機能の探索

ArcGIS Earth の 3D 効果、日光、および地下モード機能を使用すると、お使いのデータの可能性をさらに探索することができます。

3D 効果

[3D 効果] ボタン 3D 効果 をクリックして、3D 効果パネルを開きます。このパネルでは、大気や標高の強調を含む 3D グラフィックス レンダリングを設定できます。

  • [大気] - 写実的な大気効果のオン/オフを切り替えます。
  • [標高の強調] - [ベースマップとテレイン] ダイアログ ボックスでテレインのオンとオフを切り替えます。 スライダーをドラッグすると、0 ~ 100 の間で標高強調の目盛が表示されます。 テキスト ボックスに特定の数値を入力することもできます。 この値のデフォルト設定は 1 です。
    ヒント:
    標高強調の最大値は、ArcGIS Earth 構成ファイルの管理者の設定で 1,000 にカスタマイズできます。 詳細については、管理者の設定elevationExaggerationMax をご参照ください。

地下モード

[地下モード] ボタン をクリックしてパネルを開きます。このパネルでは、地下データ ナビゲーションを有効にして、地表の透過表示を設定することができます。

  • [地下のナビゲーション] - 地下のデータをナビゲーションするモードをオンにします。 地上のデータだけを参照する場合は、このモードをオフにします。
  • [地表の透過表示] - スライダー バーをドラッグして、地表の透過表示を調整します。
注意:

  • 地下モードを有効にすると、ベースマップ上にギャップが生じることがあります。
  • [大気] 効果がオンの場合に、地表の透過表示を変更すると、レンダリングの問題が発生する可能性があります。
  • 既知の制限事項として、地下のデータのナビゲーション中にカメラ制御が影響を受けることがあります。
  • また、特定の状況下でポイント データが地表にアタッチされるという別の制限事項もあります。

日光

[日光] パネル を開き、日光効果をオンにして、1 日や 1 年のうちのさまざまな時間に日差しと影がシーンに及ぼす影響を変更します。 時間、日付、アニメーション方法、影の表示などの日差しと影の影響を構成できます。

  1. トグル ボタンを使用して、シーンの日光効果をオンにします。
  2. 現在のタイム ゾーンをクリックしてドロップダウン リストから選択し、タイム ゾーンを変更します。
  3. タイム スライダーを左右にドラッグして、シーン内の時間を調整します。
  4. [カレンダー] ドロップダウン メニューをクリックして、1 年のうちのさまざまな時間における太陽の位置を変更します。
  5. [1 年の日差しと影のアニメーション表示] オプションをオンにすると、1 年の月を切り替えて日光をアニメーション表示できます。 [1 日の日差しと影のアニメーション表示] オプションをオンにすると、1 日の時間を切り替えて日光をアニメーション表示できます。
  6. [影の表示] をオンにして、シーン内に影を描画します。 影の効果を変更するには、日時、タイム ゾーン、カレンダー オプションを調整します。
  7. [アニメーションの開始] をクリックして、日光のアニメーションを再生します。

    シーンと自動的に同期された時計が右上隅に表示されます。 その時計にポインターを合わせて、アニメーションを一時停止したり、設定パネルに戻ったりすることができます。

注意:

  • シーンをブックマークに追加すると、日光のアニメーションなど、そのシーンの現在のステータスもキャプチャされます。
  • 日光のアニメーションの再生中にブックマークの再生を開始すると、日光のアニメーションが停止し、ブックマーク内の日光の設定が適用されます。
  • ブックマークの再生中に日光のアニメーションを開始すると、ブックマークの再生が自動的に停止し、設定に応じて日光のアニメーションの再生が開始します。
  • デフォルトのタイム ゾーンとして、OS のローカル タイム ゾーンが使用されます。
  • 既知の制限事項として、テレインの影は ArcGIS Earth でサポートされていません。


このトピックの内容
  1. 3D 効果
  2. 地下モード
  3. 日光