ArcGIS Earth 1.15 の新機能

ArcGIS Earth 1.15 の新機能および機能拡張を次に示します。

ハイライト

ArcGIS Earth 1.15 では、次の機能が新たに追加または改善されています。

  • 新しいデータ タイプのベクターのタイルのサポートが追加されました。
  • 新しいスクリーン ナビゲーターが追加され、より柔軟なグローブ ナビゲーションが可能になりました。
  • 3D ラベリングと属性テーブルがサポートされます。

機能

以下の機能が追加または改善されました。

ベクター タイル レイヤーのサポート

縮尺全体にわたるデータのベクター表現を含むベクター タイルは、表示デバイスの解像度に適合して、スタイルを変更できます。 ArcGIS Earth では、ベクター タイル レイヤーを、マイ データ フォルダーや開始レイヤー フォルダーに追加したり、ベースマップとして設定したりできます。

Navigator

アプリケーション設定でナビゲーション コントロールを有効にすると、観測点の右下隅にナビゲーターが表示されます。 北を示すコンパスとホーム ボタンもナビゲーターに統合され、より柔軟なコントロールが実現しています。

3D ラベリング

ラベルのスタイルと表示を、リアルタイムにカスタマイズできます。 ラベル編集機能により、ラベルの位置とスタイルを 3D グローバル ビューで設定できます。

KML バッチ編集

ジオメトリ タイプが同じ複数の KML ノードをまとめて編集できるようになりました。 フォルダーに格納されたすべてのレイヤーをバッチ編集することもできます。

属性テーブル

属性テーブルに未加工データを表示し、そのデータを並べ替え、選択、およびエクスポートできます。

画像の表示順序

モザイク データセットのダイナミック イメージ レイヤーには、画像のコレクションが含まれています。 ArcGIS Earth でこれらのタイプのイメージ レイヤーを操作する際、画像の表示順序を変更したり、オーバーラップ領域の解決方法を決定したりできます。

拡張機能

次の機能拡張が加えられました。

Automation API の自動スタート

ArcGIS Earth Automation API は、アプリケーションの高度な設定の自動スタート スイッチにより、直接有効化できるようになりました。

KML の複数選択

Ctrl または Shift キーを押しながら KML ノードを選択することで、複数のノードを選択できます。

マイ データへの開始レイヤーの追加

開始レイヤー フォルダーに格納されている現在のレイヤーのデータを、レイヤーのショートカット メニューを 1 回クリックするだけで、マイ データ フォルダーに追加できるようになりました。


このトピックの内容
  1. ハイライト
  2. 機能
  3. 拡張機能