ArcGIS Earth 1.11 の新機能

ArcGIS Earth の新機能および強化された機能について、以下に説明します。

ハイライト

ArcGIS Earth 1.11 は .NET Framework から .NET Core に移行されました。 この新しいプラットフォーム上で、新しい機能がいくつか追加され、ArcGIS Earth 1.11 の総合的なパフォーマンスが最適化されています。 パフォーマンス改善は以下のとおりです。

  • シンボルのワークフローが改善され、種類 (個別値シンボル) と数と量 (色) の新しい 2 つのシンボル タイプが追加されています。
    • 種類 (個別値シンボル) は、属性値に基づいて個別値シンボルをすべてのフィーチャに適用します。 このシンボルは、種類の異なるデータ (カテゴリ データ) を表示するために使用されます。
    • 数と量 (色) シンボルは、定量的な差異を示すために、等級色をフィーチャに適用します。 データが範囲に分類され、範囲ごとに、その範囲を表すカラー ランプ内の異なる色が割り当てられます。
  • ブックマーク機能が再設計され、ワークフローが向上し、機能が追加されました。
  • ArcGIS Earth Automation API が .NET Generic Host により ASP.NET Core REST API にアップグレードされました。
  • ArcGIS Earth のアクセシビリティが強化されました。これには、新しい設計のキーボード ショートカットや各ツールでフォーカスを移動するためのキーボードの使用が含まれます。

1.11 の新機能

概要

新規データ タイプ

新規データ タイプは以下のとおりです。

  • オンラインおよびオフライン利用するためのバージョン 1.0 および 1.1 の GPX ファイルのサポート
  • オンラインおよびオフライン利用するための GeoJSON ファイルのサポート
  • WFS (Web フィーチャ サービス) のサポート。WFS は OGC 仕様に準拠するダイナミック フィーチャ サービスです

日光

日光では、1 日や 1 年のうちのさまざまな時間に日差しと影がシーンに及ぼす影響を変更できます。 時間、日付、アニメーション方法、影の表示などの日差しと影の影響を構成できます。

  • [時間] - 起動のタイム ゾーン、時間、日付を設定します。
  • [1 年間の日差しと影のアニメーション] - 1 年のうちの月ごとの日光の変化がシーンで繰り返しアニメーション表示されます。
  • [1 日の日差しと影のアニメーション] - 1 日のうちの分ごとの日光の変化がシーンで繰り返しアニメーション表示されます。
  • [影の表示] - シーンに影を表示します。

地下モード

地下モードでは、地下のデータをナビゲートしたり、地表の透過表示を調整したりできます。

機能強化

以下の機能強化が行われました。

  • ブックマークの編集および管理
    • ブックマークの説明編集パネルが追加されました
    • ブックマークへの画像と説明の追加をサポート
    • ブックマークへのトランジション効果の設定をサポート
    • グループ別にブックマークを管理するためのブックマーク タブが追加されました
    • KML ファイルとしてのブックマークのエクスポートをサポート
  • ポップアップ
    • 右隅へのポップアップ ウィンドウの固定をサポート
    • ポップアップ ウィンドウの最大化をサポート
    • ポップアップのステータスと位置を保持する機能
  • コンテンツ ウィンドウ
    • コンテンツ ウィンドウのサイズ変更をサポート
    • 折りたたんだ後でコンテンツ ウィンドウのサイズの保持をサポート
  • 自動化 API
    • 管理者権限を持たないユーザーに対する ArcGIS Earth の Automation API の有効化をサポート


このトピックの内容
  1. ハイライト
  2. 概要
  3. 機能強化