表示範囲の設定

マルチスケールのマップを使用すると、建物から地球全体まで、ズーム レベルとも呼ばれるさまざまな縮尺範囲の地理データを表示できます。コンテンツが描画されるズーム レベルを指定することを、表示範囲の設定と呼びます。ほとんどのデータはすべてのズーム レベルで表示する必要はないため、必要な表示範囲を確認し、必要に応じて変更することをお勧めします。

表示範囲が事前に定義されたマップにデータを追加すると、マップはその定義に従い、その表示範囲を使用します。ただし、データに事前に定義された表示範囲がない場合、またはレイヤーの表示範囲を更新する場合は、この範囲を手動で設定するか、[自動設定] を使用して最適な表示範囲を Map Viewer に自動で計算させることができます。その結果、マップを拡大/縮小すると、マップ上のさまざまなレイヤーが推奨される表示範囲に応じてオンまたはオフになります。マップには、それぞれに独自の表示範囲が設定された多くのレイヤーを含めることができます。これらの設定を無効にして、必要に応じて、異なる表示範囲を使用することができます。

ヒント:

レイヤーが範囲外にある場合、そのレイヤーの名前は、範囲内にあるレイヤーよりも明るいグレーでコンテンツおよび凡例に表示されます。

レイヤーに対して表示範囲を設定することで、マップ内でレイヤーが表示される縮尺を設定および変更できます。レイヤーを所有している場合、アイテムとともに表示プロパティを保存して、レイヤーがマップに表示されるときは常に同じ縮尺範囲が適用されるようにすることができます。

[スタイルの変更] ウィンドウを使用した表示範囲の設定

メモ:

GeoRSS、OGC WFS、およびフィーチャ レイヤーのみ。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
    メモ:

    コンテンツを作成する権限がない場合でも、[マップの変更] をクリックしてデータを調査するための表示範囲を設定できます。

  2. Map Viewer を開き、[詳細] をクリックして、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 表示範囲を設定するレイヤーを参照します。
  4. [スタイルの変更] スタイルの変更 をクリックした後、適用する描画スタイル上にある [オプション] をクリックします。

    表示範囲のスライダーがウィンドウの下部に表示されます。

  5. [推奨サイズ] をクリックして、Map Viewer によりレイヤーに最適な最大および最小のズーム レベルを設定するか、自分で設定する場合は、スライダーのいずれかのハンドルをドラッグします。[国][市]、および [建物] などの単語は、最適なズーム レベルの選択に役立ちます。
  6. より正確に縮尺を設定する場合は、縮尺ラベルの横にあるドロップダウン メニューをクリックして、表示縮尺を入力します。
  7. レイヤーを所有していて、常にマップに表示される表示範囲をアイテムに適用する場合は、[レイヤーの保存] をクリックします。
  8. [保存] をクリックしてマップの変更内容を保存します。

レイヤーのショートカット メニューを使用した表示範囲の設定

メモ:

フィーチャ レイヤーとベースマップを含むすべてのレイヤーの種類。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
    メモ:

    コンテンツを作成する権限がない場合でも、[マップの変更] をクリックしてデータを調査するための表示範囲を設定できます。

  2. Map Viewer を開き、[詳細] をクリックして、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 表示範囲を設定するレイヤーを参照して選択し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックした後、[表示範囲の設定] をクリックします。
  4. 最小縮尺範囲を選択するか、[現在の範囲を使用] をクリックしてマップの現在の範囲を使用します。
  5. 最大縮尺範囲を選択するか、[現在の範囲を使用] をクリックしてマップの現在の範囲を使用します。
  6. レイヤーを所有していて、常にマップに表示される表示範囲をアイテムに適用する場合は、[レイヤーの保存] をクリックします。
  7. [保存] をクリックしてマップの変更内容を保存します。