Skip To Content

ベクター タイル レイヤー スタイルの更新

コンテンツを作成する権限がある場合は、Map Viewer内でベクター タイル レイヤー (ベクター ベースマップを含む) のスタイルをカスタマイズできます。たとえば、Esri ベクター ベースマップのスタイルを組織のブランド要件に合ったスタイルに変更することができます。レイヤーの色、パターン、アイコン、およびラベルを変更できます。所有していないベクター タイル レイヤーをカスタマイズする場合は、まずレイヤーのコピーをアイテムとして保存し、次にコピーしたレイヤーにスタイル変更を加える必要があります。

Map Viewer[スタイルの変更] ボタンを使用してベクター タイル レイヤーのスタイルを更新するには、次の手順を実行します。

  1. ArcGIS Online にサイン インしており、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. Map Viewerで、更新するスタイルを含むベクター タイル レイヤーを追加します。
  3. 必要に応じて、[詳細] をクリックしてから [コンテンツ] をクリックします。
  4. 追加したレイヤーで、[スタイルの変更] スタイルの変更 をクリックします。
  5. スタイルを次のように作成します。
    1. [名前を付けてスタイルを保存] ウィンドウで、新しいレイヤーのタイトル、タグ、サマリー、およびフォルダーの場所を指定します。
    2. [スタイルの保存] をクリックします。

      新しいスタイルを格納するレイヤー アイテムが、コンテンツに作成されます。このレイヤー アイテムは、ホスト ベクター タイル レイヤー内のデータを参照し、このデータはコピーも複製もされません。

  6. [スタイルの変更] ウィンドウで、必要なスタイル変更を加えます。詳細については、ArcGIS ベクター タイル スタイル エディターのドキュメントをご参照ください。
  7. 終了したら、[スタイルを保存して閉じる] をクリックします。

    変更したスタイルがマップに表示され、レイヤーに自動的に保存されます。このスタイルをベクター タイル レイヤーに適用するときに、常にこの新しいレイヤー アイテムを使用できます。

    備考:

    たとえばフィルターまたはカスタム フォントを使用する場合に、ベクター タイル レイヤーのスタイルを手動で変更することが必要になることがあります。ベクター タイル レイヤーのスタイルを手動で変更するには、該当するレイヤーのコピーを保存し、そのレイヤーのアイテム ページから関連するスタイル ファイル (root.json) をダウンロードし、JSON エディターを使用してそのファイルを編集し、ベクター タイル レイヤーのコピーに新しいスタイルを反映します。ベクター タイル レイヤーのスタイルを手動で変更する方法については、「Mapbox GL スタイル リファレンス」および「Mapbox ベクター タイル仕様」をご参照ください。