Skip To Content

レイヤーへの情報付加

レイヤーへの情報付加 [レイヤーへの情報付加] ツールは、ポイント、ライン、またはエリア データの位置情報に関連付けられた人々、場所、およびビジネスに関する人口統計データと景観データを提供します。このツールは、Esri ジオエンリッチメント サービス を使用します。

[レイヤーへの情報付加] ツールのワークフロー図

  • ある図書館職員は、各図書館の分館におけるプログラムを効果的にローカル コミュニティに提供したいと考えています。[レイヤーへの情報付加] ツールを使用すると、各図書館の近隣に住む住人に関する情報を収集することができ、分館の潜在的な利用者を明確に知ることができます。これにより図書館職員は、ローカル コミュニティのニーズを満たすプログラムをこれまで以上に効果的に生み出すことができるようになります。

    詳細なワークフローについては、図書館の近隣に関するケース スタディをご参照ください。

  • ある開発会社では、新しい定年退職者のコミュニティの建設に適した場所を探しています。この会社は、[レイヤーへの情報付加] ツールを使用して、既存の最も成功しているコミュニティの周辺近隣の人口統計データを入手します。次に、これらの人口統計の性質との類似性に基づいて、候補となる開発サイトに順位を付けます。

    詳細なワークフローについては、新しい定年退職者のコミュニティに関するケース スタディをご参照ください。

  • ある水文学者は、都市の集水域内の河川復元プロジェクトに優先順位を付ける必要があります。この学者は、[レイヤーへの情報付加] ツールを使用して入手した人口統計データおよび景観データを使用して、収集した水質および水生生物のデータを組み合わせることができます。これにより、河川の健康状態の指標を作成できるようになります。

  • あるアナリストは、都市の上に重ね合わされた六角形のグリッド セルの犯罪件数のデータを持っています。犯罪発生率を作成するために、[レイヤーへの情報付加] ツールを使用して、各六角形内に住む住人の数を取得することができます。

使用に関する注意

情報付加する入力データには、ポイント、ラインまたはエリア フィーチャを使用できます。[レイヤーへの情報付加] ツールは、データ割り当てを使用して、独自のカスタム ジオメトリであっても正確なデータ予測を提供します。

ヒント:

組織の構成に応じて、Esri Living Atlas 解析レイヤー (郵便番号、国勢調査区、hexbins など) またはカスタム解析レイヤーのいずれかにアクセスすることができます。[新しいデータで情報を付加するレイヤーを選択] パラメーターのドロップダウンをクリックして、情報付加する解析レイヤーを選択します。

[データ ブラウザー] ダイアログ ボックスには、[レイヤーへの情報付加] ツールで利用可能なすべての変数が表示されます。このダイアログ ボックスを開くには、[変数の選択] ボタンをクリックします。データを利用できるかどうかは、フィーチャの位置によって異なります。

ヒント:

よく使用する変数のお気に入りリストを作成することができます。変数名の横にある星印をクリックすると、その変数がお気に入りリストに追加されます。お気に入りにアクセスするには、[データ ブラウザー] ダイアログ ボックスのメニュー ページにある [お気に入りの変数の表示] をクリックします。

結果的に、[レイヤーへの情報付加] ツールは、エリア フィーチャのデータを取得します。入力がポイントまたはラインである場合、各フィーチャに関連付けるエリアを指定します。ポイント フィーチャの場合、たとえば、[運転時間] に 15 [分] または [運転距離] に 5 [マイル] を指定します。これにより、使用されている道路ネットワークを使用して構築される各ポイントの周囲のエリアが作成されます。取得されるデータは、これらの移動時間または移動距離エリア フィーチャに基づいています。[情報を付加する対象エリアを定義] パラメーターの [直線距離] オプションを使用して、ライン フィーチャまたはポイント フィーチャの周囲に直線バッファーを作成することができます。上記で説明したように、取得されるデータは、バッファー エリアのデータです。

時間計測オプションには、[秒][分]、および [時間] などがあります。距離計測オプションには、[マイル][ヤード][フィート][キロメートル]、または [メートル] などがあります。

[境界エリアとして結果を返す] チェックボックスはデフォルトではオフになっています。チェックボックスがオフの場合、結果は、入力フィーチャによってポイントまたはラインとして出力されます。チェックボックスがオンの場合、結果は、入力およびエリア定義の位置に基づいたエリアとして出力されます。

[現在のマップ範囲を使用] をオンにすると、現在のマップ範囲内に表示されている入力レイヤーのフィーチャにのみ情報が付加されます。オフにすると、現在のマップ範囲内になくても、入力レイヤーのすべてのフィーチャに情報が付加されます。

解析を実行して消費されるクレジットの量を確認するには、[クレジットの表示] をクリックします。

制限事項

  • データを利用できるかどうかは、入力フィーチャの位置によって異なります。
  • [レイヤーへの情報付加] ツールを使用するには、ジオエンリッチメント 権限を持っている必要があります。
  • 移動モードを使用するには、ネットワーク解析権限を持っている必要があります。
  • 直線距離は、1,000 マイル (1,609 キロメートル) に制限されています。
  • 移動時間は、5 時間 (300 分) を超えることはできません。
  • 移動距離は、300 マイル (428.8 キロメートル)以内に制限されています。
  • 移動モードは交通量に基づいていません。交通量に基づいたフィーチャ エリアが必要な場合は、最初に [到達圏レイヤーの作成] ツールを使用してフィーチャ エリアを作成します。次に [レイヤーへの情報付加] ツールを使用して、それらに情報を付加します。

レイヤーへの情報付加 ツールの詳細

[レイヤーへの情報付加] ツールを使用するときに利用可能な高品質データは、さまざまなソースから取得され、定期的に更新されます。[レイヤーへの情報付加] ツールの [データ ブラウザー]の使用の他に、[人口統計データ ブラウザー]または Esri Demographics Global Coverage マップを使用して、カテゴリおよび国別に利用可能なデータを表示することができます。

さまざまなデータ割り当て方法を使用すると、情報を付加するフィーチャの位置で利用可能な区画レベルに応じたデータを取得することができます。データ割り当ておよび按分を説明した参考になる記事がいくつかあります。

その他のリソース