Skip To Content

新機能

2019 年 3 月のアップデートに含まれる新機能を次に示します。

  • ウクライナ語、アラビア語、ヘブライ語を新たに使用できるようになりました。ロケールがこれらの言語の 1 つに設定されている場合、ダッシュボードはこの設定を適用します。
  • カテゴリ セレクターは、複数選択を許可するように構成した場合、[なし] オプションを含めることができるようになりました。これを使用すると、多くのアイテムを一度で簡単に選択解除できます。
  • エレメントが [データはありません] または [値がありません] を表示するときに利用できる書式設定オプションが追加されました。
  • インジケーターおよびヘッダー エレメントで、新しいアイコンを利用できるようになりました。
備考:

従来の Operations Dashboard for ArcGIS Windows アプリは、2019 年 1 月 1 日に廃止状態に移行しました。これは、Operations Dashboard Web アプリに置き換えられました。従来のアプリはオペレーション ビュー アイテムを作成しました。Web アプリはダッシュボード アイテムを作成します。ArcGIS Enterprise 10.7 と ArcGIS Online の 2019 年 3 月のアップデートにより、オペレーション ビューは作成または編集できなくなりました。既存のオペレーション ビューには廃止のマークが付き、読み取り専用アイテムとして使用可能になります。10.7 に続く次のメジャー リリースの ArcGIS Enterprise では、オペレーション ビューにはアクセスできなくなります。