Skip To Content

レイヤーの追加

レイヤーは、マップのコンテンツとなるものです。レイヤーには、人、地球、生活など、さまざまな情報が含まれており、画像、タイル、フィーチャなどで構成されています。レイヤーをマップに追加するには、組織サイトにサイン インして、マップ ビューアー を開き、[追加] ボタンをクリックします。レイヤーの検索Living Atlas レイヤーの参照ArcGIS Marketplace から購入したデータ レイヤーの参照Web からのレイヤーの追加ファイルからのレイヤーの追加、およびマップ メモの追加を実行できます。 また、ルート案内を取得したり、ルートをレイヤーとして追加したりできます。

注意:

コンテンツを作成する権限を持っていない場合、[マップの変更] をクリックしてデータを調査するレイヤーを追加できます。

追加できるレイヤー

次のリストは、マップに追加できるレイヤーを示しています。マップを保存すると、追加したアイテムはマップとともに保存され、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブにマップが表示されます。

  • ArcGIS Server サービス (標高レイヤー、フィーチャ レイヤー、マップ イメージ レイヤー、イメージ レイヤー、およびタイル レイヤー) (URL)
  • カンマ区切り値 (CSV) のファイル (*.csv)
  • GeoJSON (*.json または *.geojson)
  • GeoRSS Web フィード (URL)
  • GPS Exchange Format ファイル (*.gpx)
  • KML (Keyhole Markup Language) ファイル (*.kml、*.kmz)
  • マップ メモ (マップ ビューアー で作成)
  • OGC (Open Geospatial Consortium) の WFS (Web Feature Service) (URL)
  • OGC (Open Geospatial Consortium) の WMS (Web Map Service) (URL)
  • OGC (Open Geospatial Consortium) の WMTS (Web Map Tile Service) (URL)
  • ルート (マップ ビューアー で作成)
  • シェープファイル (*.zip)
  • テキスト ファイル (*.txt)
  • タイル レイヤー (URL)

レイヤーの検索

マップに情報を追加する方法の 1 つは、組織、お気に入り、ArcGIS Online、または ArcGIS サーバー サイトから既存のレイヤーを検索することです。ArcGIS Online には、ユーザーが追加したコンテンツ、ユーザーが属するグループのコンテンツ、およびパブリック コンテンツが含まれます。Living Atlas レイヤーには、世界各地の交通量と人口統計が含まれています。検索対象となるレイヤーは、ArcGIS Server のマップ、イメージ、およびフィーチャ レイヤー、テーブル、KML ドキュメント、ルート レイヤー、OGC Web サービスです。

Living Atlas レイヤーを検索するオプションは、組織アカウントでサイン インしている場合に表示されます。人口統計マップや交通量マップなど、選択したマップ レイヤーを Living Atlas of the World から参照して選択し、自分のマップに追加できます。Living Atlas レイヤーでは、アクセスのために組織向けのサブスクリプションが必要な場合があり、クレジットを消費する場合もあります。これらはアイテム説明で確認できます。

デフォルトでは、レイヤーは組織サイト内で検索されます。ユーザーが組織サイトのメンバーではない場合、レイヤーはデフォルトで、ArcGIS Online で検索されます。GIS サーバー検索を使用すると、認識済みの ArcGIS Server サイトへの URL を指定して、そのサーバー上のレイヤーの一覧を表示することができます。ArcGIS Server レイヤーの URL を入力し、結果の一覧からそのレイヤーを追加することもできます。マップ、イメージ、フィーチャ レイヤーがサポートされています。

マップの現在の範囲に基づいて結果を取得するオプションがあります。たとえば、マップを米国ネバダ州に拡大すると、検索結果はマップの範囲に合わせて並べ替えられます。マップ範囲をペンシルバニア州に変更すると、通常、(キーワードに応じて) 異なる結果が返されます。現在のマップ範囲に重なり合っている (キーワードに一致する) すべてのレイヤーが返されます。現在のマップ範囲に基づいて結果を取得しない場合は、[マップ エリア内] をオフにします。

組織アカウントを使用してサイン インし、組織内のコンテンツを検索する場合は、信頼できるコンテンツのみを検索できる追加オプションが表示されます。このオプションを選択すると、組織内で信頼できるとしてマークされたレイヤーのみが検索で返されます。

  1. [追加] をクリックして [レイヤーの検索] を選択します。
  2. [検索] フィールドにキーワードを入力します。また、検索フィールドを使用して、検索結果を絞り込むこともできます。
  3. レイヤーを検索する場所を、[組織][GIS サーバー][ArcGIS Online][Living Atlas レイヤー][マイ コンテンツ][お気に入り]、または所属しているグループから選択します。

    [Living Atlas レイヤー] オプションを表示するには、組織アカウントでサイン インする必要があります。

  4. 現在のマップ範囲に基づいて結果を取得しない場合は、[マップ エリア内] をオフにします (現在のマップ範囲に基づいて結果を取得したい場合は、チェックボックスをオンのままにします)。
  5. 組織内のレイヤーを検索するときに、組織内で信頼できるとマークされたレイヤーのみが検索で返されるようにする場合は、[信頼できるコンテンツのみ] をオンにします。

    このオプションを表示するには、組織アカウントでサイン インする必要があります。

  6. [検索] をクリックします。入力したキーワードに関連するレイヤーの一覧が表示されます。
  7. タイトルをクリックしてレイヤーのポップアップ概要を表示するか、タイトルの右にある [追加] をクリックしてマップにレイヤーを追加します。

Living Atlas レイヤーの参照

組織サイトのメンバーは、[Living Atlas レイヤー] を参照し、マップに直接追加できます。これらのレイヤーは Living Atlas of the World の一部であり、画像、人口統計、土地被覆などが含まれています。これらのレイヤーの大部分は、マップに自由に使用でき、誰でも表示することができます。ただし、サブスクリプション コンテンツまたはプレミアム コンテンツを含むマップをパブリックに共有する場合は、マップ ベースのアプリを作成して、組織向けサブスクリプションを通してコンテンツにアクセスできるように構成できます。(作成者のサブスクリプションがクレジット コストを負担します)。

  1. [Living Atlas レイヤーの参照] を選択して、レイヤーのギャラリーを開きます。ギャラリーは、マップの現在の範囲に基づいています。現在のマップ範囲に基づいて結果を取得しない場合は、[マップ エリア内] をオフにします。
  2. 必要なレイヤーを検索します。
    • レイヤーのカテゴリ (画像や人など) を選択します。
    • 特定のレイヤーを検索する場合は、キーワード検索を使用します。
    • ページを移動して、すべての使用可能なレイヤーを参照します。
    • Esri が公開しているレイヤーだけを表示する場合は、[Esri レイヤーのみ表示] の横にあるチェックボックスをオンにします。
    • サムネイルの上にポインターを合わせると、レイヤーの説明が表示されます。
  3. [マップに追加] をクリックし、[レイヤーとして] または [ベースマップとして] をクリックして、マップにレイヤーを追加します。

ArcGIS Marketplace データ レイヤーの選択

ArcGIS Marketplace から購入したデータ レイヤーのライセンスを組織が割り当てた場合は、これらのレイヤーをマップに追加することができます。

  1. [追加] をクリックし、[サブスクリプション レイヤーを選択] をクリックします。
  2. 追加するレイヤーを選択し、そのサムネイルをクリックします。他に追加したいレイヤーがあれば、この操作を繰り返します。

    選択されたレイヤーがマップに追加されます。

  3. レイヤーの追加を完了したら、[閉じる] をクリックします。

Web からのレイヤーの追加

URL を使用して次のタイプのレイヤーを追加できます。ArcGIS Server Web サービスOGC WFS Web サービスOGC WMS Web サービスOGC WMTS Web サービスタイル レイヤーKML ファイルGeoRSS ファイル、および CSV ファイル。組織サイトが Bing Maps 用に構成されている場合、Bing Maps ベースマップを追加することもできます。

[Web からレイヤーを追加] オプションを選択し、追加する Web レイヤーのタイプを選択します。

ArcGIS Server Web サービス

ArcGIS Server Web サービスは、ArcGIS Server サイト上のマップ、画像、またはフィーチャ リソースです。ArcGIS Server サイト上のサービスにアクセスするためのユーザー名とパスワードがわかっている場合は、ArcGIS Server 10 SP1 以降のリリースで作成されたセキュリティ サービスを追加できます。セキュリティ サービスをマップに追加するときは、それらの情報を入力するよう求められます。また、マップを表示しているユーザーもすべて、ArcGIS Server サービスにログインするよう求められます。ArcGIS Server のログインが無効な場合、マップはレイヤーが存在しない状態で表示されます。

  1. [ArcGIS Server Web サービス] を選択して、レイヤーの Web アドレスを [URL] フィールドに入力します。

    ArcGIS Server Web サービスの URL は、「https://<server name>/arcgis/rest/services/folder/<service name>/<service type>」の形式です。サービスがルート フォルダーにある場合、URL にフォルダー名を含める必要はありません。その場合の URL の形式は、「https://<server name>/arcgis/rest/services/<service name>/<service type>」です。

    たとえば、ArcGIS Server マップ サービスに接続するには、次のような URL を入力します: https://myserver.com/arcgis/rest/services/service/MapServer詳細および例については、「ArcGIS URL のコンポーネント」をご参照ください。

    HTTPS 経由でサービスにアクセスする必要がある場合は、https を使用してレイヤーを追加します。

  2. レイヤーをベースマップとして使用する場合、[ベースマップとして使用] をオンにします。
  3. [レイヤーの追加] をクリックし、レイヤーをマップに追加します。

OGC WFS Web サービス

OGC WFS は、OGC WFS (Web Feature Service) 仕様に準拠するフィーチャ サービスです。例をご参照ください OGC WFS レイヤーを追加した後は、その属性テーブルの表示単純なスタイルの変更ポップアップの構成透過表示の変更解析の実行などを行うことができます。

  1. [WFS OGC Web サービス] を選択して、レイヤーの Web アドレスを [URL] フィールドに入力します。

    例: http://suite.opengeo.org/geoserver/wfs?service=wfs&request=getcapabilities

  2. サービスに作成するリクエストにカスタム パラメーターを追加する場合は、次の手順を実行します。
    1. [カスタム パラメーターの追加] をクリックします。
    2. [パラメーターの追加] をクリックし、追加するパラメーターの名前を入力します。
    3. [値] 列にパラメーター値を入力します。

    指定したカスタム パラメーターは、WFS に作成されるすべてのリクエストに自動的に適用されます。

  3. [レイヤーの取得] をクリックします。
  4. 追加するレイヤーを選択します。複数のレイヤーは選択できません。
  5. 選択したレイヤーに複雑なフィーチャが含まれている場合は、表示するフィーチャのタイプ ([ポイント][ライン]、または [ポリゴン]) も選択する必要があります。
  6. [高度なオプションを表示] をクリックし、必要に応じて次の変更を行います。
    • 最大フィーチャ数 - WFS から要求されて Web マップに描画される最大フィーチャ数を変更する場合に新しい値を入力します。
    • X/Y 座標の入れ替え - X,Y 座標を入れ替えるにはこのチェックボックスをオンにします。
  7. [レイヤーの追加] をクリックします。
  8. WFS にさらにレイヤーを追加する場合は、この手順を繰り返します。
ヒント:

また、レイヤーを追加した後に、[コンテンツ] ウィンドウでそのレイヤーの [その他のオプション] ボタン その他のオプション をクリックし、[WFS OGC オプション] をクリックして、高度なオプションやカスタム パラメーターを設定したり変更したりすることもできます。

OGC WMS Web サービス

OGC WMS は、OGC WMS (Web Map Service) 仕様に準拠するマップです。例をご参照ください OGC WMS レイヤーを追加した後は、ポップアップの有効化、表示されるレイヤーの構成、ポップアップの構成、透過表示の変更表示範囲の設定更新間隔の変更などを行うことができます。

注意:
  • ポップアップを有効化するオプションを WMS レイヤーで使用できない場合は、そのレイヤーをもう一度 マップ ビューアー に追加するか、WMS アイテムを再作成する必要があることもあります。一部の WMS レイヤーはポップアップをサポートしていません。
  • WMS レイヤーに対する更新は、WMS サービスが標準の HTTP キャッシュ ルールに従う場合のみ適用されます。

  1. [WMS OGC Web サービス] を選択して、レイヤーの Web アドレスを [URL] フィールドに入力します。

    WMS サービスの URL の例を示します: http://ows.terrestris.de/osm/service?SERVICE=WMS&VERSION=1.1.1&REQUEST=GetCapabilities

  2. サービスに作成するリクエストにカスタム パラメーターを追加する場合は、次の手順を実行します。
    1. [カスタム パラメーターの追加] をクリックします。
    2. [パラメーターの追加] をクリックし、追加するパラメーターの名前を入力します。
    3. [値] 列にパラメーター値を入力します。
    4. [追加対象] 列で、サービスに作成するリクエストにパラメーターを追加する場合は [すべて] を選択し、レイヤーを描画または検索するリクエストに対してのみパラメーターを追加する場合は [レイヤーのみ] を選択します。
    5. 追加する各パラメーターに対して上記の手順を繰り返します。
  3. レイヤーをベースマップとして使用する場合、[ベースマップとして使用] をオンにします。
  4. サービス全体を追加するのではなく、OGC WMS サービスの特定のレイヤーを選択してマップに追加する場合、[レイヤーの取得] をクリックして、追加するレイヤーの横にあるチェックボックスをオンにします。サービス全体を追加する場合、この手順をスキップできます。
    ヒント:

    レイヤー名をクリックして、新しい名前を入力すると、レイヤーを追加する前にレイヤーの名前を変更することができます。

    カスタム パラメーターを指定した場合、それらは、選択したすべてのレイヤーに適用されます。別のカスタム パラメーターを特定のレイヤーのみに追加する場合は、それらのレイヤーを個別に追加する必要があります。

  5. [レイヤーの追加] をクリックします。
ヒント:

また、レイヤーを追加した後に、[コンテンツ] ウィンドウでそのレイヤーの [その他のオプション] ボタン その他のオプション をクリックし、[WMS OGC オプション] をクリックして、カスタム パラメーターを追加したり変更したりすることもできます。

OGC WMTS Web サービス

OGC WMTS は、OGC WMTS (Web Map Tile Service) 仕様に準拠するキャッシュ イメージ タイルのセットです。例をご参照ください OGC WMTS レイヤーを追加した後は、透過表示の変更表示範囲の設定更新間隔の変更などを行うことができます。

  1. [WMTS OGC Web サービス] を選択して、レイヤーの Web アドレスを [URL] フィールドに入力します。

    WMTS の URL の例を示します: http://tileserver.maptiler.com/wmts

  2. サービスに作成するリクエストにカスタム パラメーターを追加する場合は、次の手順を実行します。
    1. [カスタム パラメーターの追加] をクリックします。
    2. [パラメーターの追加] をクリックし、追加するパラメーターの名前を入力します。
    3. [値] 列にパラメーター値を入力します。
    4. [追加対象] 列で、サービスに作成するリクエストにパラメーターを追加する場合は [すべて] を選択し、レイヤーを描画または検索するリクエストに対してのみパラメーターを追加する場合は [レイヤーのみ] を選択します。
    5. 追加する各パラメーターに対して上記の手順を繰り返します。
  3. [レイヤーの取得] をクリックします。
  4. 追加するレイヤーを選択します。レイヤーをベースマップとして使用する場合、[ベースマップとして使用] チェックボックスをオンにします。
    注意:

    選択したレイヤーが現在のマップと一致する座標系およびタイル スキーマをサポートしていない場合、そのレイヤーをベースマップとして追加したり、[タイル スキーマ] ドロップダウン メニューから目的のタイル スキーマを選択したりできます。

  5. [レイヤーの追加] をクリックします。
  6. WMTS にその他のレイヤーを追加する場合は、この手順を繰り返します。
ヒント:

また、レイヤーを追加した後に、[コンテンツ] ウィンドウでそのレイヤーの [その他のオプション] ボタン その他のオプション をクリックし、[WMTS OGC オプション] をクリックして、カスタム パラメーターを追加したり変更したりすることもできます。

タイル レイヤー

タイル レイヤーは、サーバーに存在する、Web からアクセス可能なタイルのセットです。Web からタイル レイヤーを追加したら、タイルには Web ブラウザーからダイレクト URL リクエストによってアクセスします。マップ ビューアー でタイル レイヤーを正確に表示するために、Web メルカトル (球体補正) 座標系が使用されていることを確認します。例をご参照ください

タイル レイヤー内の適切なタイルにアクセスするときの URL は、そのタイル レイヤーによって異なります。URL には、パラメーター化された値が含まれています。マップ ビューアー は画面移動および拡大縮小を行うときにこの値を使用して、マップの範囲と縮尺に対応するタイルを動的にリクエストします。たとえば、OpenCycleMap タイル レイヤーの URL には、中括弧 {} の中にパラメーター化された値が含まれています: http://www.opencyclemap.org/: http://{subDomain}.tile.opencyclemap.org/cycle/{level}/{col}/{row}.png

  1. [タイル レイヤー] を選択して、レイヤーの Web アドレスを [URL] フィールドに入力します。

    この URL はデータ プロバイダーから入手します。

    HTTPS 経由でサービスにアクセスする必要がある場合は、https を使用してレイヤーを追加します。

    注意:

    Web から追加されたタイル レイヤーが マップ ビューアー で適切に表示されるには、Web メルカトル (球体補正) 座標系が使用されている必要があります。

  2. タイル レイヤーに 1 つ以上のサブドメインが含まれている場合、[サブドメイン] フィールドでタイル レイヤーのサブドメイン ラベルを指定します。ラベル同士はカンマで区切ります。

    サブドメインはタイル レイヤーのプロバイダーが複数のサーバーにタイル リクエストを分散するために使用されます。すべてのタイル レイヤーにサブドメインがあるわけではありません。タイル レイヤーにサブドメインがない場合、[Web からレイヤーを追加] ウィンドウにサブドメイン フィールドは表示されません。サブドメインのラベルがわからない場合、タイル レイヤーのプロバイダーにお問い合わせください。

    注意:

    タイルが複数のサーバーに分散している場合は、サブドメイン情報を指定する必要があります。

  3. [タイトル] フィールドにタイル レイヤーのタイトルを入力します。

    マップの [コンテンツ] ウィンドウに、入力したタイトルがタイル レイヤー名として表示されます。

  4. [クレジット] フィールドに、タイル レイヤー プロバイダーの著作権情報や必須の属性情報を入力します。

    マップの右下にクレジットが表示されます。

  5. タイル カバレッジの範囲を設定するには、[タイル カバレッジの設定] をクリックします。

    タイル カバレッジはすべてのタイルの範囲を表します。これはオプションの設定です。範囲が設定されている場合、指定されている範囲でのみタイルが要求されます。ただし、タイルは範囲に収まるようにクリップされないため、範囲を超えている場合があります。

  6. レイヤーをベースマップとして使用する場合、[ベースマップとして使用] をオンにします。
  7. [レイヤーの追加] をクリックし、レイヤーをマップに追加します。

KML ファイル

KML ファイルには、地理フィーチャのセットが含まれています。

  1. [KML ファイル] を選択して、レイヤーの Web アドレスを [URL] フィールドに入力します。

    この URL はデータ プロバイダーから入手します。

  2. [レイヤーの追加] をクリックし、レイヤーをマップに追加します。

GeoRSS ファイル

GeoRSS ファイルは、地理フィーチャと位置が含まれている Web フィードです。例をご参照くださいからアクセスします。

  1. [GeoRSS ファイル] を選択して、レイヤーの Web アドレスを [URL] フィールドに入力します。

    この URL はデータ プロバイダーから入手します。

  2. [レイヤーの追加] をクリックし、レイヤーをマップに追加します。

CSV ファイル

URL として参照する CSV ファイルは、一般的に位置情報が含まれている、Web ベースのカンマ区切りテキスト ファイルです。位置情報がテーブルとして含まれていない CSV ファイルを追加することもできます。これは、[フィーチャの結合] ツールを使用して、Web 上の非空間データ (販売情報など) を空間データ (ZIP Codes レイヤーなど) に追加する場合に便利です。

  1. [CSV ファイル] を選択して、レイヤーの Web アドレスを [URL] フィールドに入力します。

    この URL はデータ プロバイダーから入手します。

  2. CSV ファイルが空間情報を含んでいない場合は、マップ ビューアー で CSV ファイルをテーブルとして追加します。
  3. [レイヤーの追加] をクリックします。

Bing ベースマップ

[Bing Maps] オプションは、組織が Bing Maps キーを使用してマップを構成した場合にのみ表示されます。

  1. [Bing Maps] を選択して、使用する Bing Map のタイプ ([道路地図][航空写真]、または [ハイブリッド]) を選択します。
  2. [レイヤーの追加] をクリックし、レイヤーをマップに追加します。

ファイルからのレイヤーの追加

区切りテキスト ファイル (*.csv または *.txt)、GPS Exchange Format ファイル (*.gpx)、GeoJSON ファイル (*.geojson または *.json)、またはシェープファイル (*.zip ファイルに圧縮済み) に保存されたデータをインポートして、マップにレイヤーを追加できます。ファイルからのレイヤーはマップに保存されます。

ヒント:

CSV ファイルまたはシェープファイルに大規模なデータが含まれている場合、または複数の Web マップで再利用できるレイヤーを作成する場合は、マップにファイルを追加する代わりに、ホスト フィーチャ レイヤーを公開できます。

位置情報が含まれていない CSV ファイルを、テーブルとして マップ ビューアー に追加することもできます。これは、[フィーチャの結合] ツールを使用して、非空間データ (最近の竜巻に関連する物的損害請求など) を空間データ (ZIP Codes レイヤーなど) に追加する場合に便利です。

  1. [ファイルからのレイヤーの追加] を選択します。
  2. [ファイルの選択] をクリックして、コンピューター上のファイルを特定します。
  3. [レイヤーのインポート] をクリックします。

    GeoJSON ファイルまたは GPX ファイルを追加すると、マップ上にレイヤーが表示されます。別のタイプのファイルを追加する場合は、次の手順に進んでください。

  4. CSV ファイル、TXT ファイル、またはシェープファイルを追加する場合は、次の操作を実行します。
    1. 必要に応じて、次のいずれかを行います。
      • 位置情報を含む区切りテキスト ファイル (*.csv または *.txt) を追加する場合は、必要に応じて [座標] または [住所または場所] を使用してマップ ビューアーでフィーチャを特定することもできます。

        住所または場所によってフィーチャを特定するには、使用するロケーターをクリックするか、デフォルトの設定をそのまま使用します。

        デフォルトでは、マップ ビューアーの場所のジオコーディングは、組織の地域に基づきます。マップ ビューアーで場所のジオコーディングに使用する国を変更するには、[国] ドロップダウン メニューから別の国を選択します。ファイルに複数の国の場所や、リストにない国の場所が含まれている場合は、[世界] を選択します。

        注意:

        住所のジオコーディングでは、サービス クレジットを消費します。

        場所フィールドを確認し、セルをクリックして使用する位置フィールドを変更します。MGRS や USNG などのサポートされている座標フィールドを含む CSV ファイルを追加する場合は、座標フィールドに対応する位置フィールドを選択します (まだ選択されていない場合)。

      • CSV ファイルが空間情報を含んでいない場合は、マップ ビューアー で CSV ファイルをテーブルとして追加します。
      • シェープファイルを追加する場合は、フィーチャを Web 表示用に単純化するか、元のフィーチャを保持するかを選択します。
    2. [レイヤーの追加] をクリックします。

    レイヤーがマップに追加されます。

ファイルのドラッグ アンド ドロップ

マップ ビューアー[追加] ボタンを使用して *.csv、*.txt、または *.gpx ファイルをインポートできるだけではなく、コンピューターからマップにファイルをドラッグ アンド ドロップできます。マップ ビューアーは、[追加] の使用時と同様にファイルを処理します。*.txt、*.csv、および *.gpx ファイルのドラッグ アンド ドロップは、Google Chrome および Mozilla Firefox ブラウザーでサポートされています。Internet Explorer および Apple Safari ではサポートされていません。

コンピューターからシェープファイルをドラッグして、マップにドロップすることはできません。[追加] ボタンを使用する必要があります。

マップ メモの追加

マップ メモ レイヤーを追加することで、マップに独自のデータを直接追加できます。これらのレイヤーは、たとえば都市の公園やレクリエーション部門が管理するスイミング プールなど、数が少ないフィーチャをマップに追加するのに便利です。マップ メモ レイヤーを追加すると、レイヤーはマップに格納され、保存、ダウンロード、および個別に使用することはできません。マップの作成者のみがレイヤーを編集できます。マップ メモ レイヤーに凡例情報は含まれていません。

  1. [マップ メモの追加] を選択して、レイヤーの名前を入力します。
  2. レイヤー テンプレートを選択します。各テンプレートには、関連する形のシンボルがセットになっています。たとえば、公園計画テンプレートにはピクニック エリアと自転車コースのシンボルが含まれ、石油 & ガス インフラストラクチャ テンプレートには精油所と処理施設のシンボルが含まれています。
    注意:

    災害、一般的なインフラストラクチャ、および損害のテンプレートには、United Nations Office for the Coordination of Humanitarian Affairs (国際連合人道問題調整事務所) によるアイコンが含まれています。ソース: OCHA

  3. [作成] をクリックします。マップの左側にテンプレートが表示されます。
  4. 形状またはシンボルをクリックして、フィーチャを追加するマップをクリックします。Ctrl キーを押して、スナップを有効にします。スナップを使用すると、追加するフィーチャをマップ上の既存のフィーチャの隣に並べることができます。フィーチャの追加方法は、ジオメトリによって異なります。たとえば、ポイントおよび円の場合はマップ上でクリックすると追加されますが、ラインおよびポリゴンの場合は、マップ上でクリックするとそこが形状の開始点となり、ダブルクリックして終了することで追加されます。
  5. 表示されるポップアップに、フィーチャに関する次の情報を追加します。
    1. タイトル - タイトルは、フィーチャのポップアップのタイトルとして表示されます。
    2. 説明 - 説明フィールドには、ハイパーリンク、色、スタイルなど、リッチ テキストを作成するための書式設定オプションが含まれます。
    3. 画像の URL -画像は一般公開して公開 Web サイト (https://publicimagesite/myimages.png など) に保存する必要があり、PNG、GIF、JPEG などの Web 形式でなければなりません。 適切なサイズは、画像を幅 200 ピクセル、高さ 150 ピクセルにする必要があります。それ以外のサイズはこのサイズに調整されるため、画像が拡大または縮小して表示されることがあります。
    4. 関連リンク - ポップアップ内の画像をクリックすると、Web サイトが開きます。
  6. オプションで、ポップアップの下部にある [シンボルの変更] をクリックして、独自のシンボルを作成します。
    1. [ソース] を選択し、定義済みシンボルとして使用するシンボルをクリックします。
    2. [URL] を選択し、シンボル ファイルの URL を入力します。画像は一般公開して公開 Web サイトに保存する必要があります。 画像ファイルは、PNG、GIF、JPEG などの Web 形式でなければなりません。適切なサイズは、画像を幅 200 ピクセル、高さ 150 ピクセルにする必要があります。それ以外のサイズはこのサイズに調整されるため、画像が拡大または縮小して表示されることがあります。
    3. [シンボル サイズ] スライダーを使用して、シンボルのサイズを調整します。
    4. 以下のいずれかを実行してマップ メモを変更します。
      • 既存のシンボルのサイズを変更するには、シンボルに表示された頂点をドラッグします。
      • レイヤーからフィーチャを削除するには、フィーチャの内側をクリックしてポップアップを再度開き、[削除] をクリックします。
      • 既存のフィーチャを編集するには、マップ上のシンボルの内側をクリックします。ポップアップが再度開きます。
    5. [完了] をクリックして、[閉じる] をクリックします。ポップアップに追加した情報が自動的に保存されます。
  7. マップ メモを追加したら、以下のいずれかを実行して、マップ上にレイヤーを表示する方法を変更します。
    • マップ メモ レイヤーがマップに表示されているときに指定する表示範囲を設定します。
    • レイヤーに関連付けられたすべてのフィーチャを非表示にするには、[詳細] をクリックしてから [コンテンツ] をクリックし、レイヤー名の左にあるチェックボックスをオフにします。
    • レイヤーを削除するには、[詳細] をクリックしてから [コンテンツ] をクリックします。レイヤーをクリックし、[その他のオプション] をクリックして、[削除] をクリックします。
  8. マップ メモ レイヤーをマップの一部として保存するには、[保存] ボタン 保存 をクリックし、タイトル、タグ、サマリーを入力して、マップを保存するフォルダーを指定します。[マップの保存] をクリックします。マップ メモ レイヤーは、個別のレイヤーとして保存できません。
ヒント:

検索で見つかった場所からマップ メモ レイヤーを追加することもできます。

ルート レイヤーの追加

組織アカウントでサイン インしている場合、マップ ビューアー を使用してルート案内を取得し、マップにルート レイヤーを作成できます。コンテンツを作成する権限がある場合は、ルート レイヤーをコンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブのアイテムとして保存するか、マップと一緒に保存できます。または、その両方を行うこともできます。ルート レイヤーをアイテムとして保存した場合は、そのアイテム詳細を編集したり、他のユーザーとアイテムを共有したりできます。[マイ コンテンツ] またはレイヤーのアイテム ページから任意の既存のルート レイヤー アイテムを新規または既存のマップに追加するには、マップ ビューアー[追加] メニューの [レイヤーの検索] オプションを使用します。また、[最寄りの検索][ルートの計画][起点から終点の計測] などの解析ツールの出力として作成されたルート レイヤーも、アイテムとして保存されている場合は追加できます。

ルート レイヤーを共有する場合は、Navigator for ArcGIS がモバイル デバイスにインストールされている、ライセンスされた Navigator ユーザーが、ルート レイヤーのアイテム ページで [ナビゲーターの停止場所リスト] リンクをクリックすることで、レイヤーから Navigator にストップを追加できます。このリンクは、2017 年 9 月 21 日以降に作成されたルート レイヤーにのみ表示されます。それより古いルート レイヤーのアイテム ページでリンクを表示するには、マップ ビューアー[ルート案内] ウィンドウでレイヤーを開き、ルートを保存します。

注意:

Navigator は、ルート レイヤーのストップのみを使用します。ストップ間のルートは、デバイス上で利用できるナビゲーション設定とマップ データを使用して、デバイス上で計算されます。

マップ ビューアーでは、ルート レイヤーを構成したり、ルートを編集したり、ルート上で解析を実行したりすることができます。1 つ以上のルート レイヤーを含むマップは、その他のマップと同様、構成できるだけでなく、Web アプリ、ストリー テンプレート、ブログなどを介して共有したり、iOS デバイス、Android フォン、ArcGIS Desktop などのマップ クライアントで使用したりすることができます。

新しいルート レイヤーの作成

新しいルート レイヤーを作成するには、次の手順を実行します。

  1. マップ ビューアー を開きます。
  2. [ルート案内] ルート案内の取得 をクリックすると、マップの左側に [ルート案内] ウィンドウが表示されます。出発地と 1 つ以上の目的地を追加してルート案内を取得します。
  3. [保存] ボタン 保存 をクリックし、レイヤーの名前を入力して、ルートの保存先のフォルダーを選択します。[保存] をクリックします。ルートが、マップの [コンテンツ] ウィンドウにルート レイヤーとして保存されるとともに、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブにルート レイヤー アイテムとして保存されます。
    注意:

    ルート レイヤーを保存するには、コンテンツを作成する権限を持っている必要があります。

  4. 次のいずれかを実行します。
    • [ルートを共有] をクリックして、ルート レイヤーのアイテム詳細を表示して編集するか、他のユーザーとルート レイヤーを共有します。
    • 目的地の追加や移動モードの変更など、必要に応じてルートを変更します。
    • 透過表示の変更やレイヤー名の変更など、必要に応じてルート レイヤーを構成します。これを行うには、[ルート案内] ウィンドウを閉じてから、[コンテンツ] ウィンドウに移動し、[その他のオプション] ボタン その他のオプション をクリックして、レイヤーを構成するためのオプションを表示します。
  5. ルートに対して行った変更を保存するには、次のいずれかの手順を実行します。
    • [コンテンツ] ウィンドウで、[その他のオプション] ボタン その他のオプション をクリックして、[レイヤーの保存] をクリックします。
      ヒント:

      ルートが保存された後に、[コンテンツ] ウィンドウで、目的地の追加や移動モードの変更など、ルートに対してさらなる変更を行うには、[コンテンツ] ウィンドウで [その他のオプション] ボタン その他のオプション をクリックし、[ルートの編集] をクリックします。これにより、[ルート案内] ウィンドウが表示され、ルートの編集が可能になります。

    • [ルート案内] ウィンドウで、[保存] ボタン 保存 をクリックして、[保存] をクリックします。
      ヒント:

      更新されたルートを別のルート レイヤー アイテムとして保存する場合は、[結果レイヤーの名前] とフォルダーを必要に応じて変更し、[新規として保存] をクリックします。

既存のルート レイヤーの追加

既存のルート レイヤーを マップ ビューアー で構成または編集する場合は、次の手順を実行します。

  1. 次のいずれかを実行して、既存のルート レイヤーをマップに追加します。
    • マップ ビューアー を開き、[レイヤーの検索] オプションを使用してルート レイヤーをマップに追加します。
    • コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブで、リスト ビューまたはグリッド ビューのルート レイヤーのサムネイルをクリックします。
    • ルート レイヤーのアイテム ページの [概要] タブで [マップ ビューアーで開く] をクリックします。

    ルートがマップに表示され、[コンテンツ] ウィンドウに表示されます。

  2. 次のいずれかを実行します。
    • 目的地の追加や移動モードの変更など、必要に応じてルートを変更します。
    • 透過表示の変更やレイヤー名の変更など、必要に応じてルート レイヤーを構成します。これを行うには、[ルート案内] ウィンドウを閉じてから、[コンテンツ] ウィンドウに移動し、[その他のオプション] ボタン その他のオプション をクリックして、レイヤーを構成するためのオプションを表示します。
  3. 変更を保存するには、次のいずれかを実行します。
    注意:

    ルート レイヤーを保存するには、コンテンツを作成する権限を持っている必要があります。

    • [コンテンツ] ウィンドウで、[その他のオプション] ボタン その他のオプション をクリックして、[レイヤーの保存] をクリックします。
    • [ルート案内] ウィンドウで、[保存] ボタン 保存 をクリックして、[保存] をクリックします。
    • 更新されたルートを別のルート レイヤー アイテムとして保存する場合は、[結果レイヤーの名前] とフォルダーを必要に応じて変更し、[新規として保存] をクリックします。
      ヒント:

      ルートが保存された後に、[コンテンツ] ウィンドウで、目的地の追加や移動モードの変更など、ルートに対してさらなる変更を行うには、[コンテンツ] ウィンドウのレイヤーで [ルートの編集] ボタン [ルートの編集] をクリックします。これにより、[ルート案内] ウィンドウが開きます。

ルート レイヤーの構成

他のユーザーとルートを共有する予定 (および共有権限を持っている) の場合、特定のユーザー向けにルートを構成しておくことを推奨します。たとえば、緊急事態の管理機関で働いていて、避難ルートのマップを警察と共有する予定である場合、[コンテンツ] ウィンドウ内のルート レイヤーの名前およびポップアップのルート名を警察が使用している名前に変更する必要があるかもしれません。

ルート レイヤーでは、透過表示の変更レイヤー名の変更、凡例での非表示、ルートの編集とレイヤーへの変更内容の保存を行うことができます。また、マップに他のフィーチャ レイヤーがある場合は、[コンテンツ] ウィンドウでそれらのレイヤーの表示順序を上下に移動することもできます。これらのオプションは、[コンテンツ] ウィンドウにある [その他のオプション] ボタン その他のオプション からアクセスできます。

ルート レイヤーには、次のサブレイヤーが含まれています。各サブレイヤーでは、表示範囲の設定ポップアップの構成スタイルの変更属性テーブルの表示ラベルの作成、凡例でのレイヤーの非表示を行うことができます。サブレイヤーの名前を変更することはできません。

  • DirectionPoints - ストップへの到着、ストップからの出発、左折または右折、ルートに沿ったその他のイベントなど、ルート案内の方向を表すポイント フィーチャのセット。このレイヤーには、ルートのターンバイターン形式のルート案内が含まれています。このレイヤーは、デフォルトではマップ上に表示されません。([コンテンツ] ウィンドウで) レイヤー名の横にあるチェックボックスをオンにすると表示することができます。
  • DirectionLines - ルートの各セグメントを表すライン フィーチャのセット。このレイヤーを使用して、マップ上にターンバイターン形式のルート案内を視覚化できます。このレイヤーは、デフォルトでは表示されません。([コンテンツ] ウィンドウで) レイヤー名の横にあるチェックボックスをオンにすると表示することができます。
  • RouteInfo - ルートのライン フィーチャ レイヤー。このレイヤーには、総到達圏および総運転距離が含まれています。
  • Stops - 出発地および目的地のポイント フィーチャ レイヤー
  • Barriers - 追加された通行不可バリアまたは追加コスト バリアを含むポイント フィーチャ レイヤー。このサブレイヤーは、ポイント バリアがルートに追加および保存されたときのみ作成されます。
  • PolygonBarriers - 追加された通行不可バリアまたはコスト係数指定ポリゴン バリアを含むポリゴン フィーチャ レイヤー。このサブレイヤーは、ポリゴン バリアがルートに追加および保存されたときのみ作成されます。
  • PolylineBarriers - 追加された通行不可ライン バリアを含むライン フィーチャ レイヤー。このサブレイヤーは、ライン バリアがルートに追加および保存されたときのみ作成されます。
注意:

ルートに追加できるバリアのタイプの詳細については、「バリア」をご参照ください。現時点では、マップ ビューアー で作成できるのは通行不可ライン バリアのみです。ただし、ArcGIS Desktop ではすべてのタイプのバリアを作成および保存でき、それらは マップ ビューアー で表示できます。