はじめに

モバイル用 ArcGIS Earth へようこそ

ArcGIS Earth は、iOS および Android プラットフォームの両方でネイティブ モバイル アプリとして利用できます。 最新の Runtime SDK に基づいています。 ユーザーは、オンラインまたはオフラインであっても、どこからでもコンテンツ、ツール、解析にアクセスできます。 モバイル版の ArcGIS Earth は、誰でも使えるように設計されていて、手元にユーザーフレンドリーな 3D エクスペリエンスを提供します。 また、デスクトップとモバイル環境の間でも整合性があり、多くの共同シナリオに適応できます。

ArcGIS Earth のモバイル版では、次の操作を行うことができます。

  • ArcGIS OnlineArcGIS Enterprise に接続して 2D および 3D コンテンツを参照したり、ローカル データを追加したりします。
  • プレースマークを作成し、KMZ ファイルとして共有します。
  • ジオタグ付きの写真でツアーを作成します。
  • GPS トラックを記録して ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise にアップロードします。
  • 対話型 3D 解析を実行します。

はじめに

モバイル デバイスへの ArcGIS Earth のインストール

Google Play および App Store から ArcGIS Earth を利用できます。 どちらかのストアから ArcGIS Earth を検索し、指示に従ってアプリをお使いのデバイスにダウンロードおよびインストールしてください。

Google Play を利用できない場合でも、以下のリンクから Android 用 ArcGIS Earth をダウンロードできるようになりました。 Esri では、ワークステーションにダウンロードしてモバイル デバイスに配置できるセットアップ ファイルを提供しています。

  1. Android 用 ArcGIS Earth からセットアップ ファイルをダウンロードします。
  2. *.exe ファイルを実行し、Windows コンピューターに *.apk ファイルを展開します。
  3. *.apk ファイルを Android デバイスに転送して ArcGIS Earth をインストールします。

モバイル デバイス管理向けの ArcGIS Earth の構成

モバイル デバイス管理 (MDM) は、組織でのスマートフォンやタブレットなどのモバイル デバイスの管理を意味します。 MDM は、エンタープライズ モビリティ管理 (EMM) の重要なコンポーネントであり、モバイル デバイスの機能およびセキュリティ管理の一元化と最適化を可能にします。 モバイル向けの ArcGIS Earth では、AirWatch や Microsoft Intune などの MDM ソフトウェアを使用してアプリの配置と管理を実行できます。

ArcGIS Enterprise 管理者は、組織のポータルを表す定義済みの portalURL 文字列を管理された ArcGIS Earth モバイル アプリのアプリ構成 (AppConfig) 設定として指定することもできます。 portalURL を更新した後でアプリを初めて起動すると、指定のポータルにサイン インするための認証チャレンジ画面が表示されます。

キーメモ
portalURL

組織のポータル URL

  • ArcGIS Earth の起動時に、portalURL を設定または更新すると、指定のポータルのサイン イン画面が表示されます。
  • portalURL の例: https://myorganization.com/portal.
  • ユーザーがサイン インをキャンセルした場合は、そのポータル URL が [ポータルの追加][履歴] に追加されます。 アプリを再起動しても、MDM 管理者が portalURL 文字列を更新していない限り、サイン イン画面が表示されません。