Skip To Content

サンプル コード

すべてのアプリが、「注目のテンプレート」から作成を開始されるわけではありません。

AppStudio for ArcGIS で独自の新しいアプリを作成することもできます。スターター、レイアウト、またはサンプル アプリを選択して、自分の要件に合ったアプリを自由に構築してください。ユーザー インターフェイス マークアップ言語である QML を使用して、アプリを記述する必要があります。QML については、オンライン (http://doc.qt.io/) で利用できるサンプルおよびヘルプ ドキュメントで明確にドキュメント化されています。

Esri では、次の作業に使用できるダウンロード可能なサンプルも提供しています。

  • 各デスクトップ プラットフォーム上での実行
  • 独自の新しいアプリの作成

これらのサンプルを表示およびダウンロードして、サンプルから新しいアプリを作成する手順

  1. デスクトップで AppStudio を開きます。
  2. グローバル アカウントの認証情報を使用してサイン インします。
  3. ツールバーの [新しいアプリ] を選択します。
  4. [サンプル] タブをクリックします。
  5. 使用するサンプルを選択してから [作成] をクリックします。

サンプル アプリは、パブリックの Github リポジトリでも入手できます。Github を使用する主な利点は、コード メンテナンスを表示して、特定の変更内容を表示して追跡できることです。一方、AppStudio で提供されるサンプルは、最新のバージョンだけです。Github からサンプルをダウンロードして使用するには、次の手順に従います。

  1. Github の *.zip ファイルをダウンロードします。
  2. 使用するサンプルのフォルダーを参照し、*.zip ファイルから抽出して、AppStudio インストールの Apps フォルダーにコピーします。たとえば、Windows の場合、デフォルトの場所は C:\Users\<username>\ArcGIS\AppStudio\Apps です。
  3. これでそのアプリが AppStudio に存在するようになるため、他のアプリと同様に開いて実行できます。