Skip To Content

分散型のコラボレーション

分散コラボレーションを導入すれば、参加者間のネットワーク全体で、GIS を統合し、接続することができ、企業やコミュニティ、個々のユーザー同士でコンテンツを整理、共有することができます。分散コラボレーション (または単にコラボレーション) は、 信頼性に基づき、共通の目標または取り組みで利用されます。信頼できるコラボレーションを確立すれば、自らが提供する GIS コンテンツを、参加者のネットワークに展開することも可能になります。コラボレーションの参加者ごとに共有コンテンツが検出可能になります。

ArcGIS Online 組織は、ArcGIS Enterprise 10.5.1 以降のポータルとのコラボレーションに参加し、組織全体にわたってアイテムとデータを複製できます。コラボレーションは、パブリックへのコンテンツの共有やフィールド データ コレクションの管理、データのバックアップなど、多くのデータ フローで役立ちます。たとえば、それぞれが ArcGIS Enterprise ポータルを使用している都市の 2 つの部門 (公共作業と公安など) が、各部のマップとレイヤーを都市の中央の ArcGIS Online 組織と共有する必要があるシナリオを考えてみましょう。これらのレイヤーとマップを使用して、追加のマップとアプリを作成し、全体像を必要とする一般市民および市職員の両方と共有します。これを実現するために、ArcGIS Online 組織は、コラボレーション ゲストとして 2 つの部門のポータルとのコラボレーションを設定します。部門のポータルでは、このコラボレーションを使用して各部のデータを ArcGIS Online 組織に送信し、その後、都市側でそれらのレイヤーを新しい注目のマップとアプリに統合して、一般ユーザーおよび市職員と共有します。分散コラボレーションを利用すると、自動的にデータを共有して複製できるようになり、手動でのレイヤー アイテムの新規作成やデータの変更に応じたレイヤーの更新が必要なくなるため、このようなワークフローを簡便化できます。

コラボレーションの設定

ArcGIS Online 組織は ArcGIS Enterprise 10.5.1 以降のポータル ゲストとのコラボレーションをホストできます。コラボレーションを構成するための概略的な手順を次に示します。コラボレーションに関する詳細な手順と情報については、「コラボレーションの作成」および「コラボレーションの詳細」をご参照ください。

  1. ホストである ArcGIS Online 組織の管理者が、コラボレーションとワークスペースを作成します。
  2. ホストである ArcGIS Online 組織の管理者が、ArcGIS Enterprise ポータル ゲストをコラボレーションに招待します。
  3. ゲスト ポータルの管理者が、コラボレーションへの招待を受理します。
  4. ホストである ArcGIS Online 組織の管理者が、ゲスト ポータルの招待の応答をインポートします。
  5. ゲスト ポータルの管理者が、ワークスペースに加入します。

コラボレーションを作成したら、各自の組織からコラボレーションを管理できます。詳細については、「コラボレーションの管理」をご参照ください。

コラボレーションの使用

コラボレーションが設定されるとすぐに、コラボレーション ワークスペースと関連付けられているグループを使用して、コラボレーション参加者間でコンテンツが共有されます。