画像アイテムがすべてのユーザー (パブリック) と共有されている場合は、[URL] フィールドを使用して、画像をポップアップに含めることもできます。

評価とコメントの追加

各アイテム ページには、評価が含まれています。 評価は 5 つ星による加重平均に基づいています。1 つ星は「不十分な」アイテムを示し、5 つ星は「素晴らしい」アイテムを示します。 評価の値は、アイテムが受け取った評価数と評価の平均を考慮した加重平均を提供します。 たとえば、4 つ星の評価を 2 つ持つアイテムは、4 つ星の評価を 1 つ持つアイテムより高く評価されます。 アイテムを評価するには、サイン インする必要があります。評価できるのは、所有していないアイテムだけです。 アイテムごとに追加できる評価は 1 つだけです。 評価は変更できますが、評価の数は変わりません。 アイテムの評価を行うには、[概要] タブの右側にある [詳細] 領域で該当する星印をクリックします。

アイテム ページには、組織が有効にしていれば、コメントのセクションも含まれます。 コメントは [概要] タブの下部に表示され、アイテムの所有者やサイン インしている他のユーザーが追加できます。 コメントは、公開後に削除できますが、編集することはできません。 サイン インしているユーザーはコメントに返信することもできます。 アイテムの所有者は、新しいコメントについての電子メール通知を受信します。また、自分が所有するアイテムの公開されたコメントを削除できます。 コメントは、新しい順 ([新規]) に並べ替えるか、最新の返信 ([最新の返信]) によって並べ替えることができます。 すべての人 (パブリック) と共有するアイテムのコメントの RSS フィードに登録できます。 組織だけで共有するアイテム (プライベートなアイテム) のコメントを登録することはできません。

お気に入りに追加

追加したアイテム、検索結果に表示されるアイテム、ギャラリー ページ、ArcGIS Living Atlas Web サイト、他の ArcGIS アプリのアイテムから、お気に入りのリストを作成することができます。 リストは、コンテンツ ページの [お気に入り] タブから表示されます。また、レイヤーを検索してマップに追加するときにも表示されます。

アイテムをお気に入りにするには、[概要] タブのアイテムのサムネイルの下にある [お気に入りに追加] をクリックします。

リストからお気に入りのアイテムを削除するには、アイテムのサムネイルの下にある [お気に入りから削除] をクリックします。

アイテムの共有

ユーザーの権限に応じて、アイテム ページの [共有] ボタンから直接アイテムを共有できます。

Facebook または Twitter を介したアイテム ページの共有

組織外での共有が組織によって許可されていて、パブリックで共有する権限を持っている場合、アイテム ページには、[Facebook] および [Twitter] ボタンが表示されます。 これらのボタンを使用すると、FacebookTwitter のアカウントを介してアイテム ページを共有できます。 他のユーザーが所有するアイテムを含む、Web サイト内のすべてのアイテムに関するアイテム ページを共有できます。 すべての人と共有されていることがわかっているアイテムについてのみ、ページを共有することをお勧めします。そうでない場合、ユーザーによってはリンクにアクセスできないことがあります。 アイテム ページの Facebook ボタンおよび Twitter ボタンを使用した場合、アイテムではなく、アイテム ページを共有することになります。 (アイテム ページではなく) マップを共有するには、マップ上の [共有] ボタンを使用してください。

短縮 URL を使用したアイテム ページの共有

アイテム ページへのリンクを提供して、他のユーザーとページを共有するには、[詳細] セクションの [短縮 URL] ボタン 短縮 URL を使用します。 [短縮 URL] ボタンをクリックすると、アイテム ページの短縮 URL が生成されるので、その URL をコピーして、電子メールやテキスト メッセージ、その他の通知に貼り付けることができます。 他のユーザーが所有するアイテムを含む、Web サイト内のすべてのアイテムについて、アイテム ページの短縮 URL を共有できます。 ただし、短縮 URL を共有する前に、そのアイテムがリンクの受信者と共有されていることを確認してください。そうしないと、ユーザーによっては、その URL にアクセスできない場合があります。 たとえば、組織サイト内外の個人に短縮 URL を提供する場合に、アイテムが組織のみで共有されていれば、組織サイト外の個人はそのアイテムにアクセスできません。

更新

コンピューター上の更新ファイルと置き換えるには、[更新] を使用します。 これらのファイル名は一致している必要があります。 アイテムを更新した場合、ダウンロード回数は維持されます。 ホスト フィーチャ レイヤーを更新するには、[上書き] を使用します。

属性データの操作

[データ] タブのテーブルで、フィーチャ レイヤーの属性テーブルとデータを操作できます。 次のいずれかのオプションを使用して、[データ] タブで属性テーブルを表示できます。

  • [テーブル] - このオプションを使用して属性テーブルを表示すると、テーブル内のすべてのフィールド (列) と行、関連テーブル内のフィールドと行、およびすべての属性データが表示されます。 このテーブルの表示は、テーブルに格納された属性データを表示、並べ替え、編集または削除するとき、または関連する写真にあっその他のファイルなど、付属物を追加および表示するときに最適です。 レイヤー所有者、組織の管理者、データ管理者、および共有更新グループのメンバーが属性データを編集または削除できます。

    さらに、各フィールドに関する詳細を確認することもできます。たとえば、フィールドが必須かどうかを調べたり、デフォルト値を確認したりできます。フィールドの列見出しをクリックして、[詳細なビューを表示] をクリックします。 テーブルのサイズが縮小され、選択したフィールドの対象を絞ったビューが表示されます。このビューには、[サマリー] セクション、必須フィールドやデフォルト値などのフィールド属性ルールを含む [設定] セクション、フィールド名やフィールド タイプなどの情報を含む [詳細] セクションがあります。 各セクションに表示される情報は、フィールド タイプとユーザーの権限によって決まります。 たとえば、[サマリー] セクションには、数値フィールドの場合、ヒストグラムが表示され、テキスト フィールドの場合、上位 10 個の個別値と関連する数情報が表示されます。

    テーブルの全体ビューに戻らずに、別のフィールドを選択して調べるには、左側の [オプション] ボタン オプションをクリックして、別のフィールドを選択します。 フィールドに関する詳細情報の表示を終えたら、[閉じる] ボタンをクリックしてテーブルの全体ビューに戻ることができます。

  • [フィールド] - このテーブルの表示は、属性テーブルのスキーマを表示または操作する必要があるレイヤー所有者または組織の管理者に役立ちます。

    [フィールド] ページからテーブルを表示すると、属性テーブル内のすべてのフィールド (非表示フィールドを含む) と関連テーブルのフィールドのリストが表示されます。 特定のデータタイプにフィルターを設定し、[並べ替え] ボタンをクリックして、[フィールド] ページでフィールドのリスト順を変更できます。 特定のフィールドに関する詳細情報を表示するには、フィールドの [表示名] 設定をクリックします。

    レイヤー所有者または組織管理者は、[フィールド] ページのホスト フィーチャ レイヤーで、レイヤーへのフィールドの追加やレイヤーからのフィールドの削除を実行できます。 所有者や管理者は、フィールドの表示名を構成することもできます。 デフォルトでは、表示名はフィールド名と同じですが、レイヤー所有者または管理者は、表示名を変更して、属性テーブルを表示する所有者や管理者に読みやすく理解しやすいフィールド名にすることができます。 たとえば、フィールドが AVG_POP という名前の場合、表示名を Average Population に変更することができます。

    レイヤー所有者または管理者は、各フィールドの説明を提供し、フィールドに格納されているデータのタイプを明記することもできます。 組織の他のメンバーは、レイヤーを使用する前に、[データ] でこの情報を確認することができます。 これにより、メンバーはマップ内でフィールドを表現する方法とレイヤー内の属性を編集する際に必要な情報を確認できます。

注意:

フィーチャ レイヤーに複数のレイヤーが含まれている場合は、最初に [レイヤー] ドロップダウン メニューからレイヤーを選択して、個々のレイヤーの属性とフィールドを操作することができます。 個々のサブレイヤーの詳細ページの [データ] タブをクリックした場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューは利用できません。 サブレイヤーの [データ] タブで加えたすべての変更はそのサブレイヤーにのみ適用され、サブレイヤー間で切り替えることはできません。

レイヤーのビジュアライゼーション

[ビジュアライゼーション] タブでは、マップ ビューアーでレイヤーを開くことなく、フィーチャ レイヤーのデフォルトのプロパティを変更することができます。 レイヤーのスタイルの変更、フィルターの適用、ポップアップの構成、レイヤー内でのフィーチャのラベル付けを行えます。 また、凡例でのレイヤーの非表示や更新間隔の変更も行うことができます。 Map ViewerMap Viewer Classic と同様に、[ビジュアライゼーション] タブは、レイヤーを探索し、ベースマップ ギャラリーにアクセスするためのツール、住所または場所を検索するための検索ボックスを備えています。

注意:

[ビジュアライゼーション] タブは両方のマップ ビューアーをサポートしています。 フィーチャ レイヤーが構成されて Map Viewer に保存されている場合、Map Viewer を使用してそのレイヤーが [ビジュアライゼーション] タブに表示されます。 そうでない場合、[ビジュアライゼーション] では組織のプライマリ マップ ビューアーまたはユーザーのプロフィールで設定されているプライマリ マップ ビューアーが使用されます。

アイテムを所有している場合は、レイヤーに対して行った変更を保存できます。 アイテムの所有者であると同時に、コンテンツを作成する権限を持っているユーザーは、レイヤーのコピーを [マイ コンテンツ] に新しいアイテムとして保存することもできます。

[ビジュアライゼーション] タブで設定可能なプロパティの一部を以下に示します。

注意:

フィーチャ レイヤーに複数のレイヤーが含まれている場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューを使用してサブレイヤーを選択します。 サブレイヤーの詳細ページの [ビジュアライゼーション] タブをクリックした場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューは利用できません。加えたすべての変更は自動的にサブレイヤーに適用されます。

使用量の監視

アイテムの所有者および管理者向けに、[ステータス] タブでは、アイテムの注目度を判断するのに役立つ、アイテムのステータスの詳細が示されます。 ステータスの詳細には、指定した一定期間 (最長で 1 年まで) そのアイテムが使用された回数が表示されます。 アイテム タイプに応じて、ステータスの詳細に、ビューリクエスト、またはダウンロードの回数と、1 日あたりのビュー、リクエスト、またはダウンロードの平均回数が含まれます。

注意:

ArcGIS Online は、使用状況データを過去 2 年分のみ保存します。

ヒント:

管理者は組織サイトの [ステータス] タブにあるその他の使用量情報にアクセスできます。

ビュー

ビュー数は、そのアイテムが表示されたか、または開かれた回数を示します。 これにより、アイテムの所有者や管理者は、そのアイテムへのアクセスの頻度を把握することができます。 ビュー数は、次のようなさまざまな種類のアイテムについて提供されます。

  • マップ
  • シーン
  • ArcGIS Server Web レイヤー
  • アプリ
  • ツール
  • KML ファイル

マップ、シーン、ArcGIS Server レイヤー、および Web アプリの場合、アイテム ページを開くか、Map Viewer または Scene Viewer でアイテムを開くと、ビュー数が 1 増加します。 たとえば、マップ イメージ レイヤーのアイテム ページを開いて、[Map Viewer で開く] をクリックした場合、ビュー数は 2 増えます。 これら以外のアイテム (モバイル アプリ、KML など) の場合は、アイテムを開いたときにビュー数が 1 ずつ増加し、アイテム ページを開いてもビュー数は増加しません。

注意:
  • アイテム ページの [概要] タブに表示されるビュー数は、そのアイテムが作成されてからの累積ビュー数を表します。 [使用量] タブに表示されるビュー数は、選択されている期間内のビュー数です。
  • 検索結果に表示されるビューの回数は、アイテム ページにリストされる回数より少ない場合があります。 アイテム ページの回数の方がより正確です。

リクエスト

ホスト Web レイヤー (フィーチャ、画像、タイル、シーン) の場合は、ビューではなくリクエストの数が [使用量] タブに示されます。 リクエスト数は、ホスト Web レイヤー内のデータに対して行われたリクエストの回数を示します。 これにより、アイテムの所有者や管理者は、そのレイヤーの使用頻度を把握することができます。 たとえば、いずれかのユーザーが、ホスト フィーチャ レイヤーが格納されているアプリを開くとします。 このアプリを開く操作は 1 回のビューとしてカウントされますが、ホスト レイヤー内のすべてのフィーチャを描画するには、複数回のリクエストが必要になることがあり、リクエストも個別にカウントされることになります。

ダウンロード

CSV や SHP など、ダウンロード可能なファイル アイテム タイプの場合は、ダウンロードの回数が表示されます。 登録済みアプリの場合は、[ステータス] タブに、ユーザーがアプリにサイン インした回数も表示されます。組織のサブスクリプションを通して指定ユーザー コンテンツへのアクセスを許可するアプリには、クレジットによる使用量が表示されます。 クレジット使用量レポート期間の時間範囲を変更することができます。

設定の編集

ユーザーの権限とアイテム タイプに応じて、[設定] タブでアイテムの設定を構成することで、アプリへのコードの添付範囲の変更ArcGIS Marketplace リストの作成、他のユーザーがこのアイテムのコピーを保存することの許可などを可能にすることができます。 ホスト フィーチャ レイヤーには、レイヤーを編集およびエクスポートできるユーザーに関する追加設定があります。 ホスト ダイナミック イメージ レイヤーには、デフォルトの表示および圧縮に関する追加設定があります。 [設定] タブはまた、アイテムの所有者が自分のアイテムを削除できる場所でもあります。 ロケーター ビューの設定も [設定] タブで構成できます。

全般設定

次の一般設定を構成できます。

コンテンツ ステータス

信頼済みまたは非推奨のいずれかに、アイテムを指定できます。 信頼済みまたは非推奨にアイテムを指定すると、他のユーザーは、信頼済みアイテムを簡単に見つけることができる一方で、最新の状態ではないアイテムの使用を避けることができます。

組織の管理者およびコンテンツを更新する管理者権限を持つユーザーは、[信頼済みとしてマーク] ボタンを使用して、アイテムが信頼済みであることを指定できます。 信頼済みとして指定されたアイテムは、[概要] タブで [信頼済み] バッジで識別されます。 組織が確認済みの場合、すべてのユーザー (パブリック) と共有され信頼済みとしてマークされたアイテムは、[概要] タブで組織名がアイテムの所有者として表示されます。

組織のメンバーは、組織内のコンテンツを参照または検索する際、[ステータス] フィルターを使用することで、信頼済みとしてマークされたコンテンツを探すことができます。 確認済み組織が信頼できるコンテンツをすべてのユーザーと共有すると、組織以外のユーザーも [ステータス] フィルターを使用できます。 信頼できるコンテンツは検索結果で強調されています。ユーザーは、Map Viewer または Map Viewer Classicレイヤーをマップに追加するときに、信頼済みとしてマークされたレイヤーに検索を制限することができます。

アイテムの所有者または管理者である場合や、コンテンツを更新する管理者権限を持っている場合は、[非推奨としてマーク] ボタンを使用して、アイテムを非推奨として指定できます。 非推奨としてマークされたアイテムは、[非推奨] バッジですべてのユーザーに識別されます。 組織のメンバーは、組織内のコンテンツを参照または検索する際、[ステータス] フィルターを使用することで、非推奨としてマークされたコンテンツを探すことができます。

削除の防止

ギャラリーの注目のマップとして使用されているレイヤーなどのアイテムが誤って削除されることがないようにする場合、このオプションをオンにします。

アイテムの削除

アイテムをサイトから削除するには、[削除] をクリックします。 注目のマップ内のレイヤーなど、組織サイトの注目のコンテンツの一部であるアイテムが誤って削除されないようにするには、アイテムの設定として削除の防止を有効化できます。

範囲

範囲は、アイテムに指定する地理的境界線です。 場所によるアイテムの検索を可能にするために範囲を設定できます。 マップおよびレイヤー アイテムでは、範囲設定により、アイテムが開いたときにデフォルトで表示される位置が決定されます。

注意:

範囲の設定は動的ではありません。 アイテムの地理的境界が変化した場合、それに合わせて範囲を更新することをお勧めします。

所有または管理するアイテムの範囲を設定または変更するには、次を実行します。

  1. [範囲の設定] (初めてアイテムの範囲を設定する場合) または [範囲の編集] (アイテムの範囲を変更する場合) をクリックします。
  2. [範囲の設定] ウィンドウで、次のいずれかを実行して、アイテムの範囲を定義します。
    注意:

    ズーム ボタンを使用して、範囲に移動することができます。

    • 組織で指定されたデフォルトの範囲に基づいて範囲を作成するには、[組織の範囲] をクリックします。
    • 組織で指定された地域に基づいて範囲を作成するには、[組織の地域] をクリックします。
    • データ ソース内に定義された範囲に基づいて範囲を作成するには (ホスト フィーチャ レイヤー アイテムおよび ArcGIS Server フィーチャ レイヤー アイテムの場合のみ)、[レイヤー内の現在のフィーチャ] をクリックします。
    • 場所または住所に移動するには、検索ボックスにキーワードを入力します。 キーワードとして、住所、道路の交差点、場所、対象地点、緯度と経度の座標などを入力できます。 範囲の中心に指定する場所または住所が表示されます。
    • 範囲を表す形状を描画するには、[描画ツール] をクリックして、マップ上にボックスをドラッグします。
    • 範囲境界の座標値 (度 (10 進)) を指定して範囲を作成するには、[座標] をクリックし、[上][下][左][右] の各テキスト ボックスに座標を入力します。
  3. 範囲を変更するには、範囲ボックスの頂点のいずれかをドラッグするか、ボックス内をクリックして新しい位置にドラッグします。
  4. [保存] をクリックします。

Marketplace

適切な権限を持っているユーザーは、プライベート アイテムの ArcGIS Marketplace リストを作成することができます。

Web マップの設定

Web マップには次の設定を使用できます。

オフライン

マップがオフライン使用をサポートしている場合 (つまり、マップが保存されたときにマップ内のすべてのレイヤーでオフラインでの使用が有効化された場合)、デフォルトで [オフライン モードの有効化] 切り替えボタンがオンになった状態で [オフライン] セクションが、[設定] タブに表示されます。 オフライン モードが有効化されている場合、[高度な設定] をクリックして、デフォルトの高度なオフライン オプションを変更できます。 マップのオフライン使用を無効にするには、[オフライン モードの有効化] 切り替えボタンをオフにします。

オフラインで使用されるマップの場合、前もってマップ エリアを作成し、そのマップに特定エリアのデータをパッケージ化することをお勧めします。 マップ エリアを使用すると、モバイル作業者のマップのダウンロード プロセスが短縮され、簡単になります。 [マップ エリア] で、[エリアの管理] をクリックして、マップ エリアを作成するか、既存のエリアを管理します。

マップのオフライン使用およびマップ エリアの作成と管理の詳細については、「オフラインでのマップの利用」をご参照ください。

名前を付けて保存

他のユーザーがマップのコピーを保存できるようにするには、このオプションをオンにします。 マップを構成した内容のまま表示して、他のユーザーが簡単にコピーおよび保存できないようにする場合は、このオプションをオフにします。

アプリケーションの設定

ArcGIS アプリでのルート検索、計測、検索の有効化、他のツールや機能のためのマップ オプションを設定します。

レイヤー設定

このセクションのユーティリティを使用すると、レイヤーの URL を一括で更新できます。

  • [レイヤーを HTTPS に更新] - Web マップの所有者または管理者であるユーザーは、HTTPS を使用するように Web マップ内のすべてのレイヤーを更新できます。 すべてのレイヤーを HTTPS を使用してアクセスできるようにする必要があります。HTTPS は、レイヤーがインターネット上で送信されるときにレイヤー内の情報を暗号化します。 レイヤーへのアクセス時に HTTPS を使用するには、[レイヤーを HTTPS に更新] をクリックし、次に [レイヤーの更新] をクリックして変更を確定します。 ArcGIS Online は、マップ内の各レイヤーを検査して、HTTPS への更新が必要かどうかを判断します。 いずれかのレイヤーが HTTP を使用していることが判明した場合、ArcGIS Online は、HTTPS を使用して同じレイヤーに対するリクエストを試行した後、ユーザーが所有または管理しているマップおよび関連するレイヤー アイテムを更新します。 レイヤーが HTTPS をサポートしていない場合は、ユーザーに通知され、そのレイヤーはマップ内で更新されません。 レイヤーが HTTPS をサポートしていないと報告された場合は、そのレイヤーの所有者に連絡してください。所有者は HTTPS をサポートするようにそのレイヤーを構成するか、代わりのリソースを提供できます。
    注意:

    HTTPS を使用するようにマップ内のレイヤーを更新しようと試みると、HTTP を使用するカスタム シンボルがすべて、HTTPS を使用するように自動的に更新されます (カスタム シンボルのソースで HTTPS がサポートされている場合)。 ポップアップに埋め込まれた画像など、レイヤーに対するそれ以外のカスタマイズは HTTPS に更新されません。 このような参照を、HTTPS を使用するように更新するには、レイヤー (またはマップ) を Map Viewer または Map Viewer Classic で開いてから、それらの参照を更新します。

  • [ArcGIS Server サイトの参照の更新] - ArcGIS Server レイヤーをステージング サイトから本番サイトへ移行するか、新しいドメインに移行する場合は、[参照の更新] をクリックして、新しいサイトを参照するようにレイヤーの URL を更新します。 ArcGIS Online は、マップ内のレイヤーを検査して、更新に使用できる ArcGIS Server サイトを表示します。 選択した参照を使用するレイヤーは、代替に指定された新しいサイトを使用するよう更新されます。 ArcGIS Online は、サイトを参照するすべての ArcGIS Server レイヤーと、所有または管理する関連レイヤー アイテムを更新します。
    注意:

    指定された代替サイトにあるレイヤーは既存のレイヤーに完全に一致する必要があります。 レイヤーが一致しない場合、レイヤーは正常に描画/実行されない可能性があります。 ArcGIS Online は、代替サイトへの接続を確立して、レイヤーがそこで使用できることを確認します。 レイヤーが使用不可の場合は、ユーザーにその旨が通知されます。使用不可のレイヤーは更新されません。

Web シーンの設定

Web シーンには次の設定を使用できます。

レイヤー設定

Web シーンの所有者または管理者であるユーザーは、[レイヤーを HTTPS に更新] ユーティリティを使用して、HTTPS を使用するよう Web シーン内のすべてのレイヤーを一括更新できます。 すべてのレイヤーを HTTPS を使用してアクセスできるようにする必要があります。HTTPS は、レイヤーがインターネット上で送信されるときにレイヤー内の情報を暗号化します。 レイヤーへのアクセス時に HTTPS を使用するには、[レイヤーを HTTPS に更新] をクリックし、次に [レイヤーの更新] をクリックして変更を確定します。 ArcGIS Online は、シーン内の各レイヤーを検査して、HTTPS への更新が必要かどうかを判断します。 いずれかのレイヤーが HTTP を使用していることが判明した場合、ArcGIS Online は、HTTPS を使用して同じレイヤーに対するリクエストを実行した後、ユーザーが所有または管理しているシーンおよび関連するレイヤー アイテムを更新します。 レイヤーが HTTPS をサポートしていない場合は、ユーザーに通知され、そのレイヤーはシーン内で更新されません。 レイヤーが HTTPS をサポートしていないと報告された場合は、そのレイヤーの所有者に連絡してください。所有者は HTTPS をサポートするようにそのレイヤーを構成するか、代わりのリソースを提供できます。

注意:

HTTPS を使用するようにシーン内のレイヤーを更新すると、HTTP を使用するカスタム シンボルがすべて、HTTPS を使用するように自動的に更新されます(カスタム シンボルのソースで HTTPS がサポートされている場合)。 ポップアップに埋め込まれた画像など、レイヤーに対するそれ以外のカスタマイズは HTTPS に更新されません。 このような参照を、HTTPS を使用するように更新するには、レイヤーのアイテム ページで開いてから、[ビジュアライゼーション] タブでそれらの参照を更新します。

アプリケーション設定: 場所の検索

ユーザーが、所有または管理するシーン内の場所とフィーチャを簡単に検索できるようにするために、シーン内の特定のレイヤーを検索可能に構成できます。 たとえば、建物レイヤーにフィーチャ検索を構成すると、ユーザーは、そのレイヤー内の特定の建物を検索できます。

ホスト Web レイヤーの設定

ホスト フィーチャ レイヤーホスト イメージ レイヤーホスト タイル レイヤー、およびホスト シーン レイヤーには、データを管理するための追加設定があります。

アプリの設定

次の設定がアプリに適用されます。 一部の設定は、特定タイプのアプリにのみ適用されます。

  • [URL] - Web マッピング アプリ、モバイル アプリ、またはアプリケーション エクステンション アプリの URL を編集できます。 たとえば、アプリの URL が変更された場合に、[URL] 設定を使用して、アプリ アイテムの URL を新しい URL に変更できます。
  • コードの添付 - コードを (*.zip ファイルとして) アプリに添付できます。 これは、サンプルまたはテンプレートを共有していて、他のユーザーが自分のコードにアクセスできるようにする場合に役立ちます。

    アイテムのダウンロード カウンターをリセットせずにコードの添付を更新するには、[コードの更新] を使用して、元の *.zip ファイルと同じ名前の *.zip ファイルをアップロードします。 新しいファイルを添付するには、まず既存のファイルを削除してから、[コードの添付] を使用します。 これにより、アイテムのダウンロード回数がリセットされます。

  • [目的] - Web マッピング アプリ、モバイル アプリ、またはデスクトップ アプリの場合は、追加したアプリの [目的] を指定します。
  • [プラットフォーム] - デスクトップ アプリの場合は、追加したアプリの [プラットフォーム] を指定します。
  • [API] - Web アプリの場合は、アプリの構築基盤である API を指定します。
  • [SDK] - モバイル アプリの場合は、アプリの構築基盤である SDK を指定します。
  • [構成パラメーター] - [目的][構成可能] に設定されている場合は、テンプレートの構成パラメーターを追加できます。
  • [アプリの登録] - 他のユーザーが ArcGIS にサイン インできるようにアプリを登録できます。 また、登録情報を表示および更新することも、アプリにサイン インしているユーザーやそれらのユーザーが消費したクレジット数に関する詳細情報を表示することもできます。

ロケーター ビュー設定

ArcGIS Online では、対象地域内で特定の種類の位置情報を検索する ArcGIS World Geocoding Serviceビューを作成することができます。 ロケーター ビューが作成されたら、[設定] タブの [ロケーター (ビュー) 設定] セクションでそのビューを構成する必要があります。 組織または一般ユーザーとロケーター ビューを共有した場合、管理者は、ジオサーチとバッチ ジオコーディングにメンバーがロケーター ビューを使用できるようにすることができます。

認証情報が埋め込まれたセキュアなサービスの URL プロトコル

ArcGIS Server フィーチャ レイヤー、印刷サービス、ジオコーディング サービスなど、認証情報が埋め込まれたセキュアなサービスを管理する権限がある場合は、セキュアなサービスのデータ ソースの URL プロトコルとして httphttps に置き換えます。 HTTPS のみを使用してすべてのサービスにアクセスできるようにする必要があります。HTTPS は、サービスがインターネット上で送信されるときにサービス内の情報を暗号化します。