ArcGIS Online の基本操作

ArcGIS Online のサブスクリプションを利用して、組織サイトはセキュリティで保護されたクラウドベースの Esri 環境ですべての地理コンテンツを管理できます。 組織サイトのメンバーはマップを使用して、データを探索したり、マップとアプリケーションを作成および共有したり、データをホストされた Web レイヤーとして公開したりできます。 管理者は、Web サイトをカスタマイズしたり、組織サイトへメンバーを招待および追加したり、リソースを管理したりします。

組織のメンバーとしての基本操作

メンバーは、組織サイトの管理者によって、組織サイトに加入するよう招待されるか、自動的に追加されます。 いずれの場合でも、ArcGIS アカウントが必要です。 招待された場合、招待メールにアカウント詳細が記載されます。 自動的に招待された場合、管理者によってアカウント詳細が通知されます。 アカウントを入手したら、Web ブラウザーで www.arcgis.com を開き、サイン インして、プロフィールを更新します。 URL を知っている場合は、組織サイトに直接サイン インすることもできます。 特にマップ上で最高のパフォーマンスを実現するには、サポートされているブラウザーを使用してください。

すべてのメンバーは、サイトのカスタマイズされたビューを表示して、組織サイトで共有されているコンテンツを使用できます。 権限によって、マップの作成や他のタイプのコンテンツを作成、アイテムをサイトに追加グループへの加入や作成ホスト Web レイヤーを公開ができます。 実行できる操作は、ユーザーの権限によって異なります。

基本操作

ArcGIS Online では、さまざまな地理空間コンテンツにアクセスできます。 次のトピックは、コンテンツを探索および使用するための基本操作を説明しています。

基本操作を習得したら、独自のコンテンツの作成と管理に進むことができます。 詳細については、次のトピックをご参照ください。

レッスンを試す

ArcGIS Online のクイック レッスンは、ArcGIS Online のパワフルな機能を自分で体験できる意味のある現実世界のシナリオを手順を追って説明します。 次のレッスンは、現在の作業を完了させるのに役立ち、自分自身でさらに ArcGIS Online について調べようという気持ちを抱かせます。

  • マップの作成 - ネバダ州クラーク郡の病院に関するストーリーの手がかりを探している調査リポーターの役割を担っていると仮定して、ArcGIS Online での Web マッピングの基本について学習します。
  • シーンの作成 - オレゴン州ポートランドの都市樹木の 3D シーンを作成します。
  • 空間データの探索 - 視覚的にマップを探索して、ベビー ブーム世代に豪華旅行サービスを売り出すのに最適な場所を見つけます。
  • 空間的問題の解決 - 解析ツールを使用して、侵略的な雑草が存在する範囲内にあるキャンプ場を特定します。
  • アプリの作成 - Web アプリを作成して、営業場所の提案を共有します。
  • マップの共有 - アルバータ州レッド ディアの Web コンテンツ クリエーターの役割を担っていると仮定して、ArcGIS Online でコンテンツを共有する基本について学習します。
  • データの管理 - クラウド ソーシング ソリューション向けにコヨーテの活動のレイヤーを公開する地方自治体職員の役割を担っていると仮定して、ArcGIS Online でのデータ管理の基本について学習します。

管理者としての基本操作

組織の一部のメンバーは、管理者として、またはカスタム管理者ロールの範囲内で、組織を管理する責任があります。 初期管理者がサブスクリプションを有効にしたら、最初に Web サイトの構成と組織へのメンバーの招待または追加を行います。 メンバーが組織の使用を開始した段階で、リソースを管理できる状態になります。 たとえば、コンテンツの参照を容易にするためのアイテムの分類グループの所有権の変更メンバーのプロフィールの変更ライセンス付きアプリへのアクセス権の取り消し、組織内の活動を集約したレポートの表示を実行できます。

ガイドの開始

組織サイトの構築と管理の詳細については、次のガイドをご参照ください。

個人向けアカウントでの基本操作

個人向けアカウントは、組織に属さない個人のユーザーでも利用可能です。 個人向けアカウントでは、マップ、アプリケーション、およびデータを作成、保存、管理し、他のユーザーと共有できます。 Esri および世界中の GIS ユーザーが共有するコンテンツにもアクセスできます。 まずは個人向けアカウントの作成から始めてみてください。 Web ブラウザーで www.arcgis.com を開き、個人向けアカウントでサイン インして、ArcGIS Online の使用を始めてください。