ArcGIS Earth 1.9 の新機能

ハイライト

ArcGIS Earth 1.9 は、日本語、ポーランド語、ロシア語にローカライズされて利用可能になりました。

このリリースでは、KML および KMZ のサポートについて、次のような大きな機能強化が行われました。

  • ネットワーク リンクを含む KML ファイルの手動更新
  • KML ネットワーク リンクの更新設定の調整
  • コンテンツ ウィンドウにハイパーリンクとスニペットが表示されます
  • ポップアップ ウィンドウの操作性の拡張

概要

ArcGIS Earth 1.9 には、以下の新機能が追加されています。

  • 日本語、ポーランド語、ロシア語のローカライズ
  • ネットワーク リンクを含む KML ファイルの手動更新のサポート
  • KML ネットワーク リンクに対して時間ベースの更新設定と表示ベースの更新設定が可能です
  • KML/KMZ ファイルのコンテンツ ウィンドウにおけるハイパーリンクとスニペットの表示のサポート
  • 3D ナビゲーション デバイスのサポート
  • ラスターの MrSID 形式が追加されました

拡張機能

ArcGIS Earth 1.9 では、次の機能が強化されました。

  • 次のようなポップアップ ウィンドウの操作性の改善:
    • ポップアップ ウィンドウの最大化と復元が可能です
    • ポータル アイテム用に構成された、カスタマイズされたポップアップ コンテンツを表示できます
    • KML ツアーの再生中にポップアップ ウィンドウを表示できます
  • KML レイヤーの透過表示調整のサポート
  • ワークスペースの自動保存のサポート
  • フィーチャ コレクションの識別のサポート
  • データの読み込み中またはレンダリング中にインジケーターが追加されました
  • 特に Oracle Access Management サーバーを介した PKI 認証によるログイン プロセスが拡張されました
  • カスタム タイル スキーマを使用した WMTS レイヤーの追加のサポート
  • Web シーンのサポート グループ レイヤー
  • カスタム ロケーターを使用した住所検索のサポート
  • CSV/TXT ファイルのインポート時における異なる桁区切り記号の処理のサポート
  • 選択セットのハイライト効果が拡張されました


このトピックの内容
  1. ハイライト
  2. 概要
  3. 拡張機能