Skip To Content

ガイド ツアー

AppStudio for ArcGIS とは

AppStudio for ArcGIS は、GIS アプリの革新的なツールです。AppStudio を使用すると、マップを Mac、iOS、Android、Windows、Linux オペレーティング システムで使用可能な美しく使いやすいモバイル アプリに変換した後、独自のブランドですべての主要アプリ ストアに公開できます。開発者のスキルは必要ありません。

必要な構成やカスタマイズの程度に応じて、AppStudio をブラウザーまたはデスクトップ上で使用して、アプリを作成できます。テンプレートを使用すると、アプリをブラウザー内だけで作成できます。また、デスクトップ上で AppStudio を使用して、アプリをさらに構成したり、アプリのソース コードをカスタマイズして、完全に独自のアプリを作成したりすることができます。

AppStudio for ArcGIS Desktop Edition のインストール

AppStudio をデスクトップ上で使用するには、お使いのオペレーティング システム (Windows (x86 または x64)、Mac OS X、Ubuntu Linux) 用のインストール ファイルをダウンロードし、インストールするファイルをダブルクリックします。詳細については、「AppStudio for ArcGIS のインストール」をご参照ください。

インストールが完了すると、次の 2 つのショートカットがデスクトップに追加されます。

  • AppStudio for ArcGIS Desktop Edition - アプリを構成および管理します。
  • Qt Creator (AppStudio for ArcGIS) - アプリを編集します。

最初に AppStudio for ArcGIS Desktop Edition を起動します。

AppStudio の全機能を使用するには、AppStudio の使用ライセンスが割り当てられた ArcGIS Online アカウントを使用してサイン インする必要があります。

新しいアプリの作成

最初に AppStudio を起動した時点では、使用できるアプリはありません。新しいアプリを作成するには、次の手順を実行します。

  1. このタイトルをダブルクリックして、[新しいアプリ] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [スターター] カテゴリから [Hello World (Runtime)] を選択します。
  3. [Create] をクリックします。

これで、新しいアプリが AppStudio に表示されます。アプリが表示されない場合、[更新] ボタンをクリックすると、アプリが利用可能か確認することができます。次の操作が可能です。

  • アプリをダブルクリックするか、アプリを選択して [実行] Player をクリックしてアプリを試します。
  • タイトルの右側にあるボタンをクリックして、アプリの名前を変更します。
  • アプリの設定を変更して、アプリをカスタマイズします。

アプリ設定の変更

アプリのサイド パネルにある [設定] Settings をクリックして、タイトル、説明、画像、デバイス機能、アプリの署名情報など、アプリのプロパティを構成します。

Desktop Edition のサンプルから作成されるアプリには、あまり多くの設定がありません。これらのサンプルは、少ない構成で自由に編集できるように設計されています。一方、AppStudio の Web サイトや AppStudio Desktop からアプリを作成できる注目のテンプレートには、変更可能な多くの設定があります。構成するプロパティは、選択した注目のテンプレートによって異なります。たとえば、AppStudio の Web サイトからクイック レポート アプリをすでに作成している場合は、フィーチャを収集するための独自のパブリック ポイント フィーチャ サービスを選択することができます。

注目の各アプリのプロパティの詳細については、以下をご参照ください。

ArcGIS へのアプリのアップロード

アプリを他のユーザーを共有したり、インストール ファイルを作成するには、アプリを ArcGIS にアップロードする必要があります。[アップロード] Upload をクリックして、アプリのアップロードを管理します。

備考:
アップロードには、AppStudio for ArcGIS Standard ライセンスが必要です。

Player でのアプリのテスト

Player は、Google Play および App Store から利用できます。これらのストアのいずれかから Player を直接デバイスにインストールできます。

Player は、デスクトップでも利用可能であり、https://doc.arcgis.com/en/appstudio/download/ からダウンロードできます。 アプリは、どのプラットフォーム上の AppStudio で作成されていても、すべてのプラットフォームの Player で使用できます。

備考:

AppStudio Player には 2 つのバージョンがあります。Player は最新の ArcGIS Runtime と Qt バージョンをサポートしていますが、iOS 32 ビットはサポートされていません。今後継続的にアップデートされます。AppStudio Player Classic は AppStudio 2.1 リリースと同じバージョンで、Runtime バージョン 100.1 および 10.2.6、Qt 5.9.1、iOS 32 ビットをサポートしていますが、今後アップデートは行われません。

お好きなデバイスに Player をインストールし、Esri グローバル アカウントでサイン インして、ArcGIS にアップロードしたアプリを選択します。アプリをダブルクリックすると、そのアプリを Player にダウンロードして起動できます。

クラウドの Make を使用したアプリの作成

クラウドの [Make] ツールは、AppStudio プロジェクトからスタンドアロン アプリを作成するために Esri が提供しているサービスです。スタンドアロン アプリを作成する際に、Player は使用されません。アプリは、デバイス上で実行できるインストール ファイルの中に完全に組み込まれます。[Make] Make をクリックして、どのプラットフォーム向けに作成するかを選択し、ファイルを生成するために Esri のクラウドの [Make] を要求します。

備考:
[Make] ツールには、AppStudio for ArcGIS の Standard ライセンスが必要です。

アプリの管理

すべての AppStudio アプリは、https:\\appstudio.arcgis.com からオンラインで管理できます。ここでは、Web 上で作成されたアプリを編集したり、ランディング ページを作成したり、アプリのインストール ファイルの生成およびダウンロードをすることができます。詳細については、「オンラインでのアプリの管理」をご参照ください。