Skip To Content

フィルターの適用

フィルターは、マップ内にあるフィーチャ レイヤーの対象を絞ったビューを提供します。レイヤー内のフィーチャの表示を制限することで、重要なフィーチャを明確にできます。たとえば、犯罪レイヤーに対するフィルターを作成して、先月に発生した放火火災だけをマップ上に表示することができます。犯罪の種類や日付に基づいて犯罪レイヤーをフィルタリングすると、警察が放火事件を未然に防ぐことができるように、最近の放火発生場所のパターンを表示することができます。

また、マップの作成者は、対象ユーザーがデータを自分で調べるのに役立つ対話型フィルターを設定することもできます。レイヤー内で使用可能な値を知らせるプロンプトやヒントを表示することで、そのフィーチャに適用できるその他のフィルターをユーザーに案内できます。たとえば、学校レイヤーに対して対話型フィルターを設定すると、ユーザーは小学校、中学校、高校のどれを表示するかを選択できます。デフォルトでは、レイヤーには小学校が表示されます。ユーザーは、表示されるプロンプトとヒントを参考にし、値を [中学校][高校] に変更して、マップ上に別の種類の学校を表示することができます。

既存のフィルターの操作

マップのフィーチャ レイヤーにフィルターが含まれている場合、そのフィーチャのフィルタリングされたビューが表示されます。マップ上に表示されるのは、フィルター条件に合致したフィーチャだけです。たとえば、マップ作成者が、小学校、中学校、高校を含む学校レイヤーに対して小学校だけを表示するフィルター (<タイプ> <小学校> <に等しい>) を設定しているとします。この場合、中学校や高校はフィルタリングによりマップに表示されません。マップ作成者が学校レイヤーに対して対話型フィルターを設定してある場合は、値を [中学校] に変更することで、そのエリアの中学校だけを表示することができます。

フィルターにアクセスして、式を表示したり、フィルター内の対話型の式を変更したり、フィルターを編集したりできます。加えた変更は、表示されているマップのビューにのみ適用されます (マップを所有していない場合。所有している場合は、変更内容を保存できます)。

  1. フィルタリングされたレイヤーがあるマップをMap Viewerで開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 既存のフィルターを含むフィーチャ レイヤーを参照し、[フィルター] フィルター をクリックします。
  4. フィルターを変更、編集、または表示します。
    • [変更] タブで、既存の対話型フィルターに対して新しい値を適用できます。式に新しい値を入力して、[フィルターの適用] ボタンをクリックします。マップには、フィーチャ レイヤーの新たにフィルタリングされたビューが表示されます。このタブには、フィルター内の式のわかりやすいバージョンも表示されます。このタブは、フィルター内に対話型の式がある場合に表示されます。フィルターに対話型の式が含まれていない場合、代わりに [表示] タブにフィルター内の式のわかりやすいバージョンが表示されます。
    • [編集] タブでは、式を更新できます。式の更新方法の詳細については、次のセクションをご参照ください。

フィルターの作成

フィルターは、ホスト フィーチャ レイヤーおよび ArcGIS Server フィーチャ サービス レイヤーに対して作成できます。マップ メモやファイルからインポートされたフィーチャに対してフィルターを作成することはできません。マップには、フィルターの式の条件に合致したフィーチャだけが表示されます。

Map Viewerでフィルターを使用する手順を次に示します。フィーチャ レイヤーの場合は、フィーチャ レイヤーのアイテム ページの [ビジュアライゼーション] タブでフィルターを使用することもできます。

  1. Map Viewerでマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. フィルタリングするフィーチャ レイヤーを参照し、[フィルター] フィルター をクリックします。
  4. 定義式を作成します。
    • 式では、<フィールド名> <演算子> <値、フィールドまたは個別値> という一般形式が使用されます。
    • 1 つの式、複数の式、あるいは 1 つ以上の式のセットを作成できます。1 つのセットとは、式のグループで、たとえば、「[<タイプ> <小学校> <に等しい>] および [<入学者数> <400> <以上>]」などです。式のセットを作成するには、[セットの追加] をクリックします。セットの詳細と例の表示については、「考慮事項」セクションをご参照ください。
    • 式が複数ある場合、式の [すべて][一部] のどちらに合致するレイヤー内のフィーチャを表示するかを選択します。[すべて] の場合、指定した条件がすべて真である必要があります。[一部] の場合、式の中で 1 つだけが真であれば、フィーチャが表示されます。
    • 式のフィールドの部分で [フィールド] ドロップダウン矢印をクリックして、リストからクエリ対象のフィールドを選択します。
    • 式の演算子の部分で [演算子] ドロップダウン矢印をクリックして、リストから演算子を選択します。
    • 特定の値に基づいてフィルターする場合は、[値] を選択して、フィールドに値を入力します。入力ボックスは、フィールド タイプに応じて異なります。
    • 2 つのフィールド間で値を比較する場合は、[フィールド] を選択し、ドロップダウン矢印をクリックして、式のフィールドを選択します。
    • 式で選択したフィールド内の特定の値に基づいてフィルターする場合は、[個別値] を選択し、フィールドから一意の値を選択します。このオプションが使用できない場合、制約が適用されている可能性があります。
    • 複数の値または一意の値に基づいた式を作成した場合、対話型の式を設定できます。フィールドに基づいた式の場合、値を確認することはできません。[値の確認] ボックスをクリックします。[プロンプト] フィールドに値に関する情報、[ヒント] フィールドにヒントを入力します。
    • フィルター内の式を削除するには、式の右側にある [削除] ボタン 削除 をクリックします。
  5. [フィルターの適用] をクリックすると、マップ上でフィルタリングされたビューが有効になります。
    ヒント:

    ホスト フィーチャ レイヤーのフィルターを作成した場合、フィルター処理されたビューを有効化し、フィルターを表示するように現在のマップを再描画する [フィルターを適用してズーム] オプションが表示されます。

  6. フィーチャ レイヤーの所有者または組織サイトの管理者は、レイヤーにフィルターを保存できます。 [その他のオプション] [その他のオプション][レイヤーの保存] の順にクリックします。

    レイヤーにフィルターを保存すると、そのレイヤーにアクセスするすべてのユーザーに対し、フィルタリングされたデータが表示されます。レイヤーにフィルターを保存しない場合、そのフィルターはそのマップ内でのみ使用されます。

  7. フィルターを解除し、レイヤー内のすべてのフィーチャを表示するには、[フィルターの削除] をクリックします。

    レイヤーにフィルターを保存した場合は、レイヤーからフィルターを削除するため、レイヤーを再度保存する必要があります。

日付によるフィルタリング

一部のフィーチャ レイヤーは、日付でフィルタリングできます。たとえば、指定した日付範囲内に発生した地震を示す場所を表示したりできます。

また、[以内である][以内でない] 演算子を使用すると、動的な日付フィルターをホスト フィーチャ レイヤーに適用し、現在の日付を基準として発生イベントを表示することもできます (過去 5 日以内に編集されたすべてのフィーチャなど)。この場合、手動でフィルターを毎日更新する必要がなくなります。日付フィルターに使用可能なその他の演算子には、[である][でない][より前である][より後である][の間にある][の間にない] などがあります。

備考:

日付によるフィルタリングは、標準化されたクエリをサポートするホスト フィーチャ レイヤーおよび ArcGIS Server 10.2 以降のサービス レイヤーで使用できます。

  1. Map Viewerでマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. フィルタリングするフィーチャ レイヤーを参照し、[フィルター] フィルター をクリックします。
  4. 次の手順に従って、日付フィルターとして使用する定義式を作成します。
    1. [フィールド] ドロップダウン メニューから日付フィールドを選択します。
    2. [である][より前である][以内である] などの演算子を [演算子] ドロップダウン メニューから選択します。
      備考:

      [以内である] および [以内でない] 演算子は、ホスト フィーチャ レイヤーにのみ利用できます。

    3. データのフィルタリング方法に応じて、次のいずれかを実行します。
      • 特定の日付値に基づいてフィルタリングする場合は、[値] をクリックして、値を入力します。選択した演算子に応じて、カレンダーで 1 つの日付 (または 2 つの日付) を指定するか、1 つまたは 2 つの日付を手動で入力するか、時間範囲を日、週、月単位で指定することができます。
      • あるフィールドの値と別のフィールドの値を比較する場合は、[フィールド] をクリックして、ドロップダウン メニューからフィールドを選択します。
      • 式で使用するために選択した日付フィールド内の特定の値に基づいてフィルタリングする場合は、[個別値] をクリックして、一意の日付値を選択します。このオプションが使用できない場合、制約が適用されている可能性があります。
  5. 必要に応じて、さらに式または式のセットを追加します。
  6. 入力が終了したら、[フィルターの適用] をクリックします。

フィルターに関する注意事項

フィルターを操作する際は次の点に留意してください。

  • フィルターは、ホスト フィーチャ レイヤー、ホスト フィーチャ レイヤー ビュー、および GIS Server フィーチャ サービス レイヤーに対して作成できます。 マップ メモやファイルからインポートされたフィーチャに対してフィルターを作成することはできません。
    備考:

    ホスト フィーチャ レイヤーとホスト フィーチャ レイヤー ビューに適用されるフィルターでは、レイヤーのデータへのアクセスが制限されません。レイヤーへのアクセス権のあるユーザーは誰でも、フィルターを解除して、すべてのデータにアクセスすることができます。

  • フィールド名を変更するには、ポップアップ構成を使用してフィールド エイリアスを編集します。
  • 値または個別値に基づいて対話型の式を作成できます。フィールドに基づいて対話型の式を作成することはできません。
  • 日付フィールドは、標準化されたクエリをサポートするホスト フィーチャ レイヤーおよび ArcGIS Server 10.2 以降のサービス レイヤーでフィルタリングできます。
  • 特殊文字が値の一部となっている場合を除いて、値に特殊文字を追加しないでください。たとえば、「<都市> <"New York"> <に等しい>」という式を作成しても、「New York」という名前のフィーチャは検索できません。この例の場合、代わりに「<都市> <New York> <に等しい>」とする必要があります。
  • フィールドにコード値が含まれている場合、[値] リストには、フィールドに対してサービスで定義されているすべてのコード値が表示されます。これには、レイヤー内にフィーチャとして存在していない値が含まれる場合があります。[個別値] リストには、レイヤー内のすべてのフィーチャが表示されます (これは、サービス内の一部の値である場合があります)。
  • [個別値] オプションには 10.1 以降のマップ サービス レイヤーが必要です。10.0 以前のマップ サービス レイヤーでフィルタリングしている場合、このオプションは表示されません。
  • 一意の値の数がレイヤーに許可されている制限を超えている場合、[個別値] オプションは使用できません。この場合は代わりに [値] オプションを使用して、フィルターに使用する値を明示的に入力できます。
  • 複数の式をグループ化してセットにすることおよび式をグループ化する方法によって、マップ上の表示内容が決定されます。たとえば、このマップでは、ペンシルベニア州フィラデルフィアの刑事事件のレイヤーをフィルタリングするために式のセットが使用されます。この例では、マップ作成者は、マップで拳銃に関連する刑事事件または死亡者の出た刑事事件を表示したいと考え、拳銃に関連しない窃盗などの他の種類の事件は除外したいと考えています。さらに、マップ作成者は、2016 年に発生した拳銃事件と死亡事件のみを対象にしたいと考えています。

    この目的のためには、フィルターに 4 つの個別式が必要です。マップ作成者が表示したい 3 つの事件タイプ (「Robbery Firearm」、「Homicide – Criminal」、「Aggravated Assault Firearm」) の各式と対象の年 (「2016」) の式です。セットを使用して年の式と事件タイプの各式をグループ化することで、マップに以下の両方の条件に該当する事件のみが表示されます。

    • 事件タイプが「Robbery Firearm」、「Homicide – Criminal」、または「Aggravated Assault Firearm」である。
    • 2016 年に発生した事件である。