Skip To Content

ルート案内の取得

ネットワーク解析を実行する権限を持つ組織サイトのメンバーは、Map Viewer を使用して、ターンごとの自動車または歩行者向けのルート案内を取得できます。移動モードを設定したり、往復ルートを作成したり、交通量を考慮に入れたり、ルートを最適化したりできます。また、通行不可ライン バリアを追加することもできます。これは、そのバリアがルートと重なる場所を通過できないようにして、Map Viewer に対してバリアを避けるためにルートとルート案内を動的に変更するように求めます。たとえば、ルート上で通行禁止となるパレードやデモがある場合、通行不可ライン バリアを追加できます。

ルート案内を取得したら、ルート全体の表示、ルートの特定のセグメントの表示、ルートの変更、ルート案内の印刷、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブへのレイヤーとして、およびアイテムとしてのルートの保存、他のユーザーとのルート レイヤーの共有、およびルートに対する解析の実行が可能になります。

管理者は、ルート案内に表示されるマップのデフォルトの単位を設定している可能性があります。ユーザーは、自分のプロフィールを更新することで、表示される単位を変更できます。

  1. ネットワーク解析を実行する権限を持っている組織サイトにサイン インしていることを確認し、Map Viewer を開きます。
  2. [ルート案内] ルート案内の取得 をクリックすると、マップの左側に [ルート案内] ウィンドウが表示されます。
  3. 次に示すように、出発地と 1 つ以上の目的地を指定します。
    ヒント:

    目的地フィールドの上にドロップダウン矢印が表示される場合は、目的地を見つけるために複数のリソースを検索することができます。これらのリソースには、組織が構成しているロケーターや、マップ内でフィーチャを検索できるようにマップ作成者が有効にしているレイヤーなどがあります。デフォルトでは、用意されているすべてのリソースの検索ができます。または、ルートの目的地の検索に使用するリソースを選択します。

    1. [A] フィールド A フィールド に出発地を入力します。
    2. [B] フィールド B フィールド に目的地を入力します。

      目的地を追加すると、マップ上にルートが描画されます。

      ヒント:

      現在の場所を出発地または目的地として使用する場合は、フィールドにマウス ポインターを合わせて、[現在の場所を検索] ボタン 現在の場所を検索 をクリックします。

    3. 目的地を追加するには、[追加] をクリックして、新しいフィールドに住所を入力します。

      位置情報を含むポップアップから目的地を追加することもできます。位置情報には、フィーチャ レイヤーのポイント、Map Viewerの上部にあるジオサーチ ボックスを使用して見つける住所や場所などがあります。ルートには、1 つの出発地と最大 49 の目的地を設定できます。

      ヒント:

      ポイントが 50 以下のフィーチャ レイヤーの場合、レイヤー メニューの [すべてのフィーチャへのルート] を使用して、ポイントをルート案内の出発地および目的地として追加できます。[ルートの最適化] はデフォルトで有効化されています。レイヤーに Sequence フィールドが含まれる場合、[ルートの最適化] は無効化され、ポイントの順序はこのフィールドに基づいて決定されます ([ルートの最適化] を有効にした場合、このフィールドは使用されません)。フィーチャ コレクション、GeoRSS ポイント フィーチャ、およびマップ上に 50 以下のポイントが描画された ArcGIS Server とホスト フィーチャ レイヤーがサポートされています。

  4. 以下のいずれかを実行して目的地を変更します。
    • 出発地と目的地の順序を変更するには、[出発地と目的地を入れ替え] 出発地と目的地を入れ替え をクリックします。[出発地と目的地を入れ替え] は、出発地と目的地を 1 つ指定している場合にのみ表示されます。
    • 出発地と複数の目的地があるルートの順序を変更するには、文字のボタン (A フィールド など) をドラッグして順序を変更します。
    • 指定した 4 つ以上の目的地を訪問する最適な順序を Map Viewer で決定する場合は、[オプションの表示] をクリックし、[ルートの最適化] をオンにして [ルート案内の取得] をクリックします。出発地と最後の目的地は固定されたままで、中間の目的地が最適化されます。
    • 出発地と 3 つ以上の目的地があり、それらのうちのいずれかを削除する場合は、削除する場所の横にある小さな [x] をクリックします。
  5. 以下のいずれかを実行してルートを変更します。
    • 交通を規制するパレードやデモなど、ルートに影響するバリアがある場合や、ルートに沿った特定のエリアを避けたい場合、[バリア] ボタン バリア をクリックして、バリアを表すラインをマップ上に描画します。必要に応じて、新しいバリアの描画を続けます。

      ルートとルート案内は、描画されたライン バリアを避けるために動的に変更されます。バリアを削除するには、バリアをクリックします。バリアの追加が完了したら、[バリア] ボタン バリア をクリックして、オフに切り替えます。

    • 移動モードを変更するには、ドロップダウン メニューから目的のオプションを選択します。デフォルト モードは [運転時間] です。このモードでは、乗用車や他の小型自動車での移動時間が最適化されます。次のオプションを利用できます。

      モード説明

      運転時間

      自動車およびピックアップ トラックやその他類似する小さな自動車の動きをモデル化して、移動時間を最適化する方法を見つけます。移動は、一方通行や転回禁止など、自動車の特有のルールに従います。交通量を使用できる場合、出発時刻を指定すると、交通量に応じた動的な移動速度が使用されます。

      運転距離

      自動車およびピックアップ トラックやその他類似する小さな自動車の動きをモデル化して、移動距離を最適化する方法を見つけます。移動は、一方通行や転回禁止など、自動車の特有のルールに従います。

      運転時間 (未舗装道路使用)

      自動車およびピックアップ トラックやその他類似する小さな自動車の動きをモデル化して、移動時間を最適化する方法を見つけます。移動は、一方通行や転回禁止など、自動車に特有のルールに従いますが、未舗装道路の移動については従いません。交通量を使用できる場合、出発時刻を指定すると、交通量に応じた動的な移動速度が使用されます。

      運転距離 (未舗装道路使用)

      自動車およびピックアップ トラックやその他類似する小さな自動車の動きをモデル化して、移動距離を最適化する方法を見つけます。移動は、一方通行や転回禁止など、自動車に特有のルールに従いますが、未舗装道路の移動については従いません。

      トラック輸送時間

      指定されたトラック ルートを優先して使用することで、基本的なトラック移動をモデル化し、移動時間を最適化する方法を見つけます。ルートは、一方通行や転回禁止などに従う必要があります。交通量を使用できる場合、出発時刻を指定すると、交通量に応じた動的な移動速度 (最高でトラックの法定速度制限まで) が使用されます。

      トラック輸送距離

      指定されたトラック ルートを優先して使用することで、基本的なトラック移動をモデル化し、移動距離を最適化する方法を見つけます。ルートは、一方通行や転回禁止などに従う必要があります。

      徒歩時間

      歩行者の通行を許可する通路および道路に従い、移動時間を最適化する方法を見つけます。歩行速度は、時速 5 キロに設定されます。

      徒歩距離

      歩行者が通行できる通路および道路に従い、移動距離を最適化する方法を見つけます。

    • 往復ルートを作成するには、[オプションの表示] をクリックして、[スタートに戻る] をオンにします。
    • 交通量データを表す画像をマップ上に表示するには、[オプション] をクリックして、[交通状況の表示] チェックボックスをオンにします。
      備考:

      交通量データは、ルートがサポートされているネットワーク カバレッジ エリア内にある場合のみ表示されます。[利用可能かを確認] ボタン 利用可能かを確認 をクリックして、自分のエリアの詳細な移動対象範囲を確認します。

  6. 指定した移動モードが時間ベースの場合、次のように出発オプションを選択します。
    1. [今すぐ移動] および [出発時間] オプションを切り替えるには、[今すぐ移動] または [出発時間] リンクをクリックして、目的の出発オプションを選択します。
    2. [出発時間] を選択した場合は、出発の日付と時刻を選択します。出発時間は、出発地のタイム ゾーンで設定されます。
  7. [ルート案内の取得] をクリックします。

    ルートがマップ上に表示され、Map Viewer の左ウィンドウにルートのサマリーとルート案内がテキストで表示されます。

  8. 目的地のタイム ゾーンは、ルート案内に表示される到着時間と出発時間に使用されます。

    [オプション][交通状況の表示] チェックボックスをオンにした場合、交通レイヤーはルートの開始時刻に更新されます。

    ルートのサマリーに表示される情報は、選択した移動モード、選択した出発オプション、およびルートがサポートされているネットワーク解析の有効範囲内にあるかどうかなど、複数の要因によって変わります。 交通量をサポートする移動モード ([運転時間] または [運転時間 (地方)]) を選択し、ルートがサポートされているネットワーク解析の有効範囲内にある場合、ルートのサマリーには、推定所要時間と、推定の計算に交通量データが使用されたことを示す [通常] という単語が表示されます。[今すぐ移動] オプションも選択した場合は、表示される移動時間の計算に現在の交通量が使用されます。代わりに [出発時間] を選択した場合、予測、観測、または履歴交通量の計算が使用され (指定した開始時間によって異なります)、ルートのサマリーに [少ない交通量] または [多い交通量] のラベルが表示されます。ルートがサポートされているネットワーク解析の有効範囲内にない場合、[交通情報なし] のラベルが表示されます。交通量をサポートしない時間ベースの移動モード ([トラック輸送時間] など) を選択した場合、表示される推定所要時間の計算に交通量情報は使用されません。

ルートの使用

ルート案内を取得したら、次のいずれかの方法でルートを使用できます。

  • ルートの特定のセグメントを表示するには、[ルート案内] ウィンドウでセグメントをクリックします。そのセグメントを中心としてマップが再配置され、ルート案内およびセグメントを拡大表示するオプションを含むポップアップが表示されます。
  • マップでルートの全体表示に戻すには、ルートのサマリーをクリックします。
  • ルートに変更を加えるには、マップ上で変更するルートの部分にポインターを合わせて、白色の円を目的の場所までドラッグします。マップ上のルートと [ルート案内] ウィンドウ内のターンごとのルート案内が動的に更新されます。
    備考:

    出発時間の変更、別の移動モードの選択、往復ルートの作成、目的地の順序の変更、またはバリアの追加によって既存のルートを変更しても、追加のクレジットは消費されません。クレジットが消費されるのは、最初のルートが生成されたとき、目的地が変更されたとき、または順序が最適化されたときに限られます。

    ルートの一部が 2 回以上使用される往復ルート (A から B に移動して再び A に戻る場合など) を編集するときは、行きと帰りのうち 1 方向のみのルートを変更したい場合があります。たとえば、ルートに出発地 (A) と 1 つの目的地 (B) があり、A から B の方向のルートのみを変更し、B から A の方向は変更しないと仮定します。これを行うには、[ルート案内] ウィンドウで該当する A から B までのセグメントをクリックし、マップ上でルートのそのセグメントにポインターを合わせて、白色の円をドラッグしてルートの A から B までの部分を変更します。ルートが目的どおり更新されたことを確認するには、[ルート案内] ウィンドウで、ルートの A から B までの部分に対応するセグメントのいずれかをクリックします。更新されたルート上に表示される白い矢印によって、変更が反映された正しいルート案内が示されるはずです。

  • 印刷に適したターンごとのテキストによるルート案内を作成するには、[ルート案内] ウィンドウの [印刷] 印刷 をクリックします。[ルート案内] ウィンドウを閉じると、作成したルートのテキストによるルート案内は印刷できなくなります。ルート マップを印刷するには、Map Viewer の上部にある [印刷] を使用します (マップにルート案内は含まれません)。
  • コンテンツを作成する権限を持っている場合は、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブに、ルートをレイヤーとして保存したり、アイテムとして保存したりすることができます。[保存] ボタン [保存] をクリックし、タイトルを入力して、ルートの保存先のフォルダーを選択してから、[保存] をクリックします。その後、[ルート案内] ウィンドウを閉じて、[コンテンツ] に戻り、必要に応じて、レイヤーを表示して構成できます。ルートにバリアを追加した場合、バリアはルートとともに [PolylineBarriers] サブレイヤーに保存されます。
  • ルートを保存したら、[ルートを共有] をクリックし、そのアイテム詳細を表示して編集できます。必要に応じて、他のユーザーとルート アイテムを共有することもできます。共有後のルート レイヤー アイテムは、他のユーザーがアクセスして使用することができます。他のユーザーは、自分が持つ権限とアイテムが共有された方法に応じて、新規または既存のマップにルート レイヤーを追加したり、ルート レイヤーを構成したり、更新されたルートを新しいルートとして保存したりできます。
  • コンテンツを作成する権限を持っている場合は、マップの一部としてルートレイヤーを保存できます。コンテンツを作成する権限がなくても既存のルートをマップに追加できますが、マップを保存することはできません。
  • コンテンツを作成してフィーチャを公開する権限を持っている場合は、ルート レイヤーを保存した後に、そのレイヤーに対して解析を実行できます。

このトピックの内容
  1. ルートの使用