ArcGIS Earth 1.16 の新しい機能

ArcGIS Earth の新機能および機能拡張を次に示します。

ハイライト

最新の ArcGIS Runtime SDK for .NET 100.15 では、KML ドローイングとデータ フィルターが大幅に改善されました。

  • ラインとポリゴンを描画するための新しいテンプレートが追加され、事前に定義された図形をサポートするようになりました。
  • マップ上にどのフィーチャを表示するか決定するための式を定義する、フィルターに対応しています。

フィーチャ

ArcGIS Earth 1.16 には、描画テンプレートとフィルターという 2 つの重要な機能が導入されています。

描画テンプレート

自由図形または事前定義された図形にラインやポリゴンを描画できる、事前定義されたさまざまなテンプレートを使用できるようになりました。 ライン テンプレートには、標準、直角、フリーハンドがあります。 ポリゴン テンプレートには、標準、円、長方形、楕円、フリーハンドがあります。

フィルター

マップに表示されるフィーチャのサブセットを決定するためのフィルターとして、単一の式か、式の組み合わせを定義できるようになりました。 元の式が関連付けられているフィーチャ レイヤーでは、元の式が適用され、ArcGIS Earth で削除できます。

拡張機能

次の機能拡張が加えられました。

PKI ポータルの証明書を記憶する

新しい [証明書の選択] ウィンドウが追加されました。 対応するポータルのウィンドウで証明書を選択すると、その証明書が記憶されます。 また、ポータルのショートカット メニューで [証明書のクリア] オプションをクリックして簡単に削除することもできます。

ベースマップなしオプション

ベースマップ ギャラリーのサイトにある [ベースマップなし] サムネイルをクリックすると、ベースマップを随時無効にできるようになりました。

レイヤー プロパティのサマリー タブ

レイヤー プロパティ ウィンドウの [サマリー] タブで、説明、データ ソース、空間参照が再設計されました。 1 つ目に、ポータル アイテムかサービス レイヤー プロパティで、画像、テーブル、ハイパーリンクに加え、段落、リスト、フォント サイズ、太字などの HTML 書式がレイヤーの説明に適用されるようになりました。 2 つ目に、データ パスまたはサービス URL をコピーしたり、1 回のクリックで外部ブラウザーで開いたりできるようになりました。 3 つ目に、空間参照情報がテーブル形式に整理および表示され、さらに見やすくなりました。

自動化 API

描画の追加、描画の削除、描画の消去など、Automation 描画 API に新しいメソッドが追加されました。 Automation 描画 API を使用すると、プレースマーク、パス、ポリゴンを ArcGIS Earth に追加できます。 1.16 では、すべてのグラフィックの消去もサポートされます。

保存/名前を付けて保存の統合

[名前を付けて保存] パネルを KML レイヤー専用に再設計し、名前を付けて保存プロセスを明確にしました。 編集済みの KML レイヤーでは、右クリック メニューの [保存] オプションがなくなり、[名前を付けて保存] に統合されました。 元の KML データが変更されないのは、[エクスポート時にコンテンツ ウィンドウでレイヤーを置換する] チェックボックスをオンにして編集内容を保存し、コンテンツ ウィンドウに自動的に追加して元のレイヤーを置換した場合のみです。 一方で、このオプションをオフにすると、通常の名前を付けて保存機能が実行されます。


このトピックの内容
  1. ハイライト
  2. フィーチャ
  3. 拡張機能