時間設定の構成

時間情報とともに収集される空間的事象は、特定の時間に発生したこと、あるいは将来発生するかもしれないことをマップ ユーザーに示すことができます。 時間ベースのデータをアニメーションにすることで、段階ごとに視覚化し、時間を追って現れるパターンや傾向を確認できます。 このような用途に最適な時間データを持っている現象として、暴風や竜巻、その他の気象事象、人口移動、土地利用および環境の変化、山火事や洪水の経過などが挙げられます。

一部のマップ レイヤーは時間対応で、同じ位置における異なる時間の情報がある空間データセットを含みます。 マップに時間対応レイヤーが含まれる場合、そのマップは時間対応であり、特定期間のデータを表示したり、データの時系列の変化をアニメーション化したりできるよう、表示を構成できます。 タイム アニメーションをサポートするようにレイヤーが構成されている場合、フィーチャ レイヤー (ホスト レイヤーと ArcGIS Server フィーチャ レイヤー)、マップ イメージ レイヤー、およびイメージ レイヤーのタイム アニメーションを Map Viewer で有効化することができます。

時間データを含むレイヤーの確認

マップ内のレイヤーが時間対応かどうかは、REST エンドポイントを参照すると確認できます。

  1. Map Viewerでマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 時間データを含むレイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックして、[アイテムの詳細を表示] をクリックします。
  4. [概要] タブで、[レイヤー] セクションまでスクロールし、レイヤーの名前をクリックしてその詳細ページを開きます。 レイヤーに時系列データが含まれる場合、レイヤーの [概要] タブに [時間設定] オプションが表示されます。

レイヤー上の時間を有効にする

フィーチャ レイヤー、イメージ レイヤー、またはマップ イメージ レイヤー (マップ サービス) を ArcGIS Server サイトに公開する前に、ArcMap および ArcGIS Pro、フィーチャ レイヤーおよびイメージ レイヤーの時間プロパティを設定できます。 時間が有効化されたこれらの ArcGIS Server Web レイヤーを Map Viewer に追加するときに構成して、タイム アニメーションを表示できます。

時系列データを含むホスト フィーチャ レイヤーを公開して、レイヤーのアイテム ページからアイテムの時間を有効化することもできます。 これにより、公開者と組織 (フィーチャを共有している場合) は、時系列データを使用して、時間対応のマップを作成することができます。

ホスト フィーチャ レイヤーの時間を有効化するには、ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または管理者が次の手順を実行します。

  1. [コンテンツ] ページの [マイ コンテンツ] タブから、時系列データを含むホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページを開きます。
  2. [概要] タブで、[レイヤー] セクションまでスクロールし、レイヤーの名前をクリックしてその詳細ページを開きます。
  3. レイヤーの [概要] タブで、[時間設定] の下にある [編集] アイコンをクリックします。

    [時間設定] ウィンドウが開きます。

  4. [時間の有効化] チェックボックスをオンにします。
  5. 時間データを [特定のイベント][開始および終了時間が設定された時間範囲] のどちらで記録するかを選択します。
  6. データ内の時間フィールドまたはフィールドを選択します。
  7. [OK] をクリックします。

このホスト フィーチャ レイヤーがMap Viewerに追加されると、タイム アニメーションが有効化されます。

時間設定の構成

  1. Map Viewer で時間対応マップを開き、スライダーの横にある [構成] ボタン 時間の構成 をクリックします。
  2. [高度なオプションを表示] をクリックします。 ここでは、次の構成を設定できます。 構成の変更を保存するには、変更内容をマップに保存する必要があります。
  3. [OK] をクリックして、時間設定の構成を終了します。

再生速度

デフォルトの速度は時間間隔あたり 2 秒です。 スライダーを [遅い] または [早い] の方向に動かして、再生速度を調整できます。 マップを表示しているユーザーは、マップの作成者が設定したデフォルトの速度を変更できます。

期間

[期間] セクションには、マップ内の時間対応レイヤーごとのタイムライン、つまり期間が表示されます。 あるレイヤーのタイムラインが他のレイヤーと比べてどのようになっているかを確認し、マップの開始時間および終了時間を変更できます。 デフォルトでは、マップの期間は、すべての時間対応レイヤーのタイムラインのユニオンに設定されます。

[期間] は、履歴データの表示の構成のみを処理します。時間レイヤーには、すでに完了したタイムラインが含まれます。 引き続き累積されている時間データは処理しません。 期間の開始時間および終了時間は明示的に設定されます。

次のいずれかを行って、期間を変更します。

  • [レイヤーのタイムライン] セクションでスライダーのハンドルをドラッグし、マップの開始時間および終了時間を手動で設定します。
  • [開始時間] フィールドおよび [終了時間] フィールドで明示的な値を選択します。
  • レイヤーのタイムラインをクリックして、マップの開始時間または終了時間をレイヤーの開始時間または終了時間に設定します。

時間表示

[時間表示] セクションを使用して、時間の経過に伴って表示するデータ量を指定します。 ここでの設定には、時間間隔の設定が含まれます。時間間隔は、マップが更新されて、その時点で有効なデータが表示されるまでの期間です。 時間間隔の設定に加えて、累積データを表示するか、または現在の時間間隔のデータのみを表示するかを指定する必要があります。 また、期間の最初、またはマップに最後に保存された時間のどちらからタイム アニメーションを開始するかを指定する必要もあります。

  1. 時間間隔には数値を入力してください。
  2. ドロップダウン リストから、時間間隔の単位を選択します。 ドロップダウン リストに表示される単位は、レイヤー データのタイムラインによって異なります。 この単位を変更するには、データのレイヤー プロパティを編集する必要があります。
  3. [時間の経過] で、次のいずれかを選択します。
    • 時間間隔に含まれるデータのみを表示するには、[設定された時間間隔内でのみデータを表示] を選択します。 たとえば、10 年間の台風の進路を表すデータがあり、特定の年に発生したすべての台風の進路を表示する場合は、このオプションを選択します (時間間隔として「1 年」を指定します)。 アニメーションを再生すると、1 年目、2 年目、3 年目というように、それぞれの年における台風の進路が表示されます。 それぞれの年のデータは、他の年とは別々に表示されます。
    • すべてのデータを時系列的に表示するには、[全データを段階的に表示] を選択します。 たとえば、10 年間の台風の進路を表すデータがあり、10 年間に発生したすべての台風の進路を前年に続けて表示する場合は、このオプションを選択します (時間間隔として「1 年」を指定します)。 マップをアニメーション化すると、毎年の台風の進路が 10 年分累積表示されます。
  4. [再生開始時間] で、次のいずれかを選択します。
    • [開始時間] を選択すると、指定した期間の最初にタイム アニメーションを開始します。
    • [マップで保存されている再生位置] を選択すると、マップに最後に保存された時間からタイム アニメーションを開始します。

タイム アニメーションの無効化

マップ上にタイム スライダーを表示しない場合は、時間対応レイヤーでタイム アニメーションを無効化できます。

  1. Map Viewer で時間対応マップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 変更するレイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックして、[タイム アニメーションの無効化] をクリックします。
  4. [タイム アニメーションの有効化] をクリックすると、以前にマップから削除したタイム スライダーが表示されます。
  5. レイヤーを所有していて、レイヤーのデフォルト プロパティとしてタイム アニメーション設定を保存する場合は、[レイヤーの保存] をクリックします。