ArcGIS Earth 1.10 の新機能

ハイライト

ArcGIS Earth 1.10 では、多くの新しい機能、機能拡張、バグ修正が導入されます。

  • モバイル用 ArcGIS Earth (バージョン 1.1) は、QR コードからのデータの追加をサポートしています。 デスクトップの ArcGIS Earth から生成された QR コードをスキャンすることにより、Web シーン、ArcGIS Services、ポータル アイテムを ArcGIS Earth モバイル アプリに追加できます。
  • ArcGIS Earth は、フィーチャ ジオメトリ、グラフィック スタイル、ファイル構造の編集や、新しい KMZ ファイルとして保存など、KML 編集ワークフローをサポートします。
  • 新しいデータ タイプとしてモバイル シーン パッケージ、点群シーン レイヤー、ポイント シーン レイヤーが追加され、ArcGIS Living Atlas へのアクセスが有効になりました。
  • [コンテンツ] ウィンドウで、フィーチャ レイヤーのシンボル表示とレイヤーの凡例の表示がサポートされるようになりました。

概要

KML および KMZ の編集

  • KML および KMZ ファイルの編集および保存のサポート
    • 頂点、高度、フィーチャ位置、および 3D 立ち上げを含む KML ジオメトリを編集します。
    • ポップアップ情報、ビューへ移動、更新間隔、フィーチャ スタイルなどのレイヤー プロパティを編集します。
    • ファイル構造などの KML ドキュメントを編集し、新しいフィーチャを既存の KML フォルダーに切り取り、コピー、貼り付け、追加します。
    • KML 編集の保存または新しい KMZ ファイルとして保存のサポート。
    • 終了時、編集した KML ファイルのコピーの保存をサポート。
  • KML スクリーン オーバーレイの追加、編集、および保存のサポート
  • KML グラウンド オーバーレイの追加、編集、保存のサポート
  • KML ネットワーク リンクの追加、編集、および保存のサポート
  • KML エラー メッセージ表示の強化
    • KML スキーマ エラーおよび XML 言語エラーの正確なエラーメッセージを表示します。
    • XML 言語エラーのエラー ラインを見つけます。

新規データ タイプ

  • オンラインおよびオフライン利用するためのモバイル シーン パッケージのサポート。
  • データの追加および Living Atlas コンテンツのフィルタリングのために ArcGIS Living Atlas を個別のカテゴリとして追加。
  • ポイント クラウドおよび 3D ポイント シーン レイヤーのサポート。

ビジュアライゼーション

  • Single Symbol and Dictionary 方法でフィーチャ レイヤーをシンボル化します。
    • モバイル スタイルおよび辞書スタイル (Esri スタイルからの 5 つの軍事シンボル仕様) のインポートをサポート。
    • フィーチャの 3D シンボルへの立ち上げのサポート。
  • コンテンツ ウィンドウでレイヤーの凡例を表示します。

連携

  • Web シーン、ArcGIS Services、ポータル アイテムの QR コードを生成し、モバイル デバイスの ArcGIS Earth と連携します。

拡張機能

  • 強化したジオメトリ 編集ワークフロー
    • エディター ツールボックスを追加。
    • 3D 編集の XYZ 軸を追加。
    • 新しい頂点の描画エレメントへの追加のサポート。
    • 選択した頂点の XYZ の指定のサポート。
  • 構成の管理の強化
    • モバイル シーン パッケージ、Web シーン、WMS サブレイヤー、ポイント クラウド シーン レイヤー、3D ポイント シーン レイヤーを開始レイヤーとして指定するサポート。
    • 起動時に URL チェックをスキップします。
    • 辞書シンボルのユーザー インターフェイスでハイパーリンクおよびテキスト表示を構成します。
  • ユーザビリティの強化
    • Web フィーチャ レイヤーのスタイルを表示します。
    • スライダー コントロールの追加したテキスト ボックス。
    • アニメーション化したインタラクティブな解析のユーザビリティの向上
    • ベースマップ グループを選択しているときの UI インジケーター。
    • アニメーションの読み込み。
    • ワークスペース内で自動保存が編集します。
  • パフォーマンスの向上
    • ポイント フィーチャ レイヤーおよびラスター レイヤーのレンダリング性能の改善。
    • 統合メッシュ シーン レイヤーの読み込み性能の改善。


このトピックの内容
  1. ハイライト
  2. 概要
  3. 拡張機能